他社の日報アプリとの比較 日報の活用ガイド

おすすめ日報ソフト7選 !クラウド日報ツール|機能や価格を比較(無料あり)

2019年4月3日

日報に対して、こんな風に思っていませんか?

上司「もっと詳しく書いてくれないと…これじゃ報告になってない!」

部下「忙しいのに、なんでこんなもの書かなきゃいけないんだよ…」

これは、日報を書くこと自体が目的となり、肝心の振り返りや分析にまでに至らないのが原因です。

「日報の役割、必要性を感じてはいるけれど、どうすればいいのかわからない。」そこでオススメしたいのが、クラウド型の日報ソフトです。

728×90

クラウド型の日報ソフトのメリット

現場の状況をタイムリーに把握できる

最大の特徴が、スマホでも利用できること。タイムリーに現場の状況をいつでも、どこでも、確認できます。事後報告になりやすいトラブルの予兆も見逃しません。

上司と部下のやりとりがスムーズになると、現場と管理者の認識のズレを日報で埋めることができます。

横の繋がりができる

日報を共有するので、社員同士でも確認することができ、部署のメンバーの動きが見えてきます。

誰がどんな仕事をしていて、どんなノウハウを持っているか。こういう方法でやってみたら?といった上司以外からのアドバイスなど、社員同士のリアルコミュニケーションも充実します。

ここからは、オススメの日報ソフト7選を、機能や価格を比較してご紹介します。

gamba!(ガンバ)

日報共有アプリgamba!(ガンバ)

▶︎国内最大手の日報アプリ

業務内容に応じたテンプレートを設定し、メンバーはそれに沿って入力します。毎日振り返りの習慣をつけることで、”自走できる社員”を育てます。

▶︎目標管理ができる

売上や契約数など、目標達成状況をグラフで可視化します。目的を達成するために行った行動は、たとえ、成果が出なくても、そのやり方が、目的達成に適していなかったことが分かる新たな発見です。

さらに、目的を達成できなかった要因を分析すれば、日報で目標と成果を振り返ることが習慣化され、仕事への意識が変わります。

▶︎Googleカレンダー連携

無料のGoogleカレンダーと連携できるので、日報にワンクリックで貼り付けが可能。スケジュール管理もできるので、部下のマネジメントに最適です。

▶︎容量無制限

gamba!はストレージ容量が無制限!ファイルや写真、動画まで容量を気にせず共有ができます。

▶︎無料トライアル実施中!

初期費用なし、価格は一人980円で、1名から契約できるのが嬉しいポイント。メールアドレス一つで気軽に無料お試しができます。(もちろんフリーメールや携帯アドレスも可。) まずは、会社の主要メンバーだけで試してみるのがオススメです。

 

こんな企業にオススメ

  • 職種に応じた日報テンプレートを設定したい
  • Googleカレンダーと連携してスケジュール管理したい
  • 社員に目標を意識した働き方をさせたい

300×250

kintone

kintone(キントーン)

▶︎アプリをカスタマイズできる

プログラミングなしでアプリを開発できる社内プラットフォームです。チーム・部門単位でのコミュニケーションに適したSNS機能を有し、顧客管理、案件管理、勤怠管理や問い合わせ管理など、必要なシステムを手軽に開発することができます。

▶︎低コストで社内システムが構築できる

通常、システム開発は費用が高く、設計・開発に時間が膨大に必要で、プログラムなどの専門知識も必要です。しかし専門家でなくても、簡単にシステムを構築することができます。箱を組み合わせて作っていくようなイメージです。

▶︎料金は少し高め

スタンダードコースが月1,500円と少し高めです。その代わり外部サービスとの連携が豊富なので、PC操作が得意な社員がいれば活用の幅が広がるでしょう。

こんな企業に向いている!

  • 低コストで社内システムを構築したい
  • PCに強い社員がいる

kintoneの詳細はこちら

 

BeWorks

日報___日報管理グループウェア「BeWorks_ビーワークス_」

▶︎様々な業務と紐付けできる

案件登録や見積書といった顧客に関する情報や、作業内容を集計して労働時間を管理するなど、様々な業務をこのソフトで紐付けることが可能です。

▶︎工数集計だけでなく損益分析もできる

各自が携わっている案件の状況やそれにかけた労務時間と予定工数の比較し、損益分析ができます。また、労務時間が予定よりオーバーしたり、納期遅れを起こしているものは警告されます。

▶︎グループウェアにしてはお手頃

基本料金が月5,000円で、一人あたり1,000円で利用できます。別途、容量を1GB追加すると月1,000円かかるので、写真や動画、パワーポイントなどをあまり扱わない企業に向いています。

こんな企業に向いている!

  • 日報よりも顧客管理や工数管理を重視したい
  • お手頃なグループウェアを探している

BeWorksの詳細はこちら

 

nanoty

nanoty(ナノティー)

▶︎豊富な集計機能

案件や担当者ごとに作業工数を集計する機能があり、仕事量を管理することができます。これによって社員がどのように活動しているのか、集計結果から把握出来るようになります。また、残業時間の集計もでき、生産性向上に繋がります。

▶︎サンクスポイント

助けてもらった、アドバイスをもらったなど「ありがとう」の気持ちを送ることで、良い連鎖を社内に生み出していこうという機能です。1番多く送った人と貰った人を表彰すれば、職場全体の活性化につながります。

▶︎最低価格は月5,000円

10名までは月5,000円。10名以上は一人あたり月額500円となります。オプションで多言語機能50,000円や、一人あたり200円追加でスケジュール機能がつきます。

こんな企業に向いている!

  • 作業時間などの工数管理ができる多機能な日報ソフトがほしい
  • 業務日誌で助け合う社風に変えたい

nanotyの詳細はこちら

 

FieldPlus

かんたん作業日報アプリ フィールドプラス

FieldPlus(フィールドプラス)

▶︎多様な報告シートと設問式のカンタン作業日報

管理者が作成した報告シートに沿って回答していく、報告専用の作業日報アプリです。日報だけでなく、勤怠や社内アンケートなど幅広く活用できます。入力フォームはテキスト入力・数字入力・項目選択など指定できるので、入力時間の短縮に繋がります。

▶︎位置情報と勤怠報告をセットで送信

位置情報と合わせて出退勤の報告もできるので、誰がいつどこでどんな作業をしているのかが一目で分かります。

▶︎初期費用が高め

初期費用が150,000円。一人あたり月500円と、サーバー利用基本料(ディスク容量1GBまで)が月5,000円かかります。

こんな企業に向いている!

  • 文章の入力よりも、選択入力でなるべく簡単に報告できる作業日報がよい
  • 作業日報だけでなく、勤怠管理もしたい

FieldPlusの詳細はこちら

 

NICE営業物語Smart3

無料営業支援アプリ「NICE営業物語Smart3」_株式会社システムズナカシマ

▶︎営業マンのための商談レポートソフト

入力項目を選択する方式なので、簡単に営業報告ができます。また、写真や位置情報も登録可能。作成した営業報告はそのままメールで指定先へ送信できます。

▶︎AppleWatchでスケジュール確認と営業報告

AppleWatch上でスケジュールの確認や簡易営業報告の作成が行えます。iOSカレンダー経由でグーグルカレンダーやExchange、Office365と同期が可能です。

▶︎嬉しい無料ソフト

NICE営業物語というシステムの簡易版のため、こちらは無料で使うことができます。

こんな企業に向いている!

  • 営業マンが1日に何件も訪問をする
  • 商談ごとに結果報告ができる営業日報がほしい

NICE営業物語Smart3の詳細はこちら

 

houren.so

写真で報告する作業日報アプリ

houren.so

▶︎写真+コメントの日報

写真にコメントを添えるだけ、というカンタン日報です。現場の作業状況を撮影し、一日の終わりにコメントと一緒に写真をアップすることで、現場の状況を正確に素早く共有できます。

▶︎GPS情報を活用して写真を自動仕分け

写真の位置情報を使い、どのエリアで撮影された写真か自動的に仕分けられます。また、使用した写真を営業資料の作成や社内研修など、様々な場面で活用することができます。

▶︎最低利用料金が月2,500円

初期費用は無料。月2,500円で5名まで利用可能。1名追加ごとに500円かかります。

こんな企業に向いている!

  • 文章での細かい報告はいらない、写真がメインの作業日報アプリがいい
  • 日報作成に時間をかけたくない
  • スマホ操作が苦手なメンバーが多い

houren.soの詳細はこちら

1人最短1ヶ月から使えるgamba!

それぞれの違いをお分かりいただけましたか?

「料金を抑えたい」「最初は幹部メンバーなど一部だけで試したい」という場合は、1人から利用できる日報アプリgamba!がオススメです。

まずは部署のメンバーで無料トライアルを試してみましょう。経営者、管理職、部下といったそれぞれの立場では視点が違います。みんなで試してそれぞれの視点から意見を募ることで、運用のイメージが掴めます。

たとえ部下の抵抗が多くても、「これ面白そうだな」と感じる部下がいれば、きっと味方になってくれるでしょう。ぜひ、あなたの会社にぴったりな日報ソフトを見つけてください。

日報共有アプリ_gamba_(ガンバ)

「気づき」から、行動を変えることができる社員は成長します。「日報」を書くことで、小さなことの積み重ねがやがて大きな成果へつながります。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。