リーダーシップ 目標達成するチームTOP

評価される部下になるための技術

2017年1月4日

あなたは、出世したいですか?自分はとても優秀だ、頑張って成果を上げている、と自分では思っていても、周囲や上司がそれを認めてくれなければ、出世にはつながりません。

努力をしているのに上司に評価されない人もいれば、一方でたいした成果を上げているようには見えないのに高く評価される人もいます。どんなに頑張っても、上司による自分自身の評価が低ければ仕事に対する意欲は失われてしまいます。

部下の評価は上司の判断一つで大きく変わります。働きに見合った待遇を勝ち取るためにも、上司に正当に評価される部下としての振る舞いを身に着けましょう。今回は、評価される部下になるための技術とポイントを紹介します。

評価される部下になるための技術

評価される部下になる① 先の先を読む力で評価を勝ち取る

評価される部下になるための第一のポイントは「先の先を読む力」です。部下として上司の指示に従うのは基本中の基本ですが、ただ指示に従って言われたことだけをこなしているようでは評価は得られません。優秀な部下になるためには指示されたことをこなすだけでなく、先の先を読んで行動することが重要です。

仕事とはその作業単体で完結するものではありません。一つの作業はまた別の作業に繋がり更に新しい作業へとつながっていくことで、最終的な成果が発生します。評価される部下になるためには上司の指示が何を目的としたものであるのかを読み、求められた以上のことを成し遂げる必要があります。

「資料を作成して」と指示されたときに言われたとおり資料を作成するだけでは、評価される部下とは言えません。その資料が何のために作られているのか、どんな場面で使用されるのかまで考えて、資料の大きさを工夫したり内容を調整することができて、初めて立派な仕事を果たせる部下になれます。常に仕事の先の先を読み、求められる以上の成果をあげられるよう努力してください。
評価される部下になる① 先の先を読む力で評価を勝ち取る

評価される部下になる② 何気ない周囲への気遣いで評価を高める

部下の評価に関わる第二のポイントは「気遣い」です。仕事をするということは、単に業務をこなすという意味ではありません。上司や同僚と力を合わせて、目標に向かって進むコミュニケーションも大切な仕事の一部です。

上司にとって社員のチームワークは重要な問題です。チームの雰囲気を保つために上司は常に努力していますが、必ずしも雰囲気作りがうまくいく保証はなく、社員同士の人間関係には常に頭を悩ませています。

気遣いのできる部下というのは、職場の雰囲気を良いものにしてくれる人材です。本人の能力が必ずしも高くなかったとしても、気遣いで他の人のモチベーションや業務効率をアップしてくれるような、ムードメーカー的な人材はどんな職場でも必要とされる人材です。

さりげない気遣いのできる部下の評価は実力以上に高いものとなり、出世や待遇改善にも大きく近づくでしょう。評価される部下を目指すなら、自分のことだけを考えるのではなく周囲への気遣いを忘れないで下さい。

評価される部下になる③ 人のやらない仕事を率先して引き受けることで評価を高める

評価される部下になる③ 人のやらない仕事を率先して引き受けることで評価を高める

部下の評価を高めるための第三のポイントは、「人のやらない仕事を率先して引き受ける」ことです。どんな職場にも誰もやりたがらない仕事というものはあるものです。面倒な作業やクレームを付けられやすい仕事というのは職場の誰からも敬遠されてしまいますが、会社としてはいつまでも放置しておくわけには生きません。

上司としても人のやらない仕事を誰かに支持するのは憂鬱なものですが、そんな時に人のやらない仕事を率先して引き受ける部下が現れたら、上司の目にはどのように映るでしょうか。

人のやらない仕事を率先して引き受けてくれる部下の存在は、上司にとって見れば救世主のようなものです。上司の抱える悩みの一つを自らすすんで解決してくれるのですから、部下の評価も当然高いものになるでしょう。

評価される部下になるための技術とは?まとめ

上司にとって部下の評価は最重要課題です。働きぶりや成果を正しく評価するのが上司の仕事ですが、上司も人間ですから必ずしも部下の仕事ぶりのすべてを見ているわけではなく、見落としや取りこぼしがあるのは、ある意味しかたのないことです。

評価される部下になるためには、仕事ぶりを上司に強く印象付けるポイントを押さえてアピールしましょう。露骨なアピールは逆効果になりかねませんが、ポイントを押さえてアピールすれば上司による部下の評価を高めることができるでしょう。

評価に繋がる仕事は、自分自身だけではなく職場や会社にとってもいい影響を与えます。確かな評価をつかむためにも、上司の印象に残る仕事で上手にアピールしてください。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や、仕事を見える化できる機能が満載です。

評価される部下になるための技術とは?まとめ

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!