目標達成 目標達成するチームTOP

メンバーのモチベーションを「本気」で上げる!目標設定とは

2016年8月14日

いつも目標を達成し大きな成果を出すモチベーションの高いチームと、メンバーがバラバラでそれぞれのモチベーションが低く目標が達成できないチームとでは、何が違うのでしょうか。

目標達成できないチームのメンバーは、目標が自分事になっておらず「仕事させられている」意識をもっていたり、何をやったら自分の目標を達成できるのか具体的な道筋が見えていない、目標が曖昧で達成できたかどうかが客観的に示せないなどの課題を抱えています。そのために仕事へのモチベーションが高まらず、結果として目標が達成できないということにつながっています。

目標を達成するには、なぜそれを達成しなければならないのかという「ビジョン」共有からの動機付けがまず必要であり、そのために何をしなければいけないのかが明確で、達成できたかどうかを誰が見ても客観的に判断できる透明性が重要です。この記事では、どうしたら適切な目標設定によってメンバーのモチベーションを「本気」で上げられるのかについて、3つのポイントにしぼって説明します。

メンバーのモチベーションを「本気」で上げる!目標設定とは

目標設定の前提にある「ビジョン」を共有する

「ビジョン」とは、「自分たちがどのような姿や状態になりたいのか?どのような結果を得たいのか?」というものです。たとえば、「このような製品を作ることで何を実現したいのか?」「この問題を解決することでどのような顧客を獲得したいのか?」「この数字を達成することでどのような会社・チームになりたいのか?」などがビジョンになります。自分たちが何を実現したいのか、リーダーがビジョンをメンバーに「本気」で伝えることが大切です。

たとえば、「今期中に、このチームを売上1億円にする!」という目標が割り当てられたとします。そのとき、この目標の前提にはどんなビジョンがあるのでしょうか。それはもしかしたら、「この売上を達成し、来期会社を上場させる!」であったり、「この売上を達成し、さらに良い製品の開発に投資を行うことで顧客満足度を高める」といったものかもしれません。

目標の前提にあるビジョンを共有することで、メンバーは「自分の仕事の目的は何か?なぜ、この目標を達成する必要があるのか?」を「本気」で理解し、チームのビジョンに共感・共鳴しながら高いモチベーションで仕事に取り組むことができます。ビジョンに共感・共鳴させ、メンバーの「本気」を引き出すことは、リーダーにとって最も重要なミッションです。目標を押し付けられただけのチームは、単なる作業者の集まりになり、目標達成することがとても難しくなります。

最終目標達成のために「計測可能な行動目標」に落とし込む

最終目標達成のために「計測可能な行動目標」に落とし込む

次に考えることは、「計測可能な行動目標」に落とし込むことです。そのためには、いまの状況と目標とのギャップを認識し、どのプロセスに問題があるのかを洗い出す必要があります。

たとえば先ほどの例で、「今期の売上目標1億円」を達成するには、月商800万円以上が必要です。いま時点での月商が500万円しかないとしたら、そのギャップとして300万円を何とか底上げする必要があるわけです。

このギャップの理由は、プロセス上のどこにあるのかを分析すると、問題箇所が見えてきます。

  • 見込み客の数が足りない

  • 見込み客の成約率が低い

  • 一社あたりの受注金額が少ない

  • 既存顧客からのリピート注文が少ない 等

どのプロセスに問題があるのかを洗い出し、その中から最も結果に影響が大きいと考えられる問題(着手すべき課題)を見つけます。課題が明らかになれば、具体的な行動に落とし込むことができます。先ほどの例で「見込み客が少ない」というのが最重要課題なのであれば、たとえば次のような解決のための具体的行動を決めることができます。

さまざまな問題を洗い出し、その中から最も重要な課題を見つけます。課題が明らかになれば、具体的な行動に落とし込むことができます。先ほどの例で「見込み客が少ない」というのが一番の重要課題なのであれば、たとえば次のような解決のための具体的行動を決めることができます。

  • 広告費を投下して月間10社の見込み顧客を獲得する
  • 既存見込み客に連絡して既存客1社から2社以上の見込み客を紹介してもらう

重要なことは、いつまでに、誰が、何をどれだけやるのかという、「計測可能な行動目標」に落とし込むことです。

客観的で期限の定まった成果目標を設定する

客観的で期限の定まった成果目標を設定する

やるべき行動に落とし込みができたら、次は成果目標を設定します。

先ほどの例で、広告や顧客紹介によって見込み顧客をいつまでにどれだけ集めるのか、現状の数字からどれだけこれらの施策によって積み上げるのかというのが、それによって売上がどう伸ばすのかが成果目標になります。大切なことは、目標は常に「期限」と「数値」を伴うことです。目標に近づいているのかどうか、あとどれだけギャップがあるのかを数字で客観的に明らかにします。

先ほどの例であれば、広告費の投下や見込み顧客の紹介によって今月中に、誰が何社の契約を獲得するのか、それによって売上をどれだけ底上げするのか、という具体的な成果目標を立てます。

このような過程を経て「売上1億円」という大きな目標が、具体的な行動のレベルにまでブレークダウンされ、期日が設定されていきます。それによって、各メンバーは成果目標を目指して行動するにあたり「どんな行動をどれだけやれば達成できるか」が明確になり、迷うことなく「本気」で行動することができます。

モチベーションを「本気」で上げる!目標設定のまとめ

目標設定は、メンバーのモチベーションを「本気」で上げる重要なプロセスです。ビジョンを伝えず、上司が決めた目標だけをメンバーに押し付けるやり方では、モチベーションは高まりません。ぜひ、みなさんの目標設定のプロセスを見直し、高いレベルの目標達成ができるチームを目指してください。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、メンバーのモチベーションを高め、目標達成を支援する機能が満載です。 毎日たった5分で日報を作成でき、チームメンバーの仕事のレベルを高めることで、目標達成を実現します。

  1. チームとメンバーのミッション(ビジョン)設定機能

  2. 目標達成における課題抽出、進捗状況が一目でわかるKPI管理機能

  3. メンバーのモチベーションを高める、日報への「コメント」「いいね!」「スタンプ」機能

モチベーションを「本気」で上げる!目標設定のまとめ

ただいま、15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!