お知らせ お知らせTOP

日報アプリを九州大地震被災企業・自治体・行政機関等に無償提供 〜日報活用で1日も早い震災復興を!九州大震災復興応援プランを開始〜

2016年4月18日

国内最大級6,500社の導入実績を誇る、日報アプリ「gamba!(ガンバ)」を開発運営する株式会社gambaは、九州大震災で被災した企業や自治体・行政機関、ボランティア活動に関わる組織や団体に対し、日報アプリgamba!を2016年末まで無償で提供します。

2016年4月15日〜16日にかけて熊本県を中心として発生した九州大地震は、震度5を越える地震が次々と起き、甚大な被害が発生しました。11万人が避難し、2,500棟以上の住宅が被災しており、今後の災害救援や復興には大きな困難が予想されます。

東日本大震災の復興支援でも活躍!

九州大震災からの迅速かつ効率的な救援や復旧・復興を進める上で、活動に関わるメンバーのスムーズな情報共有はカギになります。弊社では、仙台の震災復興活動に関わるNPO団体に日報アプリgamba!を提供した実績があり、メンバーの状況を日報で共有し、一人ひとりが自律して活動にあたることで、迅速な復興活動を支えました。メンバーの状況が「日報」というまとまった情報の単位で共有されるため、意思決定がスムーズにできるなど大きな効果があったとの声を頂いています。

被災した企業や自治体・行政機関等への日報アプリgamba!の無償提供を通じて、震災復興を応援してまいります。

日報アプリ「gamba!(ガンバ)」九州大震災復興応援プランの概要

適用対象

  • 被災地域に本店・支店をもち震災被害を受けた一般企業
  • 被災地域の自治体・行政機関
  • 被災地域でボランティア活動に関わる団体・組織など

お申込み方法

弊社ホームページよりgamba!の無料トライアルに登録後、弊社カスタマーサポート宛に「九州大震災救援復興応援プラン適用希望」とご連絡ください。被災状況などを確認させていただき次第、速やかにプランの適用を行います。

利用料金

2016年末まで無償でご利用いただけます。2017年以降の無償提供については、対象企業・団体の復興状況やその他社会情勢を勘案し、個別判断とさせていただきます。


会社概要

会社名 株式会社gamba
gamba! inc.
事業内容 社内ソーシャル日報共有サービス gamba! の開発・運用
所在地 本社:〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通3-33
関内フューチャーセンター170  
代表取締役 森田 昌宏
設立日 2012年11月1日

日報アプリ「gamba!(ガンバ)」は日報に特化したクラウド型の社内SNSです。1日1回の日報で、1. 社内の目標と進捗などの最新情報の共有、2. 上司、社員間の活発な社内コミュニケーションを実現し、3. 業務履歴のアーカイブ化などを実現するツールで、誰でも簡単にスマホ、PC、タブレットがあれば導入できるのが特長です。2013年10月に正式版をリリース以来、累計で6,000社以上のトライアル申込みを頂いており、ビジネス向け日報ツール市場において急成長を続けています。

本件に関するお問い合わせ

会社名 株式会社gamba
担当者 広報担当
お問合せ info@getgamba.com
日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,000社以上
実感した効果を無料体験!

いますぐ使える。15日間無料!

  • App Store
  • Android