リーダーシップ 目標達成するチームTOP

新入社員の尊敬を集める上司の行動3つのポイントとは

2017年2月14日

上司が新入社員に対して、「自分が若い頃は……」という話をしても、バブルの時代に生きてきた人の成功体験というのは若者には全くと言っていいほどウケません。逆に、「時代が違うのに、参考にならない」としらけさせてしまうだけです。

では、年の離れた新入社員から尊敬を集める上司とはどのような行動でしょうか?3つの行動ポイントを紹介させていただきます。

YOTA86_purezenok15135259_TP_V

新入社員の尊敬を集める上司の行動ポイント①しくじり先生になる

どの世代にも効果的なのが、上司自身の「失敗体験」を赤裸々に語るということです。「しくじり先生 俺みたいになるな!」というテレビが人気なのは、失敗は人の心を引きつけ、聞いている人の心を開かせるからです。上司と、新入社員の関係でも同じことが言えます。

自分の失敗を他人にさらけ出すということは、実はとても勇気のいるものです。その失敗が大きければ大きいほど、目をつむりたくなり、自分がしてしまった過ちやミスを人に、ましてや新入社員に話すなんて、本音としては避けたいところです。

でも、それを誰かの失敗の防止につなぐことや、反面教師にしてもらいたいという心をもって語る気持ちは、必ず相手に伝わります。聞いている新入社員も、上司が自分の弱さを自己開示することで、それをさらけ出す強さすら感じ、共感をもって聞いてくれるようになるのです。

新入社員の尊敬を集める上司の行動ポイント②曖昧な指示ではなく、具体的指示を出す

上司から新入社員に指示を出す際は、曖昧な伝え方ではなく、必ず具体的な指示を出すように心がけましょう。例えば、「会議の準備をしっかりしておくように」ではなく、「ホチキス留めした資料を開始10分前には席に配布完了しておくように」、「真心をこめて接客する」ではなく「お客様の目を見て、両手で品物を渡す」などというように。

あいまいで漠然とした指示や指導ではなく、それは具体的にはどのようなことをすれば正解なのか、「行動」を指示するように表現を変えてみるようにしてみてください。これをすることで、新入社員にもあなたの意志は伝わりやすく、より信頼関係を築くことができるようになります。

さらに、上司にとって、「指示をしておいたのに、全然できていない」という事態を防ぐことができますし、「指示されたとおりにやったのに、違うと怒られた」という新入社員の不満も防ぐことができるのです。

GREEN20160902534715_TP_V

新入社員の尊敬を集める上司の行動ポイント③面談より雑談から始める

新入社員との信頼関係を築くためのポイントとしては、面談のときの話のもっていきかたにも、コツがあります。新入社員にとって、面談のような改まった場だとなかなか上司には本音を言いにくいという人も多いです。そのため、ストレートに面談の時だけ深い話をしようと思っても、なかなか新入社員の心を開くことはできません。

改まって話す機会を作るよりは、日常の中で頻繁に数分でも話したほうが、上司と新入社員の距離を縮めるのには近道です。ちょっとしたときに、「最近、どう?」「この間のあれ、どうなった?」、「あの仕事よかったね」など短い声がけを上司側からすることが大切です。

そうやって、些細なコミュニケーションをとっていく中で、趣味や、出身地、学校など共通点を見つけることができるかもしれません。このような関係を築いていくことで、新入社員も、「言いにくいことも話してみようかな」という気持ちになるものなのです。

新入社員とのコミュニケーションを怠らないこと

上司として忙しいときは特に、相手が新入社員であろうと、パパッと指示して気付いたら放置していた…なんてこともあるかもしれません。あなたにとってたくさんいる部下の一人でも、新入社員にとって、上司はあなたしかいません。

何かあったときに唯一の頼れる存在、仕事のスキルを教えてくれる先輩、上司として、新入社員との日ごろのコミュニケーションの取り方を大切にしていきましょう。上司がそうすることで、新入社員も「尊敬する上司」と感じてくれるようになるのです。新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメです。

上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!