働き方改革 日報の活用術TOP

ストレスチェック制度 2年目のいま、ぜひ経営者に考えてほしいこと

2018年1月7日

ストレスチェック制度が施行されて、2年目を迎えようとしています。あなたの会社ではこのストレスチェック制度をどう活用していますか?「うつ病予備軍のあぶり出し」で終わってしまっては、真のストレス問題の解決になりません。

制度施行1年目の実績をふまえて、2年目以降は職場への結果フィードバックをどのように果たせばよいのか、しっかり考えていきましょう。

ストレスの画像

ストレスチェック制度 2年目で考えてほしいこと① 去年の回答との比較

ストレスチェックの目的や効果というのは、自分のメンタルの状態を知ることと、組織のストレス状態を知ることの二つがあります。制度施行2年目ではまず、自分のメンタルの変化に関心を払ってほしいと思います。職場や仕事の状況に応じて、かかるストレスも変化することをしっかりと念頭に入れて過ごすようにしましょう。

つまり、同じようなストレスに対する問であっても、去年の自分がどのように答えていたか、そして今年の自分はその問いに対してどのような回答をするかという過去の自分との比較が重要になってくるのです。特にこのスコアとの違いに注意を払ってほしいと思います。

また、面談指導の申し出促進も課題であるといえます。現状では、高ストレスな状態の人が、申し出をすれば産業医などとの面談が可能というような程度に義務付けられていますが、なかなか面接指導に手を挙げにくいといった問題点が残ります。かといって、高ストレスな状況が放置されることは健全ではないことは確かですよね。

ですが単純に「高ストレス者」の枠に入れられた人全員に面談をするという単純な運営では、さらにストレスを促進してしまう可能性もありますし、面談に呼ばれた個人の負担も、面談を運営する会社側の負担も大きいものとなってしまいます。会社側の面接指導を受けやすくするための雰囲気作り、制度作りも必要となってくることでしょう。ここが、2年目にあたっての最大の課題といえます。

比較画像

ストレスチェック制度 2年目で考えてほしいこと② ストレスチェックと従業員満足度の相関性

組織のストレス状態を知るには、集団分析を活用するのが望ましいです。しかし、制度上は努力義務ということもあり、実際には多くの事業所で、集団分析の実施自体や、集団分析を実施したとしてもその結果活用に対する意識は薄いのが現状です。

働きやすい職場をつくるという意味では、従業員満足度調査とストレスチェックは、結果がリンクしているといっていいでしょう。

ES(従業員満足度)調査がなかなか実施できない中小企業にとっては、逆に言えばストレスチェックをしっかり徹底して実施すれば自社の従業員満足度を知ることができることになり、いいきっかけとなるのです。そのことも、経営者にぜひとも知っていただきたいと思います。

社員個人の目線で見ても、忙しい時間を割いて自分の本音を一生懸命答えても、その結果を会社は活用してくれない、というのではなかなかやる気になりません。

それが数年続いてしまうと、「形式上のものだから」と回答が適当になってしまい、実施したはいいものの、実態と回答がリンクしない可能性も出てきてしまいます。だからこそ、制度活用のためには、まず会社の姿勢が問われることになるのです。

従業員満足度の画像

ストレスチェック制度を活用し、より良い会社の雰囲気づくりを

ストレスチェック実施後の結果の分析が一番大切。結果を分析することで、対応しなければならない課題がおのずと見えてきます。

個人で過去の自分と見合わせるのもしかり、どのような部署やどのような仕事をしているところにストレスが大きいのかを検討する材料にもなり、このストレスチェックのデータの活用次第では会社を大きく成長させるデータになるのです。

働き方改革は本質的な仕事の効率化を目指すこと

本質的な仕事のやり方を変えずに在社時間だけを強制的に減らしたところで、仕事が終わらなかった社員は場所を変えて作業を行う状況になりかねません。

本当の意味での働き方改革が浸透し、労働生産性を高めていくことは、重要な経営課題であり、意識改革を含めた抜本的な見直しが迫られているのです。

働き方改革で1番大切なことは、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を日々回し「習慣化」すること。オススメの手法は「日報」です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、「日報のテンプレート機能」や、「Googleカレンダーとの連携機能」など、 毎日たった5分で仕事のレベルが確実に高まります。

全体

①行動を振り返り、修正できる

うまくいったことは、そのやり方を繰り返せば更に大きな成果が生まれます。日報でその日の仕事を振り返ることは、大きな意味があります。

書き方がバラバラだと、内容に個人差が出たり、報告すべき内容が漏れます。

gamba!にはフォーマットが用意されているので、何を書こうか悩んで日報作成に時間を費やしたり、報告漏れを防ぎます。

テンプレート

 

②情報の横展開ができる

メールだと1:1のやり取りになりがちです。日報は共有することに意味があります。

また、仕事がデキる社員の動きを学べば、全社員のスキルの底上げに繋がります。

上司のコメントから同僚のアドバイスまで共有できる

みんなからコメントがもらい、問題解決ができます。

また、いいところを褒めると、部下のモチベーションは上がります。

「褒める⇒モチベーションが上がる⇒さらに頑張る!」この繰り返しで、部下の行動量は増えるのです。

チームワークが良くなる

各事業部が今どんな取り組みをしているかはもちろん、誰がどんな事を考えていて、今どんな進捗状況なのかわかります。

そうすると、周囲も積極的にフォローができ、連携がよくなります。

 

③競争心に火がつく

日報と一緒に売上報告するだけで、達成率の推移をグラフ化できます。

メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。

実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

バーなし

 

④どこでも日報を書ける、読める、チャットもできる!

スマートフォンアプリがあるので、通勤途中に目を通したり、会社に戻らず直帰するとき、出先から日報を提出できて便利です。

さらに、LINEのようなチャット機能も搭載。LINEを業務利用すると、個人情報の流出の恐れなどセキュリティー面で危険が伴います。

仕事では、セキュリティー機能のある業務専用チャットを使うのがベター。

チャット

 

⑤Googleカレンダーからスケジュールを同期できる

日報を書くのは仕事終わり。疲れがピークに達し、早く書き終えて帰りたいもの。

そんななか、「今日何したんだっけ?」と思い出しながら書くのは時間がかかり、日報を面倒臭いと思わせる要因。

でもgamba!ならクリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピー!複数の予定をカンタンに貼り付け、週報もラクラク作成できます。

カレンダー

 
ただいま15日間無料トライアル実施中!ぜひ、この機会にご利用ください。

日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!