gamba! 導入事例 gamba! 導入事例TOP

【導入事例】「『gamba!』で日報は現場を上司に伝える大切なニュースメディアになりました」

2013年1月29日

日本を代表するスタートアップインキュベーター、サムライインキュベートCOO池上氏は「gamba!」を導入した効果を、タイトルのように語ってくださいました。

 

従来のメール日報では解決できない課題を、gamba! でクリアに!

 

サムライインキュベートでは榊原社長を初め、全社員に毎日日報の提出を義務づけていますが、従来は帰宅時に社内のメーリングリストに日報をメールで提出するだけ。この方法にはいくつかの課題がありました。

 ・自分の書いた日報を上司が本当に読んだかどうか分からない

 ・日報に対して誰がどんなフィードバックをしたのか分からない

このために社内で積極的に日報を活用するという機運が高まらず、惰性で日報を出すという悪循環に陥っていたのだとか。

池上氏「日報は社員のナマの情報や意見を経営陣に伝える貴重なツール。しかし従来のやり方では必ずしもその意義が社員に理解されていなかったと思います。

日報をきちんと活用し、仕組みを継続していく上で、上司が適切なフィードバックをタイムリーに与えることが社員のモチベーションにとって一番重要だと考えています。gamba!を導入することで、誰が自分の日報を読んだのか足あとが見える化され、社員は自分の意見が上司に伝わっていることが実感できるのです」

 

現在では、サムライインキュベートでは池上氏が中心となって、社員の日報に対してきめ細かくフィードバックすることを心がけているのだとか。具体的には、

 ・面白い意見を書いた日報には「いいね!」を返す

 ・気になった内容にはすぐさまコメントを入れる

 ・チームの役に立つ日報を書いたメンバーには「アワード」を贈る

などで、特にアワードを贈ることは、「口に出してはなかなか伝えられない気持ちを社員に伝えることができ、コミュニケーションを深めるきっかけになっている」のだそうです。

 

 

池上氏「社内の問題解決のため、まずはgamba! を使ってみて下さい」

 

池上氏からは、gamba! の導入を検討している担当者に向けて「まずは使ってみるのが一番!社内の課題を解決できるツールになるはず」とのメッセージをいただきました。

―池上さん、ご協力ありがとうございました!

 

 

【サムライインキュベート 概要】

 

サムライインキュベートは、起業支援のためのコワーキングスペース「サムライスタートアップアイランド」(天王洲)の開設や、起業家向けイベント「サムライベンチャーサミット」の開催(本年は国内・北米に加えて、ASEAN各国や中東などを開催)、投資ファンドの運用など、日本を代表するインキュベーターとして、『できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える』のミッションを掲げて、積極的な活動を展開しており、現在60社を越えるスタートアップベンチャーを支援しています。

  • 会社名 株式会社サムライインキュベート(Samurai Incubate Inc.)
  • 代表者 代表取締役CEO 榊原 健太郎
  • 設 立 2008年3月14日
  • 所在地 東京都品川区東品川2-2-8 Samurai Startup Island
  • URL http://www.samurai-incubate.asia/
  • 事業内容 スタートアップへの経営・マーケティング・営業・人事・財務・CI戦略支援

 

 

 


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,000社以上
実感した効果を無料体験!

いますぐ使える。15日間無料!

  • App Store
  • Android