リーダーシップ 目標達成するチームTOP

部下の目標設定に必要な3つのカギ 

2017年2月4日

自分の部下の個人目標はどうやって決めればよいのでしょうか?過大な目標を押し付ければ部下はやる気をなくしてしまいますし、かといって低めに目標を設定してしまっては全体の成果につながりません。まして目標設定が最初から結論の決まっている出来レースになってしまっては、部下の不満が溜まる一方です。

部下の目標設定は、上司にとって重要な仕事の1つです。部下の目標を適切に設定し、やる気を引き出し仕事の効率をアップするためのポイントをご紹介します。

cbcd72fc4336f15659191a19ccb93fc9_s

部下の目標設定に必要なカギ① 部下がやりがいを感じられる目標を設定する

1つ目のポイントは、部下の目標設定の前に、部下自身のキャリアプランを事前に把握しておくことです。部下はどのように会社で成長し、どのような成果をあげたいかを把握していなければ、部下がやりがいを感じる目標設定をすることができません。

部下が仕事に対してどのように考えているかを理解し、その上で仕事上の役割分担を提案し、部下の思考に基づいた目標を作成させるのです。部下は自分のなりたい姿に近づける、得たいスキルが得られるような役割を担うことができ、それがモチベーションにつながっていきます。しかし必ずしも部下の希望に沿った仕事や目標が与えられるとは限りません。

その場合は「会社としてこのような成長を期待しているよ」「今はこの仕事で頑張って、知識を得たら別の仕事をしてほしいと思っている」などと具体的な展望を説明することが必要です。「いまの目標設定は次の仕事へのステップだ」と部下に考えさせることで、部下のやる気を高めることができます。

部下の目標設定に必要なカギ② 上司が明確な方針を示す

2つ目のポイントは、部下に目標設定をさせる前に、部門としての中期構想、それに基づく来年度の構想や部門目標を明示するということです。そうすることで会社全体の動きが理解でき「会社の目標を達成するためには、自分はこうした目標設定をすればいいのだな」という個人の具体的な目標設定につながります。

さらに、個々の部下に期待する役割を伝え、納得を得ておきましょう。営業の業績目標なら少ない売り上げで大きな利益を上げるか、薄利多売でいくか、部下なりに作戦を立てられるようにするのです。部下の目標設定が具体的に会社の業績に直接関係するような話し方をすることで、「自分も会社に貢献できている」という充実感を持たせ、やる気をアップさせることにもつながります。

8a5e58d3fc326047edc878e3152cce8f_s

部下の目標設定に必要なカギ③ 目標を設定する前に話し合い歩み寄る

3つ目のポイントは、上司や部門で決まっている目標をそのまま押し付けることをやめることです。部下のやる気を引き出すためには、上司が勝手に目標設定を行うのではなく、部門の業績向上につなげるように互いの歩み寄りが必要です。部下自身に自分の役割を認識してもらい、それに基づく目標設定をしてもらうようにしてください。

個人の目標設定をする前に、現在のチームの状況を話し合うことも1つの方法です。チームの状況をオープンにして、部下一人一人の協力を求めるのです。チームでの状況が理解できれば、チーム内で互いの実力を認めた上で、最終的な個人の目標設定に落とし込むことができます。

部下の目標設定は会社にとって重要な役割を持つ

会社として大きな目標設定を行い掲げていても、社員一人一人がそれを意識しなければただの看板と同じです。部下が適切に目標設定を行い、それを達成することができれば、会社の目標達成へとつなげることができます。

部下の目標設定を面倒な手続きととらるのではなく、上司として部下のやる気を引き出し、部門の業績アップにつなげる重要なツールと考え、見直すことが必要です。ぜひこの3つのポイントをおさえて、部下の目標設定を行ってください。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回す支援をし続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!