チームビルディング 日報の活用術TOP

会社や組織の目標達成のために重要な3つのポイント

2016年7月17日

会社や組織の目標達成のために、いかにすれば従業員やメンバーが目標に向けてベクトルを合わせ、自分の役割を果たすようになるのか、管理職は常に心を砕く必要があります。

この目標達成に向けて従業員のモチベーションを高め、ベクトルを一定方向に揃えて、それぞれの役割を最大限に果たしてもらうためには、重要な3つのポイントがあります。

会社や組織の目標達成のために重要な画像

目標の設定、共有と各人へのブレークダウン

目標達成のためには、当然ですが会社や組織の目標を設定する必要があります。この目標は販売や利益と言った数値目標と、会社の理念やあるべき姿を年次毎に落とし込んだスローガン的な非数値目標の両方があればベスト。

こうした会社や組織の目標を設定しても、それが従業員全員に共有化されなければ意味がありません。末端の従業には自分のものとして実感できない事が多く、その目標をブレークダウンし、小さな組織毎へ、更に各個人レベルまでブレークダウンした目標にしましょう。

こうして各個人にブレークダウンされた目標が達成されると、積み重なる事で会社や組織の目標を達成できるように、組織に最適な形で会社の目標を各人の目標にまでブレークダウンして設定する仕組みを作る事が必要です。

この際に、目標を達成するための、個人の役割や目標の設定と共に、達成するために必要なスキルアップ目標を設定する事が重要。自分のスキルを高め、挑戦する事で役割を果たし、与えられた目標が達成でき、それが最終的に会社や組織の目標達成に繋がる事を理解してもらいましょう。

目標の設定、共有と各人へのブレークダウンの画像

組織目標と各人にブレークダウンされた目標と達成度合いの共有化と見える化

先に記載した組織目標と各個人にブレークダウンした目標を、年間、月間、週間レベルに分解し、その詳細を所定の帳票を設定して各個人が作成し、上司との間で共有化します。

半期に一度は、上司が部下と面談し、目標とその達成に関して十分にコミュニケーションを取り、共有化し、指導する事が重要です。コミュニケーションを通して、部下の査定考課に繋げる仕組みを作る事も必要でしょう。

上司と部下で詳細を共有化すると共に、部下間でも共有化されるようにすれば、先輩が後輩にアドバイスを与えたり、同僚間で良い意味の競争意識も生まれ、組織の活性化に有効と言えます。

目標と達成度合いの共有化と見える化の画像

日々の報告とコーチング

先の述べた様に、目標を設定し、各個人の目標とスキルアップにブレークダウンし、共有化する事が必要ですが、上司がそれを踏まえて適切な指導を行いましょう。

部下は上司と共有化した目標やスキルアップを意識しつつ、日々の活動を日報として報告し、上司は日報をチェックし、適切な指導コーチングを行う事で、先の2つステップを意義あるものとする事が出来るのです。

このステップを踏まずに、日報だけでやり取りし、上司が部下に過酷な要求をしたり、部下が目標達成に向け、順調に日々の仕事の中で成長できているのか適切なメジャーを持てずにふらついた指導をしているようでは、部下のモチベーションは下がるだけ。

日々の報告とコーチングの画像

会社や組織の目標達成のポイントまとめ

会社や組織の目標達成のためには、目標の設定、共有と各人へのブレークダウン、組織目標と各人にブレークダウンされた目標と達成度合いの共有化と見える化、そして日々の報告とコーチングの3つの要素が重要であり、このどれかが欠落していては意味を成しません。

こうした3つの要素を社内で定着させ、形骸化させない為には、制度や仕組みを作ると共に、それが負担なく行えるツールなどの導入が必要といえるでしょう。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、部下のモチベーションを上げ、目標達成をお手伝いするための機能が満載です。 毎日たった5分で日報を作成でき、部下の仕事のレベルを高めることで、チームの成功のお役に立ちます。

  1. カスタマイズ可能な日報テンプレートで御社に最適な日報を作成
  2. Googleカレンダーからワンクリックで予定を日報にコピー
  3. 売上などの目標達成率が一目で見えるKPI管理機能

会社や組織の目標達成のために重要な画像

ただいま、15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!