リーダーシップ 日報の活用術TOP

経営危機を未然に防ぐ経営者のリーダーシップの取り方

2018年1月24日

会社を経営していると、経営危機に陥るようなリスクに見舞われるときがあります。経営者がリーダーシップをしっかりと取ることができないと、リスクを回避することはできません。

では、経営危機を未然に防ぐためには経営者はどのようにリーダーシップを取ると良いのでしょうか。

リーダーシップの画像

経営者のリーダーシップの取り方① トップが緊張感を持ち続ける

会社の経営危機の火種は、意外なことに業績が好調な時ほどうまれやすいものです。これは、業績が好調なことによる慢心や油断によるものです。業績が悪化しているときは、経営者は必死になりどうにか業績を立て直そうと策を練ります。

しかし業績が好調な時はそこにあぐらをかき、判断が甘くなってしまったり、新しいことにチャレンジしようとしなくなったりします。うさぎとかめの話を思い出してみてください。

普通に走れば絶対にかめに負けるはずがないうさぎが、判断の甘さと慢心によってかめに負けてしまいます。会社の経営も同様です。油断や慢心があると判断を誤り、せっかくの好調な業績が一気に悪化してしまうことも。

経営危機を回避するためには、どんな時も経営者が緊張感を持ち続けることが大切です。業績が好調だからといって停滞せず、常に新しいアイデアを考え実行していくようにしましょう。

そうすることで刺激が生まれ、経営者も社員も緊張感を持って仕事をすることができます。

 トップが緊張感を持ち続ける画像

経営者のリーダシップの取り方② 社員の言動に目配りをする

業績が良くなると、経営者はやらなければならないことがますます増え忙しくなります。毎日の業務に追われると、ついつい自分のことで精いっぱいになり社員に気を配ることができなくなることも。

しかし会社の業績をさらに上げるためには経営者だけが頑張ってもどうにもなりません。社員のモチベーションを上げることが必要なのです。どんなに忙しくても社員の様子に気を配り、仕事の目的や目標を時折確認するようにしましょう。

忙しくてなかなか社員と密なコミュニケーションがとれない場合は、日報を活用することがおすすめです。

社員は日報を書くことで一日の業務を振り返り、反省点を見つけ次の業務に生かすことができますし、経営者は日報を見ることで、社員に的確なアドバイスを送ることができます。

社員の言動に目配りをする画像

経営者のリーダシップの取り方③ 日々現場に足を運ぶ

経営者は業務が煩雑になると、つい本部の業務にばかり目が行き、実際にビジネスが行われている現場のことが頭から抜けてしまうことも。

例えばレストランを経営している場合、経営者はレストランに足を運び、レストランの客層やスタッフの業務などを自分の目で見て確認することで、初めて業績アップにつながる戦略を立てることができます。

忙しさにかまけて現場に足を運ぶことなく立てた戦略は机上の空論にすぎず、効果が期待できません。そればかりか現場の考えと乖離した場合は、現場のスタッフから反感を買うことにもなりかねません。

現場に足を運ばず現場のスタッフに任せっきりにした場合、会社の理念やビジョンが現場に反映されなくなることも考えられます。

どんなに忙しくても現場に足を運ぶことを怠らず、本部の意思と現場の意思が乖離しないようコミュニケーションを密に取ることが、さらなる業績アップにつながるのです。

現場に足を運ぶ画像

リーダーシップを習慣化する日報アプリはこちら

リーダーシップをとって経営危機を回避しよう

会社の経営にリスクはつきものですが、対応が遅れると取り返しがつかない事態になることもあります。そうならないよう、リスクは未然に回避することが大切です。

そのためには普段から緊張感を持って仕事に取り組み、どんなに忙しくても社員の様子に気を配ることが大切です。会社の経営は経営者の腕にかかっています。リーダーシップをしっかりとり、経営危機を回避できるよう努めましょう。

働き方改革が叫ばれる昨今、コミュニケーションを活性化し、情報共有をよりスムーズにしたいと考える企業が増え、日報アプリを活用する企業が急速に増えています。

日報をアプリで管理することでどんな効用があるのでしょうか。今回は、人気の日報アプリgamba!(ガンバ)をご紹介します。

全体

①行動を振り返り、修正できる

うまくいったことは、そのやり方を繰り返せば更に大きな成果が生まれます。日報でその日の仕事を振り返ることは、大きな意味があります。

書き方がバラバラだと、内容に個人差が出たり、報告すべき内容が漏れます。

gamba!にはフォーマットが用意されているので、何を書こうか悩んで日報作成に時間を費やしたり、報告漏れを防ぎます。

テンプレート

 

②情報の横展開ができる

メールだと1:1のやり取りになりがちです。日報は共有することに意味があります。

また、仕事がデキる社員の動きを学べば、全社員のスキルの底上げに繋がります。

上司のコメントから同僚のアドバイスまで共有できる

みんなからコメントがもらい、問題解決ができます。

また、いいところを褒めると、部下のモチベーションは上がります。

「褒める⇒モチベーションが上がる⇒さらに頑張る!」この繰り返しで、部下の行動量は増えるのです。

チームワークが良くなる

各事業部が今どんな取り組みをしているかはもちろん、誰がどんな事を考えていて、今どんな進捗状況なのかわかります。

そうすると、周囲も積極的にフォローができ、連携がよくなります。

 

③競争心に火がつく

日報と一緒に売上報告するだけで、達成率の推移をグラフ化できます。

メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。

実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

バーなし

 

④どこでも日報を書ける、読める、チャットもできる!

スマートフォンアプリがあるので、通勤途中に目を通したり、会社に戻らず直帰するとき、出先から日報を提出できて便利です。

さらに、LINEのようなチャット機能も搭載。LINEを業務利用すると、個人情報の流出の恐れなどセキュリティー面で危険が伴います。

仕事では、セキュリティー機能のある業務専用チャットを使うのがベター。

チャット

 

⑤Googleカレンダーからスケジュールを同期できる

日報を書くのは仕事終わり。疲れがピークに達し、早く書き終えて帰りたいもの。

そんななか、「今日何したんだっけ?」と思い出しながら書くのは時間がかかり、日報を面倒臭いと思わせる要因。

でもgamba!ならクリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピー!複数の予定をカンタンに貼り付け、週報もラクラク作成できます。

カレンダー

いますぐ日報アプリを導入しよう

外出先や移動中に日報を書いたり、部下にコメントを手早く返すことができれば、仕事の能率がグッとあがります。

日報のために、わざわざ会社に戻る必要はありません。便利な機能で、これまであなたのチームを煩わせていた作業を一掃できます。

いまなら15日間無料のトライアルを実施中 

日報もアプリでスマートに管理する時代。新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

会社様に応じた効果的な使い方を相談できる「オンライン無料相談」を開催しています。

日報アプリを見る画像_png


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!