新入社員教育 日報の活用術TOP

新入社員が心がけたい会議の参加意識3つのポイント

2017年3月29日

会議で適切な発言ができる人は、周りからも「できる人」と見なされます。では、会議で適切な発言ができる人と、そうでない人の差はどこにあるのでしょうか?新入社員のうちから社内の会議に参加する時に、どんな心構えを持たせるべきか、しっかりと伝えていきましょう。今回は、会議の中での発言・行動に注目して育成の方法ポイントを紹介します。

新入社員に心がけさせるべき会議の参加意識3つのポイント

新入社員の会議参加意識①会議の目的を理解する

まずは新入社員自身が、会議の目的を正しく理解するということを意識しましょう。たとえば接客の改善を議論する場で、商品の話ばかりをしては、会議の目的は達成できません。また「会議が開かれた」という形式要件さえ満たされればいい会議でなまじ会議を長引かせるような発言をすると、「空気の読めない奴」と認定されかねません。

見極めるには、新入社員自身が「ん?」と違和感を感じたり、何か発言をしたいと思ったとき、信頼できる先輩に確認することが大切です。組織の文化や価値観を確認したり社内の人脈を強化したりすることにもつながります。

長い目で見て、その会社で活躍するベースにもなります。会議の目的を理解できると、比較的手を抜いても大丈夫な会議と、真剣勝負が求められる会議との差もわかり、メリハリをつけて仕事に取り組みことができるようになるのです。

会議の目的を理解する画像

新入社員の会議参加意識②新しい視点をもつ

ある程度準備をし、前向きに会議に参加している人間の意見は、参加者のものの見方に新しい視点を加え、よりよい結論を促すことができます。その業界で常識とされていた思い込みを、たとえば「なぜこの順番で進めるのか?こうやったほうが効率的ではないのか?」といった新しい視点で質問を投げかけることによって打破することができるようになります。

永くその業界で勤めている人ほど、それが当たり前になっていて、課題であるとすら感じていないケースも多々あります。本当は底に改善の余地が大きく潜んでいるのに、長くその業界で勤めている人はそれが当たり前だから気が付かないのです。

こういった新しい視点での意見というのは、業界の常識に染まっていない若手の発言ならではでもあったりします。当たり前のことを「改善点がないか」という目線で見直すことは、そこで何年も働いていて当たり前になってしまっている従業員にとっては難しいことです。新入社員が率先して、違和感のあるところを聞くようにしましょう。

新しい視点をもつ画像

新入社員の会議参加意識③自らの見解を示す

プロジェクトの報告一つをとっても、全てをただ単にありのまま報告すればいいというものではありません。ダラダラと事実を伝えるのではなく、現在の状況報告に加えて、自分ならではの見解を述べるということを意識しましょう。

たとえば「この商品は顧客が長い時間をかけて比較検討している割には、他社商品に流れてしまいます」でやめずに、「パッケージでの訴求が弱いか、コストパフォーマンスを比較して敬遠されているのではないでしょうか?」などと、自分なりの課題点をつけ加えるのです。

こうした意識を持つことは、自分のビジネスに対する理解度を深めたり、論理思考力を伸ばすことにも寄与することにつながります。今後会社で働いていくうえで大切な基盤となりますので、このような視点を常に持てるよう、新入社員には持っておいていただきたい考え方です。

自らの見解を示す画像

自分で考える力、自分も参加するという意欲を大切に

新入社員のころは特に、お客様かのように会議は参加するだけ、参加したことに意味があるなんて言われがちですが、実はそうではありません。新入社員だからこそできることや、新入社員の時期に参加する会議で意識しておくことで今後のスキルアップに大きく影響することがたくさんあります。

いかに、新入社員という若手の時期にこういったスキルを身に着けられるかどうかが今後のスキルアップのふり幅につながるといっても過言ではないでしょう。新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメです。上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

自分で考える画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!