新入社員 目標達成するチームTOP

「打たれ弱い」新入社員を強く成長させるための3つのポイントとは?

2017年2月8日

新入社員にちょっと厳しく叱ったら、翌日から出社しなくなってしまった、という経験はありませんか。上司として新入社員を育成していく中で、叱らないといけない場面が出てくるのはあるいみ仕方のないことです。しかし、叱ったというだけで必要以上に落ち込み、仕事への意欲まで無くしまわれたら、どうかかわっていけばいいのか分からなくなってしまいますよね。

では、我慢が足りない、些細な失敗でくじけてしまう、そんな打たれ弱い新入社員をどう育成していけばいいのでしょうか。新入社員の育成の仕方の3つのポイントを紹介させていただきます。

E146_sarari-mangata_TP_V

打たれ弱い新入社員の育成法① 「打たれ弱い」理由を知る

打たれ弱い新入社員とのかかわり方として、その理由を知ることはとても大切なことです。打たれ弱い若手社員が増えているのには、2つの理由があります。1つめの理由は、社会人になるまでに人間関係の訓練ができていない、特に上下関係の人間関係の経験がないことが挙げられます。

厳しい学校の先生やクラブ活動、バイト経験などでそういった上下関係を伴う人間関係の経験が少ないと、上司との接し方がわからず、叱られることを単に怒られていると感じてしまう新入社員も少なくありません。また、人間関係の築き方が苦手であるがゆえに、その人が自分自身の育成のために言ってくれた言葉だと理解できず、プレッシャーに感じてしまいすぐに心が折れてしまうといったことが挙げられます。

2つめの理由は、過去の失敗や未来の不安にとらわれているというものです。ミスを恐れたり、少しのミスに動揺して、すぐに心が折れてしまうといったパターンの新入社員もいます。特に社会経験の浅い新入社員は、必要以上に失敗を恐れる傾向があります。この2つの代表的なパターンを意識し、上司自身も、「新入社員は自分とは異なるメンタルを持っている」と認識して育成していくことが大切です。

打たれ弱い新入社員の育成法② いいところを褒めて自信を持たせる

打たれ弱い新入社員の育成には、いいところを見つけて褒めることを心がけましょう。そうすることで、相手の不安や緊張感を取り除く効果があります。さらに、上司が新入社員の存在を認めているというメッセージを送るという効果もあり、それは新入社員の自信や余裕にもつながります。

人は、褒められたことよりも、叱られた時の方が記憶に残りやすく、引きずりやすい傾向にあります。打たれ弱い新入社員は特にその傾向が顕著に表れます。そのため、まずは日ごろの育成の場面から「あなたの頑張りを見ている」という信頼関係を築くことが大切です。

そのために、褒めるときには必ず、仕事の中で具体的にどこがよかったのか、ここがちゃんとできているという風に具体性を持ち得ながら、個人をしっかり見ているというメッセージを伝えるように心がけましょう。

ME_biz20160902492115_TP_V

打たれ弱い新入社員の育成法③ 肯定的なフィードバックを心がける

新入社員が何か仕事を一つやり遂げたときは、肯定的なフィードバックを心がけるようにしましょう。右も左もわからない状態でやり遂げてきたわけですから、新入社員なりに色々と試行錯誤をしながら、仕事をしてきたはずです。

そのため、ちょっと不十分なところがあったとしても、新入社員の育成のためだと指摘ばかりするのではなく、まずは肯定的な姿勢を意識し、建設的なフィードバックを心がけるようにしましょう。肯定的な姿勢を意識することで、新入社員に何か指導が必要な場合も、感情的にならず、建設的なフィードバックをすることができる様になります。「どうしてこんなことになるんだ!」という否定する育成はなく、「ここはこうすればいい」、「こうしてくれたらありがたい」といった姿勢が大切です。

その新入社員自身はもちろん、上司自身にとっても直面した困難から逃げ出さず、新入社員を育成しながら一緒に困難を乗り越えるという経験を積むことが大切です。打たれ弱い新入社員を邪魔者扱いするのではなく、上司自身を鍛えてくれる貴重な存在と考えてみましょう。

打たれ弱い新入社員の育成は、「認める」ことがカギ

紹介させていただいた3つのポイントのとおり、打たれ弱い新入社員を育成するには、まずその新入社員自身を認めることが大切です。新入社員は、自分とは育ってきた環境も取り巻く時代も違いますから、自分とは異なるメンタルを持っていることを意識しながら、育成する上でのかかわり方を工夫することで、打たれ弱い部下との信頼関係を築く第一歩となるのです。

新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメです。上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!