【具体例あり】工場の見える化とは?ステップを解説

最終更新日:2023年8月10日

工場の効率や生産ラインの透明性を高めたいと考えている方に向けて、工場の「見える化」という概念は非常に重要です。現代の工場では、AI、センサー技術、IoTなどを駆使して、生産プロセスをリアルタイムで監視し、効率化とコスト削減を追求しています。

この記事では、具体的な事例を交えながら、工場の見える化がどのように実現され、どんな成果をもたらしているのかをご紹介します。大企業から中小企業までの幅広い取り組みに注目し、未来の工場運営にどう活用できるのかを解説していきます。

工場の見える化をするメリット6選

  1. 生産効率の向上:
    リアルタイムでのデータ分析により、生産ラインの最適化が可能になります。無駄な工程を削減し、生産効率を最大化することができます。
  2. コスト削減:
    早期に異常を発見することで、不具合が拡大する前に対処が可能となり、修理やメンテナンスのコストを削減します。
  3. 品質管理の強化:
    温度、湿度などの条件を常時監視し、製造環境を一定に保つことで、製品の品質を一貫して維持することができます。
  4. 環境への配慮:
    エネルギー効率の良い運用により、CO2排出量の削減が実現します。エコロジー工場のような取り組みは、企業の社会的責任を果たす重要なステップとなります。
  5. 柔軟な対応:
    市場の変化に素早く対応するためのデータが揃うため、生産計画の変更や新しい製品への切り替えもスムーズに行えます。
  6. 安全性の向上:
    センサーによる監視で、機械の異常や危険な作業環境を速やかに検知。作業者の安全を保障します。

見える化はなぜ難しいのか?

工場における見える化が難しい理由は多岐にわたります。まず、複雑な生産プロセスが全体の把握と管理を困難にしています。工場の生産ラインは異なる段階で様々なプロセスが組み合わさるため、その複雑さは容易には克服できません。次に、既存の機器やシステムと新しい監視・分析技術の整合性を図るのが技術的にチャレンジングな場合があります。

また、必要なデータを正確に、かつ効率的に収集するには適切なセンサーと分析技術が必要であり、大量のデータを処理する能力も求められます。リアルタイムでのデータ共有はセキュリティリスクを増加させる可能性もあるため、適切なセキュリティ対策が欠かせません。

さらに、見える化の導入には技術的な専門知識と投資が必要で、特に中小企業ではリソースを確保するのが難しいこともあります。技術的な側面だけでなく、組織の文化や変更への抵抗も障壁となる場合があるため、従業員の協力と理解を得る努力も重要です。

見える化するまでの具体的なステップ

  1. 目標の設定
    まず、何を見える化するのか、その目的と目標を明確に設定します。例えば、コスト削減、生産効率の向上、品質管理などの目的が挙げられます。
  2. データ収集の準備
    どのようなデータが必要かを分析し、センサーや監視カメラなどの装置を選定・配置します。
  3. データ収集
    設置した装置からリアルタイムでデータを収集します。温度、湿度、振動、音、視覚情報など、必要なデータを網羅的に取得します。
  4. データ分析
    収集したデータを解析し、トレンドやパターンを発見します。異常値の早期発見や、効率化のための改善点などを見つけ出します。
  5. 情報共有
    分析結果を関係者と共有し、全員が同じ理解を持つようにします。ダッシュボードやレポートなどを用いて、情報を視覚化します。
  6. 対策の実施
    分析に基づいた改善策や対処策を実施します。生産ラインの調整、機器のメンテナンスなどが行われます。
  7. 評価とフィードバック
    実施した対策の効果を評価し、必要に応じてフィードバックを行い、改善サイクルを回します。
  8. 継続的な監視
    見える化は一度きりのプロジェクトではなく、継続的な努力が求められます。常にデータを監視し、状況に応じて最適な対応を行います。

工場での見える化導入のプロセスと成果の紹介

工場では、生産ラインの状況をリアルタイムで把握することが求められます。例えば、ある自動車部品メーカーでは、センサー技術とAIを組み合わせて、生産ラインの異常を早期に発見し、ダウンタイムを削減しました。この結果、生産効率が20%向上し、年間で数億円のコスト削減が実現しました。

中小企業での低コストでの見える化の具体例

中小企業でも、見える化の取り組みは進んでいます。ある食品工場では、既存の設備に取り付けるだけの低コストセンサーを導入。これにより、温度や湿度などの変動をリアルタイムで監視し、品質管理を強化しました。投資額はわずか数十万円で、初年度からの効果が見込まれています。

工場内の異常検知と迅速な対応を可能にしたケーススタディ

異常検知は、工場の見える化の重要な側面です。ある化学工場では、IoTデバイスとクラウド分析を組み合わせ、設備の異常を自動で検知。迅速な対応が可能となり、大規模な事故を未然に防ぐことができました。

見える化の第一ステップにおすすめの方法

ここまで、工場の見える化について様々な角度でお伝えしてきましたがプロセスが多岐に渡るため難しいと思った方が多いのではないでしょうか。

そこで、弊社がおすすめしているのが「社内コミュニケーションの共有」です。導入を簡単にできることに加えて様々なメリットがございます。共有をするメリットについては、次のようになります。

  • 現場の情報を把握しやすくなる
  • 部門間の情報のズレがなくなる
  • 情報がすぐに上がるので、迅速に行動をすることができる

ぜひ、まだ「社内コミュニケーションの共有」をしていない方下記に弊社が提供をしている「日報アプリgamba!」の紹介をしておりますので見てただければと思います。

見える化を促進する事ができる日報共有アプリgamba!

コミュニケーションが簡単に取れて、継続したものにしたい方には弊社の提供している日報アプリgamba!を導入することをおすすめいたします。

おすすめポイント① 無制限にテンプレートを作成できる

情報の見える化に大きく関わってくる点が、テンプレートです。

日報アプリgamba!では、テンプレートを無制限に作成することができるため個人に最適化された形で投稿を作成することができます。

また、Googleカレンダー連携機能や簡単入力項目の機能を利用して「日付選択」「選択項目」など時間をかけずに記入できるテンプレートを作成することも可能です。

おすすめポイント② 簡単にフィードバックをすることができる

報アプリgamba!は、SNSの考えをもとに作成されたツールためコメントなどが利用しやすい仕組みが整えられております。

  • いいね機能
  • コメント機能
  • スタンプ機能

上記の機能を利用して、簡単にフィードバックをして月報を継続することが可能です。

おすすめポイント③ 15日無料でお試しすることができる

メリットがあることは分かったが実際に触らないと分からない。そう思った方は、現在15日間無料で日報共有アプリgamba!をお試しすることができます。

また、初期設定に関しては弊社のコンサルタントが貴社向けに設定をさせていただくのですぐにお試しをすることが可能です。

興味がある方は、下記よりトライアルのお申し込みをお願いいたします。

お役立ちブログの関連記事

部下を育てるのは上司だけじゃない!新入社員教育に必要な3つの心得

部下を育てるのは上司だけじゃない!新入社員教育に必要な3つの心得

働き方改革の影に潜む3つの問題とは?

働き方改革の影に潜む3つの問題とは?

【初心者必見!】社内掲示板とは?おすすめツール10選を解説

【3分で分かる!】事故報告書の書き方/テンプレートあり

リーダー必見!チームが成功する日報の始め方

リーダー必見!チームが成功する日報のはじめ方

お気軽にご相談ください

新着情報

視座とは?視座が高い人の特徴やメリット・高める方法について紹介

視座とは?視座が高い人の特徴やメリット・高める方法について紹介

ラポールとは?ビジネスでの重要性やラポール形成を成功させる手法を解説

ラポールとは?ビジネスでの重要性やラポール形成を成功させる手法を解説

レジリエンスとは?ビジネスにおけるメリットや高める方法を解説

レジリエンスとは?ビジネスにおけるメリットや高める方法を解説

内省とは?意味やビジネスでの効果的なアプローチや実践方法を紹介

内省とは?意味やビジネスでの効果的なアプローチや実践方法を紹介

ファシリテーションとは?効率的な会議にするために抑えておくポイントやスキルを紹介

ファシリテーションとは?効率的な会議にするために抑えておくポイントやスキルを紹介

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!