リーダーシップ 目標達成するチームTOP

脱マニュアル人間!自走できる部下に育成するために上司が取るべき行動とは?

2017年1月10日

ことあるごとに確認を求めてくる部下は困りものです。かといって、「自分で考えろ」と突き放すだけでは自走できる部下の育成はできません。やることをすべて指示してしまってはいつまでたっても指示が無ければ動けないままになってしまいます。

自分の部下を自ら考え仕事をすることができる「自走できる」部下に育成するためには、どのようにすればよいのでしょうか。そのヒントは子育てや教育の中に隠されています。ポイントごとに具体例を上げながらご紹介していきましょう。

脱マニュアル人間!自走できる部下に育成するために上司が取るべき行動とは?

自走できる部下に育てるために上司が取るべき行動① 仕事のやり方には選択肢があることを理解させる

部下がなかなか独り立ちできない理由の一つは、「そもそも仕事のやり方がまだつかめていない」ということです。経験の浅い部下なら当然のことです。経験が浅いがゆえにどのような選択肢があるのかわからず、結果いちいち上司におうかがいを立てることになってしまうのです。

自走できる部下を育成するカギは、このときの上司の受け答え方にあります。聞きに来てくれた部下に対し、突き放したり一方的に指示をしたりするのではなく、選択肢を伝えることが大切です。

例えば子どもが、「この言葉の意味がわからない」と言ったとします。このとき正解を伝えるのは簡単です。しかし正解は伝えずに、調べ方をいくつか提示し自分で調べさせることで、子どもは言葉の意味だけではなく、言葉の意味の調べ方も知ることができます。

これはビジネスでも同じこと。いくつかの選択肢を与えその中から選択させることで、部下は仕事のやり方のさまざまな選択肢を知ることができますし、自分で選択しやり遂げることで、仕事に対する自信ややりがいも生まれます。

自走できる部下に育てるために上司が取るべき行動① 仕事のやり方には選択肢があることを理解させる

自走できる部下に育てるために上司が取るべき行動② 最適な行動を選択する能力を育てる

自分でやり方の選択をする中で、時には選択すべき事柄を間違えることもあります。しかし、最適な行動を選択する能力を育てるためにはそれも必要なプロセスです。例えば子どもの忘れ物を学校に届けてしまう母親がいますが、これでは子どもの最適な選択をする能力は育ちません。

子どもは忘れ物をして「困った」という経験をすることで、「次は忘れないようにしよう」と心に刻むことができ、「忘れ物はしない」という正しい 選択ができるようになります。それなのに、母親が毎回忘れ物を届けに来てしまっては、「忘れても困らないし、別にいいや」となってしまいます。

これはビジネスでも同じことがいえます。自分でやり方を選択し行動してみることで失敗はするかもしれませんが、「次は同じ失敗はしないようにしよう」と気を付けて行動するようになります。この経験を積み重ねることで、徐々に最適な行動を選択できるようになります。

部下の選択に対し、上司はつい失敗をしないようにと「こっちのほうがいいんじゃない?」と口を出したくなることもあるでしょう。しかし部下が自分で最適な行動を選択できるようになるためには、よほどのことがない限り、上司は見守ることが大切です。

自走できる部下に育てるために上司が取るべき行動② 最適な行動を選択する能力を育てる

自走できる部下に育てるために上司が取るべき行動③ 部下の選択を振り返り、次の行動につなげる

最適な選択ができるようになるためには、そのつど選択を振り返り、その反省を次の行動に生かすことが重要です。例えば子どものテストの点数を上げたいとき、まずはテスト前に目標を立てさせ、その目標をクリアするための勉強方法を記載させます。

そしてテスト後の結果を受け、勉強方法が適切であったかの振り返りをさせます。そうすることで、次にやらなければならないことを明確にできるためです。ビジネスでも同じことがいえます。おこなった選択を振り返り反省することで、次の行動につなげることができるのです。

たとえ結果が出なくても、上司が一方的に、「ダメじゃないか」などと𠮟責してはなりません。失敗を責めてしまっては、自分の選択に自信が持てなくなってしまい、ますます自立からは遠ざかってしまいます。失敗を次に生かすことができるよう上手くうながすことが、上司の大切な役割です。

脱マニュアル人間!自走できる部下に育成するために上司が取るべき行動とは?まとめ

ビジネスの場面においても「自立させること」は重要なことです。そのためには、放任しすぎても干渉しすぎてもよくありません。適度にヒントを与え、自分で考えさせることが大切です。

そしてその考えがたとえうまくいかなかったとしても、叱責するのではなく失敗を次への糧にできるようにうながしていくことが、自走できる部下育成につながります。

部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。

脱マニュアル人間!自走できる部下に育成するために上司が取るべき行動とは?まとめ

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!