リーダーシップ 日報の活用ガイド

環境の変化に対応するために必要な3つの能力

2020年8月4日

環境変化に上手く対応することは、ビジネスを成功させるために重要なポイントの一つです。

うまく対応するためには、どのような能力が必要なのでしょうか。もっとも重要な3つの能力についてご紹介します。

環境の変化に対応する画像

①自分の視点で考え正しく認識する力

ビジネスモデルや市場環境の変化を理解することで、適切な次の一手を打つことができます。

スポーツの世界でも、ルールが変更になることがあります。このルール変更をいち早く受け入れ、対策を施すことができた選手は結果を残すことができます。

変更を受け入れられず、対策が遅れてしまった選手は結果を残すことができません。変化に対応するためには、変化について自分の視点でしっかりと考え、正しく認識することが大切です。

そのために、文章を正確に読み取り的確に表現できる力や、全体構図を作る力が役立ちます。一つの事柄について原稿用紙1枚で説明し、その内容を図に表す訓練が有効です。

②変化を楽しみながら適応する力

以前スキーのジャンプ競技で板の長さに関する規定が変更になったことがありました。周囲では、このルール変更を嘆く声が多く上がりましたが、ルール変更を柔軟に受け入れた選手は、その後も結果を残しています。その代表が葛西紀明選手。

何度も変更されるルールに立ち向かうべく練習を繰り返し、メダルを手にしました。「レジェンド」と呼ばれ、現在でも活躍し続けています。変化をするたびに「次はどう乗り越えて行こうか」と楽しみながら受け入れるほうが、仕事のモチベーションがあがり、成功にもつながります。

変化を楽しみながら適応する画像

③コミュニケーション力

1人で解決できない問題に直面したとしても、周囲の人の力を借りることができれば解決できます。私が以前いた職場に、周囲とコミュニケーションをとることが大変上手な方がいました。人とのつながりを大切にする方で、周囲に困っている人がいたら必ず助けていました。

そのため周囲からの信頼も厚く、その方が困難に直面した時には、周囲からたくさんの助けを得て乗り越えていました。面倒がらずにコミュニケーションの場を作ったり、場を探して参加し、人とのつながりを広げることが大切です。

そして困っている人がいたときは、迷わず手を差し伸べましょう。周囲からの信頼を得ることができると、いざという時に助けてくれる人が必ず見つかります。

環境の変化に対応することがビジネスでの成功につながる

これからの時代、マネジメントをいかに効率良く行うかが、ビジネスを成功に導く決め手。環境の変化に素早く対応するためには、変化を正確に認識し、対応策を考えることが大切です。

大切なことは、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を習慣化すること。習慣化させるためのおすすめの手法は「日報」です。日報を共有すると、各事業部が今どんな取り組みをしているか、誰がどんな事を考えているのか、会社やチームの状況がわかるようになります。

そうすると、周囲も積極的にフォローができるので、連携がよくなります。また、仕事がデキる社員の動きを学べば、全社員のスキルアップに繋がります。あなたのチームでも、日報を活用してみませんか?まずは無料でお試しください。

 

お気軽にご相談ください