日報の活用術 日報の活用術TOP

企業の業績アップに欠かせない「KPI」とは?

2017年10月4日

「KPI」という言葉をご存知でしょうか?日々数字に追われるビジネスパーソンは、必ず知っておかなければならない言葉です。

KPI とは、達成不可能で非現実的なノルマなどではなく、目標を達成するためにどれだけの仕事をしなければならないのか、ということを表した数値。

がむしゃらに目標に向かう姿勢も大事ですが、正確な計算のもと導き出された指標を出すことで、目標達成に対して努力することができます。企業の業績アップに欠かせない「KPI」について解説します。

KPIの画像

KPIとは何か?多くの企業が指標を導入している理由

KPI とは「Key Performance Indicator」の頭文字をとったもの。日本語にすると、「重要業績評価指標」という意味です。この言葉を説明する上で、KGI(Key Goal Indicator=重要目標達成指標)という言葉を理解することも必要になります。

ビジネスにおいては最終的な「目標」を設定し、その目標をどうやって実現するかという「手段」を考え、その手段が遂行されているかどうかを定量的に測定する「指標」を決めることが必要となります。

KGIとは、目標に対する達成度合いを表すものであり、KPI とは目標達成プロセスの実施状況を計測するために、実行の度合いを定量的に示す数値なのです。KPIの達成がKGI達成にもつながり、ひいては会社の業績を向上することにつながっていくのです。

多くの企業が指標を導入している画像

KPIとは企業が独自に決めた業績評価の指標

KPI とは、目標を達成するために必要とされるプロセスの具体的な数値指標です。例えば、KGIで来週の売り上げ目標を10万円と設定した場合、KPIはテレアポの電話数60件、訪問数100件、新規顧客獲得件数20件、平均受注単価5000円をそれぞれ目標として設定します。

設定の基準は会社によって異なります。業種や扱っている商材が異なりますし、会社によって掲げる最終的な「目標」も異なるためです。

上記の例では営業件数のKPIを取り上げていますが、もちろんこれが検索エンジンからのセッション数であったり、別の数値であることもあります。

KPIの数値はまず会社全体の目標をKGIとして設定した上で、そこから逆算して各部署、社員のKPIを算出するのが一般的です。KPI とは企業が独自に決めた業績評価の指標なのです。

企業が独自に決めた業績評価の指標の画像

KPIとは目標の進捗を確認する際に欠かせない数値

「目標」はある程度長いスパンで設定するケースが多いため、人は日々の仕事をこなすうちに「目標」のことを忘れてしまいがちです。

具体的な数値を用いた「KPI」を定めることで、自分が「目標」を達成するためにどんなパフォーマンス必要かはっきりさせることができます。

また、的確なKGIを定義し、そこから正確なKPIが算出されていれば、自然とKGIが達成されることになります。KPI とは自分の目標に対しての進捗を確認する際に欠かせない数値ということです。

とにかく数字を挙げる!という気持ちだけでは、目標を達成するためにどれだけの行動をとればいいかわからなくなってしまいます。KPI とは、それを確認するに上でも大事な数値といえるでしょう。

日報アプリgamba!でKPIの管理をしよう

日報共有アプリgamba!(ガンバ)は、日報でKPIを管理することが出来ます。しかも、日報と一緒に売上報告するだけで、達成率の推移をグラフ化できます。メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。

今回は、人気の日報アプリ「gamba!」を導入することで、売上前年比250%達成したopzt株式会社代表取締役赤松氏に成功事例を伺いました。

日報アプリの画像

「日報×売上報告」で営業マンの行動量が2倍に!

日報と売上報告が同時にできるので、エクセルの売上表と見比べる手間がなくなりました。

また、1クリックで売上をグラフ化し、進捗が確認できます。達成率が見える化することで競争心が刺激され、「もっと上にいきたい」「褒められたい」といったモチベーションに繋がり、メンバー同士がこれまで以上に切磋琢磨するようになりました。

「褒めるコメント」が部下の行動量を増やす

以前は紙の日報を取り入れていたのですが、私のところに上がってくるまでのタイムロスがありました。

またスタッフが増えるにつれて、「ファインプレーやクレーム、商談内容の共有ができない」「進捗状況や、誰が何をしているのかわからない」といった状況に頭を悩ませていました。

しかしgamba!を導入することで、スタッフの日々の動き、課題、毎日の目標やベンチマーク企業の動きなど、今まで見えていなかったものが見えてきました。そして何よりも、スタッフのモチベーションを高めることができたのです。

日報には「おめでとう」や「よくやったね」「お疲れ様」といったねぎらいの言葉をかけています。またアドバイスを求められたときは絶対に見逃さないようにし、真っ先に的確な指示を出すようにしています。

赤松社長

(左)opzt株式会社赤松社長 (右)株式会社gamba!松田副社長

 

いまなら15日間無料のトライアルを実施中 日報もアプリでスマートに管理する時代。新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

 
全員画像_png

日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!