gamba! 導入事例 gamba! 導入事例TOP

日報の情報共有から、新しいアイデアとコミュニケーションが生まれる。/ 株式会社ネバーセイネバー 代表取締役 CEO 磐井友幸氏

2014年4月7日

磐井CEO

株式会社ネバーセイネバー 代表取締役 CEO 磐井友幸氏

gamba!をご導入いただき、日々の業務にご活用いただいている企業様に使いこなし術などをお聞きする導入事例インタビュー。今回取材させていただいたのは、ECアパレル業界のフロンティアとして、レディスアパレルの企画から、製造、ECサイトの運営までを手がける、株式会社ネバーセイネバーの代表取締役CEO 磐井友幸氏。

設立8年で年商30億円を達成した秘訣は、お客様がファッションを楽しむことを大切にしながら、高品質な商品をロープライスでお届けすることにあるそうです。

東京発スタイルショップ『Luz Llena ラズレナ』

良品質&ロープライスのブランド『STYLE DELI スタイルデリ』

東京発スタイルショップ『Luz Llena ラズレナ』 良品質&ロープライスを発信するブランド 『STYLE DELI スタイルデリ』  

「お客様の声をビジネスにつなげるために、gamba!の日報が役立っている」という同社のgamba!活用術をご紹介させていただきます。

gamba!との出会い

スマホからでも、パソコンからでも、気軽に使えるのがいいですよね。

gamba!を知ったのは、インターネットニュースの記事でした。

以前、社員にはExcelで作成したフォーマットで日報を提出してもらっていたのですが、まるで事務作業のようでした。堅苦しいフォーマットの日報ですと、読む側も面白みがありません。

そこで、スマホでも、パソコンでも気軽に利用できるgamba!なら、日報を書く側も、日報を確認する側も効率的だろうなと思い、「トライアルは無料だから、とりあえず試してみよう!」と、まずは幹部社員を対象にトライアルに申し込みました。

普段から幹部社員同士はよく会うので、コミュニケーションは取れていたのですが、「情報共有」という視点ではタイムリーに情報や現状を可視化できる点に便利さを感じ、社員全員にも利用してもらうことにしました。

 

なぜgamba!を選んだのか

東京、名古屋、仙台で働く社員の情報共有をしたかった。

株式会社ネバーセイネバーの事業は、2006年7月に共同代表取締役である齊藤と2人でスタートしました。人数の少ないうちは、密にコミュニケーションも取れていたのですが、現在では社員数も50名ほどになり、オフィスも東京(日本橋・原宿)、名古屋、仙台と分かれているため、情報共有とコミュニケーションに課題を感じていたのです。

現在はgamba!を導入したことで、働く場所が違う社員の間にも、階層が違う社員の間にもコミュニケーションが生まれ、業務効率も上がってきています。

自分の仕事だけをするよりも、ビジネス全体の流れを理解して動けることは、成果を出す上では重要ですからね。やはり、自分の仕事が忙しい時は、他の人がしている仕事までチェックするのは難しいものですので。

internal5

 

gamba!導入の成果

カスタマースタッフしか聞けなかった、お客様の生の声を共有できる。

ECショップだけではなく、多くのビジネスにおいて、お客様の声というのは大きなモチベーションであり、ヒントになるものだと思います。社内でgamba!を活用しはじめた成果としては、普段はお客様対応をするカスタマースタッフしか聞けない、お客様の生の声を社員全員が共有できるようになったことがあげられます。

たとえば、当社のECショップで洋服を買ったお客様から「欲しかったデザインの洋服が見つかってうれしかったです」と、カスタマースタッフがお礼を言われることがあっても、そのメッセージをデザイナーや工場で働く人たちが聞くことはできませんよね。gamba!の日報を通して、社員全員がそういったお客様の声を共有できることは、今までの日報では想像できなかったメリットの一つです。

逆に、お客様から「この洋服のサイズが小さい」といったお客様の声をスピーディに共有することで、商品を改善するきっかけになることもあります。小さく見えることでも、そういった日々の情報共有の積み重ねは、年数単位で見れば大きなものになっていくはずです。

社内

■gamba!の使いこなし術

社員の社内プレゼンツールとして活用できる。

学校でも、会社でも、しゃべることが得意な人もいれば、苦手な人もいるものです。実社会では、面接やプレゼンで相手に想いを伝えられる人が有利な面も多いですが、gamba!はそういったアピールが苦手な人の能力を活かすプレゼンツールにもなると感じています。

ミーティング等ではそれほど目立たなかった人が、gamba!を導入してから「日報でいいこと書くね」と思わされるようになって、評価が変わることもあります。実際、当社ではgamba! の日報を導入をきっかけとして、アルバイトだった人が正社員になったという実例もあるほどです。

支社に勤務しているため、面接で話してから会う機会がなかった社員ともコミュニケーションが取れることも大きなメリットですね。「はじめは頼りなかったけれど、経験を積む中でしっかりしてきたな」という発見があることも、マネジメントする側としては楽しい時間です。

 

■導入を検討している方に向けて一言

トライアルは無料ですので、まずは試してみる価値のあるサービスです。

私たちも利用しましたが、gamba!には無料トライアルがありますので、まずは試してみるのもいいのではないでしょうか。もちろん、日報というシステムが合う企業も、合わない企業もあるかと思いますが、どんなサービスも使ってみなければ分からないものですし、使ってみれば新しい発見があるものです。

一つ言えることは、私たちはgamba!を導入したことで、仕事の流れを変えるような意見やアイデアに出会うことができたということです。特に「社内の情報共有が課題」だと感じている企業にはフィットするサービスだと思います。

Internal

 

取材協力:渡辺さとし(Like a rolling NAVE)

 

 


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,000社以上
実感した効果を無料体験!

いますぐ使える。15日間無料!

  • App Store
  • Android