日報の活用術 日報の活用術TOP

上司必見!部下が納得する「説得力のある説明方法」とは?

2017年2月3日

部下育成には、「説得力」が欠かせません。仕事をスムーズに行うには、部下に自分の思いを正確に伝え、協力を得ることが不可欠。説得力をアップさせるためにはどのような方法があるのでしょうか。

説得力がアップする画像

説得力がアップする部下の育成法① 具体的選択肢を示す

部下に何かやって欲しいことがあるとき、「これをやって欲しいんだけどどうかな?」とストレートに伝えることが多いのではないでしょうか。

しかしこの伝え方では、「本当はやりたくないのに」と渋々引き受けられてしまったり、「やりたくありません」と突っぱねられてしまったりすることも。

相手からスムーズに賛同や協力を得るためには、具体的な選択肢を提示すると効果的です。例えば子供に何かお手伝いをして欲しいときに、「お手伝いをして欲しいんだけど」と伝えると、「めんどくさい」とか「やりたくない」と断られてしまうことがあります。

しかし、「料理か洗濯どっちなら手伝ってくれる?」と選択肢を与えることで、子供は自分でやることを決めることができます。その結果「やらされる」感が少なくなり「やりたくない」と感じることが少なくなります。

仕事もこれと同様です。「やる、やらない」と迫るよりも、「やるとしたらAとBどっちがいい?」と選択させるほうがスムーズに賛同や協力を得ることができます。

具体的選択肢を示す画像

説得力が増す説明② 形で見せる

部下の育成に説得力を持たせるためには、「わかりやすさ」も重要です。いくらいいことを言っても、内容がわかりにくければ部下を動かすことはできません。わかりやすく伝えるためには、たくさんの説明よりも「形を見せる」方が効果的な場合があります。

例えば、スポーツの指導において、指導者が選手のフォームを矯正させたいと思ったとします。指導者が言葉でいくら伝えても、選手は具体的なイメージがわきにくくなかなかうまくいきません。しかし実際に正しいフォームを目の前で見せると、選手はイメージがつかみやすくなりフォームの矯正につながります。

仕事でも同様です。形を見せることができる場合は、それを見せてしまったほうがわかりやすいですし、理性よりも感性に訴えかけられるため心が動きやすくなります。

形で見せる画像

説得力が増す説明③ 実績で見せる

説得力をアップさせるためには、内容に実績がともなっていることが不可欠です。どんなにわかりやすく伝えても、その内容が実績のともなわないものであれば、部下の心を動かすことはできません。

先ほどスポーツの事例で、フォームの矯正を取り上げました。具体的に形を見せることでどのように矯正をすればよいのかは伝わりますが、このフォームが良い記録につながるという実績がなければ、選手は「フォームを矯正しよう」とは思えません。

しかし、「このフォームにすることで、こういう記録につながる」という実績を示すデータがあれば説得力が増し、選手は「やってみよう」という気持ちになります。

部下への指導においても、データの裏付けなどの実績を示すことで、相手の気持ちをスムーズに動かすことができます。

実績で見せる 画像

説得力をアップして部下の育成をスムーズに

部下の育成に説得力を持たせるためには、部下が納得できる形で内容を示すことが大切です。部下が育成の内容に対して心から納得することができれば、仕事に生かされ業績のアップにもつながります。

内容に説得力を持たせられるように常に配慮し、部下の育成がスムーズにいくようにしましょう。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。

部下指導の画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!