リーダーシップ 目標達成するチームTOP

部下指導のお悩み解決!指示したことしか動かない指示待ち部下の対処法

2017年1月27日

指示したことしかできない部下の指導にお悩みではありませんか?当事者意識が薄く、やる気の見えない仕事ぶりにイライラしてしまうという方も多いのではないでしょうか。「部下が使えない」と嘆いたところで事態は変わりません。

そこで部下を自発的に仕事ができるよう成長させる指導法をご紹介します。部下の指導法にお悩みの方は参考にしてみてください。

f89d99fa5ce15dc6314bab18ea86e311_s

指示待ち部下に悩んだ時の指導方法① 進捗報告のタイミングを設定する

指示を待つ部下の多くは、仕事のやり方をよく理解しておらず、自分のやるべきことが見えていないことが考えられます。何をすればよいのかわからないから、仕方がなく指示を待っているのです。

例えばまったく料理を作ったことがない人に、「さあカレーライスを作って」と言っても作ることはできません。その前に包丁の使い方や野菜の切り方を教え、一つ一つやることを詳細に指示することが必要です。仕事においても同様です。仕事の内容は、できるだけ詳細にわかりやすく伝えましょう。そして「ここまで出来たら状況を報告するように」と報告のタイミングと報告の内容を指示します。自分から報告させることで、「指示を待つ」だけではなく、「自分から動く」という経験を体感させることができます。

報告のタイミングは、仕事の内容をよりスモールステップで指示できるよう、最初は頻繁に設けましょう。そうすることで部下のつまづきも察知しやすくなります。部下側も、仕事の内容がよりわかりやすくなり安心して仕事に取り組むことができます。

指示待ち部下に悩んだ時の指導方法② 「ありがとう」と「次はここまでやってね」を繰り返す

部下が報告に来たときは、部下がやる気を下げないよう態度や言動に気をつけましょう。例え部下の報告が要領を得ないものであってもイライラした態度を見せたり、叱責したりしてはいけません。部下の報告に最後まで耳を傾け、「ありがとう」と頑張りを認めることが大切です。こうすることで、次の仕事へのモチベーションをアップさせることができます。

疑問点などがある場合は、そのあとで改めて確認するようにしましょう。報告の中で、進捗状況だけではなくその過程で気がついたことなども確認すると、より効果的です。その内容を次の仕事に生かし、仕事の質を高めることにつながります。報告が終わったら、改めて次の仕事を指示します。

これを繰り返すことで、「自分の力で仕事をやりきる」という経験を積むことができます。「仕事を1人でやりきる」経験は、仕事への自信につながります。自信を持って仕事ができるようになれば、指示を待たずに自分から動くことができるようになります。

新入社員に効率よく仕事を振るための3つの工夫

指示待ち部下に悩んだ時の指導方法③ 徐々に報告の頻度や内容を減らしていく

部下が仕事に慣れてきたら、徐々に報告の頻度や報告内容を減らしていきましょう。先ほどのカレーライス作りを例に挙げてみましょう。最初は包丁を使うこともやっとだったのが、何度もカレーライスを作ることで包丁の使い方が上手になり、カレーライスの作り方の手順を覚えていきます。最初はこと細かい指示がないとカレーライスを完成させられなかったのが、1人で最後まで作ることができるようになっていきます。

仕事も同様に、何度も繰り返しおこなうことで仕事の手順ややり方を覚えることができます。上司への報告の頻度を減らしても、次にすることがわかっていれば自信をもって仕事をすることができます。最終的には一つの仕事を指示なく1人でやり遂げられるようになることが目標です。

指導法を見直して自発的に行動できる部下に

部下が仕事に取り組みやすいよう、仕事の内容はかみ砕いて提示することが大切です。そしてひとつひとつ確実にやり遂げさせ仕事のやり方を定着させましょう。この過程を繰り返すことで、仕事に自信を持って取り組めるようになり、自発的に動くことができる部下に変わります。

部下の指示待ちを嘆いていても問題は解決しません。部下が自発的に行動できるよう指導法を見直しましょう。部下の育成に最適な部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!