gamba!について 日報の活用ガイド

【2021年版】日報アプリおすすめ10選(無料あり)|機能や特徴を比較

2021年12月1日

日報アプリを徹底比較しました!

昨今のテレワーク浸透などを背景として、日報ツールを導入する企業が増えています。

しかし、巷にはたくさんの日報アプリが存在します。
自社に合った日報ツールがどれなのかよくわからない方も多いことでしょう。

そんなあなたのために、日報アプリの選び方と、おすすめ日報アプリを徹底比較してご紹介
組織にあった業務日報アプリを見つけてください。


日報を電子化したいなら、日報アプリgamba!(ガンバ)生産性がアップし業績が◯倍になった企業も!
日報共有アプリgamba!の紹介資料を見る

日報アプリとは?

日報を運用するために開発されたツールが「日報アプリ」です。
クラウド上で情報を管理するので、PC、スマートフォンを問わず閲覧できます。データが消える心配もありません。
スマートフォン用アプリが用意されているものが多いので、場所を問わず日報作成ができるようになります。

日報アプリを使うメリット

書きやすい、読みやすい

日報に特化しているので、日報が書きやすく、読みやすい設計になっています。

例えばエクセルやメールなどで日報を実施している場合、日報アプリに乗り換えることで、毎日の日報にかかる時間を削減できます。
人件費削減の観点から考えても十分なメリットが期待できるでしょう。

情報活用がしやすい

検索性に優れており、投稿者や投稿日など、様々な条件で検索ができます。
状況に応じて必要な情報を取得できるようになるので、日報を「情報資産」として管理できるようになります。

社内コミュニケーションが活性化する

メンバー内で日報を共有し、コメントし合う「社内SNS型」の日報も存在します。
こうしたアプリを使うと情報共有がより活発になり、コメントし合うことで社内の空気もよくなることが期待できます。

日報アプリの選択で失敗しないために

導入目的を明確に

巷には多くの日報アプリがあり、それぞれがユニークな特徴をもっています。
ニーズに合わせて選べる一方で、「どんな会社にもこれが最適」というサービスは存在せず、組織に応じた選択が必要です。

例えば、日報を通して経営判断に利用したいのか、それとも社内コミュニケーションに役立てたいのか。
目的によって重視するポイントは変わります。

導入の目的を明確にすることで、組織にあったアプリ選びができるようになります。

メンバーのITリテラシーに合わせて選択

高度な機能を持っているアプリでも、使いこなせなければ宝の持ち腐れです。

ITに詳しくないメンバーが利用する場合は、なるべく簡単、シンプルなアプリを選びましょう。

また、他にも導入しているツールがある場合は、そのツールとの使いわけも念頭に入れておくと、失敗しないアプリ選びができるでしょう。

気になるサービスは必ずトライアル利用を

多くのサービスは無料でトライアル利用が出来ます。

「紹介文は魅力的だけど、実際に使ったら思っていたものと違った」という事態を防ぐために、気になるサービスは必ずトライアルをしましょう。

メンバーを誘ってお試しできるとベストです。

日報を初めて導入する場合は、「導入支援サービス」をおすすめ

「導入支援サービス」とは、日報制度の周知やケアを行い日報の定着をサポートするサービスのこと。

日報導入の初期段階でその意義をしっかりと周知できないと、日報が形骸化する恐れがあります。
導入支援を利用することで、初期のつまづきを防ぐ効果があります。
日報が初めての場合は、支援サービスの利用がおすすめ。

ご紹介するアプリの多くは導入支援サービスを実施しています。
必要に応じ詳細を問い合わせるのも良いでしょう。

コミュニケーション重視の日報アプリ

2つのジャンルに分けて日報アプリをご紹介します。

まずは、コミュニケーション重視の日報アプリをご紹介。
日報の基本機能は抑えつつ、さまざまな形でコミュニケーションができる点が特徴です。
社内コミュニケーションを活発にしたい!という企業におすすめです。

1. gamba!(ガンバ)

メンバーとコミュニケーションがしやすく、目標を意識した動きに変わる

▶︎豊富な日報テンプレート機能

gamba!は日報・商談記録など、さまざまな報告のテンプレートを自由に設定できます。
管理に必要な情報が集まりやすくなり、かんたん・スピーディな報告を実現します。

gamba!の日報テンプレート

gamba!の日報テンプレート

▶︎「日報×社内SNS」だから心理的ハードルが低い

日報は、メンバーにとっては心理的負担があるのも事実。そこで、gamba!は日報に社内SNSの仕組みを取り入れています。

SNSのような形で日報を共有することでメンバーの心理的負担をなくし、楽しく日報共有ができます

共有が活性化すれば、スキルとモチベーションの向上にも繋がります。

▶︎目標管理もできる

目標を設定して、日々の進捗を入力できる目標管理機能を搭載しています。
進捗はグラフで可視化することが可能。ひと目で進捗がわかります。

「どれくらい頑張れば目標達成できるか」がわかるのでモチベーションに繋がり、メンバー同士がこれまで以上に切磋琢磨するように。日報で目標と成果を振り返ることが習慣化され、仕事への意識が変わります。

gamba!のKPI管理機能

日報共有アプリgamba!(ガンバ)

 

▶︎Googleカレンダー連携

無料のGoogleカレンダーと連携できるので、日報にワンクリックで貼り付けが可能。
スケジュール管理もできるので、部下のマネジメントに最適です。

▶︎結果の出る日報になるまでしっかりサポート!

パソコン操作に自信がない…そんな方でもご安心。
使い方の説明はもちろんのこと、今までの日報運用や社内の状況を丁寧にヒアリングした
うえで、自社に応じたテンプレート作成をしてくれるサポートサービスがあります。

gamba!の無料コンサルティング

創業以来、累計1,440社以上の日報テンプレート作成とKPI策定実績のある日報スペシ
ャリストが、最適な日報運用を提案してくれます。

無料なので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

こんな企業に向いている!

  • 毎日の振り返りで仕事の質を向上させたい
  • Googleカレンダーと日報アプリを連携してスケジュール管理したい
  • 社員に目標を意識した働き方をさせたい
  • 出典:gamba!の公式サイト
 

2. LINE WORKS

LINEのビジネス版 親しみやすさはピカイチ!

LINEWORKS

▶︎LINEと操作感が似ている

親会社がLINEと同じ韓国企業NAVER(ネイバー)で、いわば韓国系和製アプリです。
日本のスマホユーザーの多くが使い慣れているLINEと操作感が似ていることが、最大のメリットです。

▶︎専用カレンダー

カレンダーにスケジュールを記入すると、仲間と共有することができます。
また、メンバーの空きスケジュールを確認できるので、会議やミーティングの時間を決めるのに役立ちます。

編集権限はメンバーごとに指定できるので、勝手にスケジュールを操作される心配もありません。

▶︎LINEユーザと繋がることができる

一般のLINEユーザーともメッセージのやり取りができます。この機能はBtoC営業で有効です。
従来、営業とお客様がやむをえず個人のLINEを教えて連絡していたというケース。

企業側の社員が個人のLINEを会社のLINE WORKSに置き換えることで、プライベートの
LINEを使わずに
、同じようにお客様のLINEとチャットのやり取りができます。
ただし、LINEユーザー側から友だちとして追加してもらう必要があります。

▶︎アンケートの回収

懇親会の日程調整から災害時の安否確認まで、さまざまなシーンで使えるアンケートが用意されています。

社内だけでなく、LINEユーザーや他社のLINE WORKSユーザーへもアンケートを実施できるため、顧客や取引先への意見調査等も行なえます。

回答は自動的に集計され、CSVなどのファイルでダウンロードすることもできます。

 

こんな企業に向いている!

  • PC操作は苦手が、LINEであれば使えるメンバーが多い
  • BtoC営業で、若年層の顧客が多い
  • 出典:LINE WORKSの公式サイト

 

3. ChatWork

電子メールを減らせる

ChatWork(チャットワーク)

▶︎チャット形式でコミュニケーションを効率化

チャット形式のやりとりは、メールのように「お疲れ様です」といった書き出しが要りません。
よって簡潔に、かつカジュアルな情報共有ができるようになります。

さらに、オンライン会議も可能。仕事の効率化に特化したツールです。

 

▶︎タスク管理でやり忘れをなくす

自分のタスクを把握したり、相手に仕事を依頼できます。

タスクを完了させるとチャットに通知され、相手に知らせることができます。

▶︎社外ともやりとりできる

社内外関係なくグループを作ることが可能です。

ファイルも共有できるので、全員が同じ最新版データに触れることができます。

企業という垣根を越えて繋がることができるので、プロジェクト進行に最適です。

反対に社外の人間とやりとりできないように制限をかけることも可能です。

▶︎ビデオ/音声通話ができる

パソコンにマイクとカメラ、もしくはスマートフォンがあれば、いつでもどこでも会議に参加できます。

外出中のメンバーとも打ち合わせができるため、テレワークだったり、出張等が多いチームは重宝するでしょう。

 

こんな企業に向いている!

  • 作業内容を簡単かつ自由に報告したい
  • 1日に複数回といった”小まめな報告”をする業務日報がいい
  • タスク管理をメインに使いたい
  • 出典:ChatWorkの公式サイト

 

4. Talknote

コミュニケーションを活性化させてエンゲージメントを高めるトークノート

Talknote(トークノート)

▶︎Facebookのような見た目

タイムライン機能で投稿を時系列で追えるので、一目でチームの動きが分かります
コメント欄で双方向のコミュニケーションで理念を日々伝えることができ、現場の状況を理解しつつ的確な指示を出すことができる社内SNSです。

 

▶︎アクションリズム解析

Talknoteへのアクセス時間や投稿数を測定し、仕事に対する意欲が低下しているメンバーには、
個別にフォローやヒアリングをすることで、メンタルの不調や退職意向を未然に防ぐのが狙いです。

 

▶︎オーバーワークで睡眠不足を検知

ログインしている時間が規定の勤務時間より長いことが続く場合は、いち早く人事もしくは
上長にアラートを送信。早期に状況を確認することで、離職防止やメンタルケアに役立てます。

 

こんな企業に向いている!

  • アイディア提案など自由な発想を募りたい
  • 業務日報だけでなく、イベントなども発信・共有したい
  • 離職率を減らしたい
  • 出典:Talknoteの公式サイト

 

5. nanoty

多機能がウリの日報管理システム ナノティ

nanoty(ナノティー)

▶︎工数管理

期間を指定し、集計ボタンをクリックするだけで、作業工数の集計が可能です。

また、案件や担当者ごとに作業工数を集計し、仕事量を管理することができます。これによ
って社員がどのように活動しているのか、集計結果から把握出来るようになります。

 

▶︎タスク管理

自分がやるべきタスクをリストとして表示させ、期日や優先度の設定も可能です。また相
手に仕事を依頼することもできます。

 

▶︎サンクスポイント

助けてもらった、アドバイスをもらったなど「ありがとう」の気持ちを送ることで、良い連
鎖を社内に生み出していこうという機能です。1番多く送った人と貰った人を表彰すれば職場
全体の活性化につながります。

 

▶︎いいね!/がんばれ!

社員の日報にいいね!やがんばれ!といったリアクションを残すことができます。

 

こんな企業に向いている!

  • 作業時間などの工数管理ができる業務日報がほしい
  • 業務日誌で助け合う社風に変えたい
  • 出典:nanotyの公式サイト

 

効率性重視の日報アプリ

続いて効率性重視の日報アプリをご紹介します。
今までの日報をより効率的に、便利に行えるような機能が備わっています。
日報に関わる作業を効率化して、データ活用に役立てたい、という企業におすすめです。

1. kintone

日報以外の業務管理アプリも自作できる!カスタマイズ性が魅力

kintone(キントーン)

▶︎業務アプリを作成できる

kintoneは、日報以外にも顧客情報/ToDo/タイムカードといった、さまざまなデータを管理するためのアプリを簡単に構築できます

システム担当者だけでなく、現場の各担当者が必要に応じてアプリを作成できるので、改善の必要があればすぐに修正できるのも魅力です。

 

▶︎柔軟なデータ集計機能

全文検索では、アプリに登録された文字情報だけでなく、添付ファイルの内容も含めて検索することができます。

集計データをグラフしたり、一覧表を作成することができます。

グラフの種類は、円グラフ、折れ線グラフ、縦棒、横棒、クロス集計表など用途に合わせて自由に選択可能です。

登録された情報は、任意の範囲を選択してCSVファイルに書き出すことができます。

 

▶︎コミュニケーションが取れる

チーム単位やプロジェクト単位などでグループを作り、資料やタスク、進捗の共有にも適しています。

掲示板を作成することでチーム内のコミュニケーションを円滑に進めることも可能です。

また、kintoneのユーザー以外の人も参加できるゲストスペースでは、企業間の共同プロジェクトの連絡の場としてもスペース機能を使用できます。社内環境と分けることで、安全に情報共有が行えます

 

▶︎カスタマイズできる

プラグインやJavaScriptを使って、kintoneの機能を拡張することができます。

また、API連携等を利用して、外部サービスや基幹システムとの連携も可能です。

(月1,500円のスタンダードコースを契約する必要があります。)

 

こんな企業に向いている!

  • 業務日報に限らずオールマイティな機能がほしい
  • できるだけ低コストで社内システムを構築したい
  • PCに強い社員がいて、カスタマイズができる
  • 出典:kintoneの公式サイト

 

2. FieldPlus

かんたん作業日報アプリ フィールドプラス

FieldPlus(フィールドプラス)

▶︎多様な報告シートと設問式のカンタン作業日報

管理者が作成した報告シートに沿って回答していく、報告専用の作業日報アプリです。

日報だけでなく、勤怠や社内アンケートなど幅広く活用できます。

入力フォームはテキスト入力・数字入力・項目選択など指定できるので、入力時間の短縮に
繋がります。

 

▶︎位置情報と勤怠報告をセットで送信

位置情報と合わせて出退勤の報告もできるので、誰がいつどこでどんな作業をしているのか
一目で分かります。

 

こんな企業に向いている!

  • 文章の入力よりも、選択入力でなるべく簡単に報告できる作業日報がよい
  • 作業日報だけでなく、勤怠管理もしたい
  • 出典:FieldPlusの公式サイト

 

 

3. houren.so

写真で報告する作業日報アプリ

houren.so

▶︎写真+コメントの日報

写真にコメントを添えるだけ、というカンタン日報です。

現場の作業状況を撮影し、一日の終わりにコメントと写真をアップすることで、現場の状況を正確に素早く共有できます。

 

▶︎GPS情報を活用して写真を自動仕分け

写真の位置情報を使い、どのエリアで撮影された写真か自動的に仕分けられます
また、使用した写真を営業資料の作成や社内研修など、様々な場面で活用することができます。

 

こんな企業に向いている!

  • 文章での細かい報告はいらない、写真がメインの作業日報アプリがいい
  • スマホ操作が苦手なメンバーが多い
  • 出典:houren.soの公式サイト

 

4. NICE営業物語Smart3

営業マン向け!商談記録の営業日報アプリ

NICE営業物語Smart3

▶︎営業マンのための商談レポート

入力項目を選択する方式なので、簡単に営業報告ができます。

また、写真や位置情報も登録可能。作成した営業報告はそのままメールで指定先へ送信できます

 

▶︎AppleWatchでスケジュール確認と営業報告

AppleWatch上でスケジュールの確認や簡易営業報告の作成が行えます。
iOSカレンダー経由でグーグルカレンダーやExchange、Office365と同期が可能です。

 

▶︎嬉しい無料版

「NICE営業物語」というシステムの簡易版のため、こちらは無料で使うことができます。

 

こんな企業に向いている!

  • 営業マンが1日に何件も訪問をする
  • 商談ごとに結果報告ができる営業日報がほしい
  • 文字入力が不要な、選択式の営業日報アプリがいい
  • 出典:NICE営業物語Smart3の公式サイト

 

5. 日報くん

時間管理をメインとした業務日報管理システム

業務管理システム「日報くん」

▶︎時間管理を徹底

日報報告に時間管理を組み合わせることで、人・チーム毎の稼働集計、プロジェクトや複数
プロジェクトをまたいで顧客にかかったリソースの集計管理を自動で行います。

 

▶︎案件別の稼働量を見える化

案件ごとに稼働内訳を把握することで、テコ入れや損切りといった適切な判断の材料になります。
また、案件終了後には見積と比較することによって、計画と実働がどこで違ったかの今後の事業判断も支援します。

 

こんな企業に向いている!

  • 稼働時間の比較から営業戦略を見直したい
  • 部下が何のどのくらい時間をかけているか把握したい
  • 出典:日報くんの公式サイト

迷った時はバランスの取れた日報アプリがオススメ

大きく2つに分けてアプリを紹介させていただきました。
あなたの企業の導入目的に合わせて選んでみてください。

効率性とコミュニケーション、どちらも捨てがたいという場合はそれぞれの良いところをうまく取り入れた、バランスの良い日報アプリgamba!がオススメです。

日報共有アプリgamba!紹介画像

 

まずは無料トライアルしてみましょう!

まずは部署のメンバーで無料トライアルを試してみましょう

みんなで試してそれぞれの視点から意見を募ることで、運用のイメージが掴めます。

たとえ部下の抵抗が多くても、「これ面白そうだな」と感じる部下がいれば、きっと
味方になってくれるでしょう。ぜひ、あなたの会社にぴったりな業務日報アプリを見つけてください。

お気軽にご相談ください