gamba! 導入事例 gamba! 導入事例TOP

【導入事例】 メンバーの連帯感が劇的に改善。楽しさと目標達成率の高さがすごくいい。/スターフェスティバル株式会社 取締役・西日本支社長 中野 卓氏(1)

2013年8月26日

スタフェス中野様 (5)

gamba! をご導入いただき日々の業務に役立てている企業様に、使いこなし術などを伺う導入事例インタビュー。今回は、”たくさんの人が集まる時間をもっともっとハッピーに”をコンセプトに、お弁当・オードブルのデリバリー・ケータリングサービスを展開するスターフェスティバル株式会社の取締役・西日本支社長の中野卓氏にお話を伺いました。前編、後編に分けてご紹介いたします。

■gamba! との出会い

今年はじめに西日本支社長に就いたばかりで、大阪・名古屋・福岡に分散する社員同士のコミュニケーション、特にメンバーの連帯感をどう出そうかと悩んでいた時に出会ったのが、gamba!創業者の森田さんでした。たまたまB Dash Campというイベントで初めて隣席した縁でがきっかけです。

後日、日報っていうワードに惹かれて調べてみたら、何だか面白そうだし、まずはやってみようと、何のひいき目もないところから関わりはじめました。

最初から、gamba! にはすごくいい感じを受けましたよ。こういうものって悪い仕組みは淘汰され、シンプルで続けやすいものが残りますよね、まさしくgamba! はいい仕組みだと直感しました。

一般的な日報システムの「続かない」「面倒くさい」などの悪習慣を飛び越えて、とにかく楽しく使えるんです。特に、コメント量が増えることで一体感がどんどん強まっていく感覚があり、チームが一丸になりやすくなったんです。gamba! は本当にベストなツールだと思います。マネージメントは個人対個人でなされるべき、という僕の理想的なマネージメントスタイルにもよくフィットしています。

現在は営業部門に所属する50名程度がgamba! を毎日使っています。会うことができない社員と毎日コミュニケーションができるのはありがたいですよ!

スタフェス中野様 (11)

■使いこなし術 ― 実際の導入例

うちでは大阪・名古屋・福岡の各支社でメンバーを分けずに、あえて西日本支社っていう1つのグループに全社員を登録しました。各支社の売上目標と西日本全体の売上目標の両方の目標達成率をメンバーで共有したことで、ベンチャーの成長期にありがちなセクショナリズムを回避できていると感じます。「僕たちは目標の売上を達成したけど、全体が達成してないからあと50万100万頑張ろう!」という姿勢が発生したんです。

売上にみんなが興味を持ち、会社が一丸になって数字を追いかける様になったのは大きいですね。それはもう間違いなくgamba! で数字共有がされていたから。ここのやり方を間違えていたら、上司から数字を押し付けられる営業部にしかならなかったはずです。

 スタフェス中野様 (4)

■  みんな何を書いている?

人の気付きを見てわが身を直せとでもいうような、自己を振り返って改善するようなポジティブなコメントが多いです。自分の近況だったり、みんなへの呼びかけだったり、思いを記したり。普段は言わないこと、聞かない事を書きつけていますね。

うちの会社は、毎月もっとも“セクシー”ないい仕事をした人に『セクシー賞』が贈られる制度があるんです。その中でも社長が『プラチナセクシー賞』を選ぶんですが、頑張ったのに推薦に漏れた人もいる。なので、自分達の中でアワードはこの人です、みたいなことを自主的にやって表彰し合うことで、またモチベーションを上げているみたいです。

最近は全営業部門のメンバーが使い始めたことでやり取りされる情報量が非常に多くなってきました。それでも、グループの進捗状況ページを使うことで、日付のところにマウスを近づけるだけでおおよその内容が読めるので、たとえ50人規模のグループでもくまなくチェックできます。仲間の気付きとか、日報を読むのも楽しいですね。「あいつがこれを直そうとしてるから僕も一緒に直します」みたいな、自主的な改善ムードが溢れるようになったのも嬉しい点です。そういった点からもgamba! は、離れた場所のメンバー同士が励まし合うのに最適だと思います。

スタフェス中野様 (13)

 後半へ続く

 

 

 

 

 


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,000社以上
実感した効果を無料体験!

いますぐ使える。15日間無料!

  • App Store
  • Android