目標達成 目標達成するチームTOP

PDCAサイクルを回せ!成果を着実に出す「DO(行動)」の3つのポイント

2017年4月11日

PDCAサイクルの「行動(Do)」とは、計画(Plan)に沿って「行動」することを指します。計画を綿密に立てたら、素早く行動に移しフィードバックを得ることが大切です。

いかにいい計画を練っても、しっかりとそれを「行動」に移さなければ成長することはできません。計画を確実に「行動」に移すためのスキルとはどのようなものがあるでしょうか。詳しく紹介していきます。

PASONA_28_TP_V

PDCAで成果を着実に出す行動の作り方①有言実行を習慣化する

まず、PDCAサイクルで決めたPLANの中で立てられた目標に対して、絶対達成すると宣言してしまいましょう。たとえば訪問件数や電話件数など、自力で達成できるものを絶対条件とすると、行動(Do)を100%やり切らない限り、検証(Check)の段階に進むことは許されないというルールが設定されることになります。

期限とノルマを絶対に達成することをルール化することで、人は想定外のことがあったとしても、何とかやり切るために、頭を使い必死に工夫するようになります。この過程が実はとても大切で、目標にこだわって、どうやったら達成できるかを考えること、工夫して目標達成にこだわり、必ず間に合わせる姿勢といったことを身につけながら、自分が決めた目標に対して、「やり切る習慣」が身につくのです。

仕事において、「ダメそうだからやめておこう」「無理そうだから目標を変えよう」ということは許されません。だからこそ、この「やり切る習慣」がとても大切なのです。

PDCAで成果を着実に出す行動の作り方②スピード感を持たせる

想定外の問題をクリアしながらいかにサイクルを素早く回していくかが重要なカギとなります。どんなに綿密に計画しても100%正しいプランというのは存在しません。計画のクオリティを上げることは重要ですが、質にこだわりすぎて、時間ばかりが過ぎてしまっては効率が悪くなってしまいます。

それよりも、80%程度の完成度のプランでも素早く行動に移して、PDCAサイクルを数多く回すことが重要です。多くのフィードバックを得て、結果を検証、改善した方が、より成果につながりやすいといえます。高い目標設定にばかり捕らわれて、結局いつまでたっても行動に移せない、部下が身動きが取れないという状態は好ましくありません。

大切なのは、設定する目標の質と、PDCAサイクルをうまく回すためのスピード感の二つのバランスです。目標の設定にばかりこだわらず、行動のスピードを上げていくことが重要なのです。

PASONA_38_TP_V

PDCAで成果を着実に出す行動の作り方③チームで進捗状況を確認しあう

チームメンバーと計画(Plan)を共有して進捗状況を定期的に確認するようにしましょう。ゴールや行動計画はあっても、それぞれの担当者は作業中にいつの間にか計画(PLAN)とは異なる行動に出てしまうことがあります。各チームや各担当者が少しずつ計画からずれた方向に行ってしまっていては、気が付いたらお互いだいぶ遠いとこにいた、なんてこともあり得るわけです。

このように、後で企画にズレが生じないようチームのメンバー全員で、常に状況を共有して確認することは、同じゴールに向かってパフォーマンスを高めることができる効果を持っています。「PDCAサイクル」を回すことはリーダーの役割です。

課題を明確にして、PDCAの手順を繰り返していけば、無理に人を動かそうとしなくても、自然とチームのコミュニケーションは円滑になり、業務は正しい方向に向かって前進していくようになります。PDCAサイクルを繰り返し実行することで、チームの成果が上がるだけでなく、個人のスキルや、人生の質も向上していくようになります。

PDCAサイクルを繰り返すことでワンランク上のステージを目指そう

紹介したように、PDCAサイクルはいかに効率的にサイクルさせることができるか、上司の回し方によっても効果は変わってきます。とてもシンプルな理論ですが、これを継続して徹底活用することで、あなたは、ワンランク上のステージへと進んでいくことができるはずです。紹介したことをぜひ、取り入れてみてください。

PDCAで1番大切なことは、日々地道にサイクルを回し続け「習慣化」することです。習慣化させるためのおすすめの手法は「日報」でPDCAを回すことです。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、業務の改善を行うための機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!