他社の日報アプリとの比較 日報の活用術TOP

日報ができるアプリ比較〜ChatWork(チャットワーク)と日報アプリgamba!(ガンバ)〜

2017年12月18日

情報共有をよりスムーズにしたいと考え、日報アプリを活用する企業が急速に増えています。しかし色々なアプリがあって、違いがわからないという方も多くいらっしゃいます。日報を書くにはどんなアプリが良いのでしょうか?

今回は、ビジネスアプリの代表格である「チャットワーク」と「日報アプリgamba!(ガンバ)」の違いを解説。これを読めば、あなたの会社に合った日報アプリが見つかります。

日報アプリの画像

それぞれの基本的な特徴とは?

業務の効率を目的としたコミュニケーションツールがチャットワーク。従来、メール・タスク管理のツールは別々のものを使用するのが基本でしたが、チャットワークだけで済むのがメリットです。

一方、日報に特化した社内SNS 型アプリのgamba!(ガンバ)。日報と実績報告で部下の動きを見える化し、チャットですばやく情報共有。ノウハウを共有して、業績を底上げするのが目的です。

両者の主な違いとは?

異なる画像

都度報告orまとめて報告

チャットワークはその名の通り「チャット」形式でのやりとりです。伝えたい事を簡潔書いてやりとりするので、こまめなコミュニケーションができます。

ただ、ラインのようにやりとりがどんどん流れていくので、読み落としてしまうことも。作業毎や時間毎に都度報告するのに向いています

 

一方、gamba!(ガンバ)は日報なので、基本は1日1回。あらかじめ報告すべき項目をテンプレート(フォーマット)として設定し、それに従って1日の作業を振り返りながら書きます。

目標に対する結果、改善策、そして明日の目標、日報を書くことで自然とPDCAサイクルを回すことができます。つまりテンプレートが重要になってくるので、会社に応じたものを設定すると良いでしょう。

 

既読機能の有無

既読通知がないチャットワークは、返信に対してのプレッシャーがなく、自分のペースで返信することができます。非同期なので、「すぐに返事が返ってこない前提」のコミュニケーションということになります。

 

一方、gamba!(ガンバ)は既読表示があります。プレッシャーになるかもしれませんが「読まれているのかさえわからない」という状態では、日報を書くモチベーションは上がらないのも事実。

既読表示があれば、相手に伝わっているかを確認することができ、安心です。また、「読んでみて!」機能を使って、どうしても読んでほしい相手に伝えることもできます。

 

ストレージ容量

チャットワークは無料だと5GB、有料でも10GBの容量制限があります。資料がメインで、画像や動画など、容量の大きいものを扱わない場合は十分かもしれません。

 

一方、gamba!(ガンバ)は容量無制限。容量を気にせず、ファイルや写真、動画を共有できるので、オンラインストレージサービスとしての機能も備わっています。ストレージサービスを別途契約する必要がないのでおトクです。

 

スマホのプッシュ通知にメッセージ内容が表示されるのはgamba!(ガンバ)だけ

チャットワークは、PCの場合のみ内容が表示されますが、スマホでは表示されません。開く前にある程度内容が分かった方が、急ぎの内容かどうかの判別がつくので、これはgamba!(ガンバ)の方が便利と言えるでしょう。

すべての投稿_-_gamba_

チャットワークだけができること

チャットワーク

タスク管理ができる

自分のタスクを把握したり、相手に仕事を依頼できます。また、タスクを完了させると、チャットに通知され、相手に知らせることができます。タスクが見える化することで、やり忘れがなくなります

ビデオ通話ができる

パソコンにマイクとカメラ、もしくはスマートフォンがあれば、いつでもどこでも会議に参加できます。外出中のメンバーとも打ち合わせができるため、出張等が多いチームは重宝するでしょう。

ビデオ会議の画像

日報アプリgamba!だけができること

capture-5-1

KPI管理ができる

契約件数・売上などをグラフや数値でわかりやすく表示。 エクセルなどで行なっていた毎日の数値管理を一括で管理でき、部下の動きが簡単に把握できます。社員の競争心に火をつけ、モチベーションを高める効果もあります。

提出状況がわかる

「提出状況一覧」で誰が提出していないかすぐに分かります。また、毎日決まった時刻に提出を促す「リマインド通知」機能があります。これで未提出の部下にいちいち「日報出して」と言う手間が省け、管理がラクに。

一覧

結局どちらを使えばいいの?

チャットワーク:コミュニケーションを効率化するアプリ

向いているのは・・・

  • 数名程度の小規模なチームで仕事をしている

  • 日報の報告内容がシンプルで、どんなことをしたかだけを簡単に報告したい

  • 1日に複数回といった小まめな報告をしたい

  • タスクの完了報告だけあればいい

gamba!(ガンバ):部下を育成するアプリ

向いているのは・・・

  • メンバーごとに1日の動きを詳しく把握したい=部下の管理をしたい

  • 目標に対する結果を意識した日報を書くことで、PDCAサイクルを回せる部下を育成したい

  • 売上や契約数など数字の管理もしたい(営業職・サービス業など)

  • ストレージ容量を気にせず使いたい

日報が目的ならgamba!(ガンバ)がオススメ

「情報が”流れる”チャットワーク」「情報を"蓄積する"gamba!(ガンバ)」

チャット形式のやりとりは、情報が次々と流れていく「ただの報告」に終始しがちです。しかし、1日の行動を振り返り「もっと良い状態にするためにはどうすればよいか」自身と対話しながら書くと、日報はもっと価値のあるものになります。

日報に特化したgamba!(ガンバ)は「報告内容をテンプレートで決め、目標や結果、改善策を明確にし、それに対して上司はアドバイスや激励のコメントをする。

この積み重ね=日報でPDCAサイクルを回していくことが、部下の成長、ひいては会社の業績アップに繋がるのです。

 

チャットワークとgamba!(ガンバ)を併用する方法も

「とはいってもチャットワークも捨てがたい」という方は、無料プランを併用するのはいかがでしょうか。実は筆者も、日報はgamba!(ガンバ)を使っていますが、無料プランのチャットワークユーザでもあります。

チャットワークは、主に取引先とのやりとりや、ビデオ会議として使っています。個人的には、社外とのやりとりに限っては、既読がない方が良いと感じています。追われる感がないので(笑)

日報もアプリでスマートに管理する時代。 新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。いまなら15日間無料のトライアルを実施中! 

gamba__ガンバ-_登録実績8_500社_国内最大級の日報共有アプリ_日報投稿率92_で人が育つ

日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!