日報の書き方 日報の活用術TOP

日報がカンタンに書ける「日報アプリgamba!」3つの便利機能とは?

2016年8月21日

日報アプリgamba!を導入して一番便利な点は、手軽に今日の日報を書いて提出できる機能がそろっていること。日報アプリgamba!の用意している、日報作成の5つの便利機能と、活用術を紹介します。

なぜ、gamba! で日報を共有することが、業績改善やチームビルディングに役に立つのか?

1.日報テンプレート

日報テンプレートは、日報に書くべき内容をテンプレートとしてあらかじめ登録しておき、日報作成時に呼び出すことができる機能です。初期設定では、以下の内容が登録されています。

今日の一言

■今日やったこと

■よかったこと

■問題点

■明日やること

■聞きたいこと・お願い事項

日報を作成する際、1クリックでテンプレートを呼び出すことができます。

毎日日報に書く内容をあらかじめ決めておけば、何を書かなければいけないか悩むことがなくなります。報告すべき内容を書き漏らすこともありません。もちろん、テンプレートは自由にカスタマイズすることができます。

グループ共通テンプレートをカスタマイズするには?

日報テンプレート画像

2.Googleカレンダー連携

gamba!では、Googleカレンダーに入っている予定を、日報に簡単に取り込むことができます。今日一日何をしていたのか思い出すのは、手間がかかるもの。特に、いろいろな案件を抱えていたり、突発的に作業が割り込まれたりすると、結局その日どんな仕事をしていたのか、何が進歩したのかわからなくなってしまいがち。

gamba!なら3クリックでご自分のGoogleカレンダーに登録されている今日の予定を日報に貼り付けることができます。

例えばこのようになります。

10:00-10:30 山田課長MTG⇒プロジェクトAの進捗状況について相談
10:30-12:00 プロジェクトAの資料作成
13:00-14:00 鈴木商店山本様訪問⇒プロジェクトBの進捗報告
14:30-16:00 プロジェクトBの資料作成

Googleカレンダーのコピーを使ってみよう

Googleカレンダー連携の画像

3.日報の下書き保存

一日が終わってからまとめてその日の仕事を振り返るのではなく、たとえば1日のうち作業に区切りがつくごとに、メモ代わりに作業の内容を日報に書いておき、最後に整理して業務終了時に提出するという使い方ができます。

書きかけの日報は下書き保存されますか?

日報の下書き画像

日報がカンタンに書ける「日報アプリgamba!」3つの便利機能 まとめ

日報アプリgamba!を使えば、日報が簡単に共有できます。これらの機能をぜひ活用してみてください。

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!