目標達成 目標達成するチームTOP

もはや企業の常識!改善提案とはどのように取り組むべきものなのか

2016年12月13日

企業の業績アップに欠かせないのが「改善提案」です。改善提案とは、現状の不備や欠点を解消しよりよい状態へと導く提案のことで、現状から成長市より良い企業になるためには不可欠なものです。

改善提案と一口に言っても対象は広く、企業運営の柱となる経営理念に関わるものから備品購入などの些事までいろいろな提案が含まれます。業績アップにつながる改善提案とは、いったいどのようなものなのでしょうか。そして、よりよい改善提案を広く集めるためにはどのような努力が必要なのでしょうか。

もはや企業の常識!改善提案とはどのように取り組むべきものなのか

改善提案とは変化に対応するために欠かせないもの!

なぜ企業には改善提案が欠かせないのでしょうか。改善提案とは、現状からステップアップするためのきっかけであり、新たな段階に成長するためのキーポイントです。改善提案がなければ、現状から脱却することなく漫然と事業を運営することになってしまい、大きな失敗はなくてもさらなる成功は見込めません。

競争が激しいビジネスの世界では、現状維持イコールゆるやかな衰退ですから、改善提案を生かして変化に向かって進むことができなければ、企業はゆるやかな滅びの道を歩むことになってしまいます。企業の成長に不可欠な変化への姿勢ですが、ただ変化すればいいというものではありません。

好ましい変化を実現するためには、進むべき道を定める方向付けが必要不可欠ですが、どの方向へ進むべきかを示してくれる道標となるのが改善提案です。改善提案とは、現状で不足しているポイントからアイデアが湧いてくるものですから、提案内容を実現することができれば、企業はより望ましい状態へと変化することができます。改善提案を生かして上手に目標を設定することができれば、時代の変化に対応し業績をさらにのばすことができるでしょう。

もはや企業の常識!改善提案とはどのように取り組むべきものなのか

改善提案とは様々な立場の社員からの意見を受け入れることで成立する!

改善提案とは、必ずしもトップに立つ人間から出るものとは限りません。改善提案とは、日々の業務で気づいたことや顧客の不満をきっかけに生み出されるものであり、立場や役職に縛られず広く受け入れることが重要になります。社長や役員といった立場の人間は会社を経営的観点から見ますが、現場の社員はもっと地に足の着いた地道な視点から会社を捉えます。

業務上不足している部分やうまくいかないポイントは日々発生しますし、顧客からのクレームも日常的に寄せられます。業務における不満点を解消するような改善提案は、現場からしか上がりません。上に立つ立場の人間がどんなに頭を捻っても、現場で実際に汗を流して働いている社員にしか分からないことはたくさんあります。

改善提案とは、改善すべきポイントの最も近くで働く人からの声であればあるほど、実効性が高く有意義な提案である可能性も高まります。改善提案を求めるときは、立場や役職を限定せずに様々な立場の社員からの意見を受け入れましょう。

もはや企業の常識!改善提案とはどのように取り組むべきものなのか

改善提案とは企業が業績を上げる為の手段である!

改善提案とは、企業が業績を上げるための手段の一つでもあります。企業が業績を上げるには、コストを下げるか利益を上げるか二つの方法しかありません。どちらの手段で業績アップを目指すにしても、アイデアがなくては業績アップは望めません。

改善提案とは、企業がよりよい姿に成長するための提案であり、最終的には必ず業績アップに繋がります。社会活動への積極的な参加やボランティア支援など、業績にマイナスに影響するような改善提案もありますが、そのような提案も長期的な視点人立てば、業績にプラスに働きます。

企業が望ましい姿に変化することは、顧客にとって喜ばしいことであるだけではなく企業で働く労働者にとっても喜ばしいことです。優れた改善提案とは、自社・顧客・労働者全てにとって利益をもたらすアイデアですから、最終的には必ず企業の業績アップという結果をもたらしてくれるでしょう。

もはや企業の常識!改善提案とはどのように取り組むべきものなのか まとめ

改善提案とは企業の業績アップに欠かせないものです。改善提案をきっかけに、企業が目指すべき目標を具体的な形で定めることができますし、労働者にとっても顧客にとっても喜ばしい結果をもたらします。優れた改善提案を得るためには、社員から広くアイデアを募りましょう。

改善提案の質と発案者の立場は全くの無関係です。入ったばかりの新入社員にしか出せないような改善提案というものも考えられます。改善提案とは成長の大切な足がかりです。業績をアップ目指して改善提案を活用してください。

もはや企業の常識!改善提案とはどのように取り組むべきものなのか まとめ

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、業務の改善を行うための機能が満載です。

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!