リーダーシップ 目標達成するチームTOP

理想のリーダー像とは?タイプ別に見るリーダーシップ

2017年1月4日

リーダーシップのある人材が欲しい、という声はよく耳にしますがリーダーシップは一つではありません。成功した集団のリーダーにも色々なタイプが存在し、それぞれの特徴や強みをリーダーシップとして発揮しています。

優秀なリーダーでもメンバーとの相性によっては、十分な結果を出せない可能性もありますし、一見頼りなく見えるリーダーが驚くほど頼もしい働きをすることもあります。凝り固まったリーダーシップ観は本当に有能な人材を見逃す恐れがあります。いろいろなリーダーシップの種類や特徴を知り、本当に優秀なリーダーとは何かを考えてみましょう。

理想のリーダー像とは?タイプ別に見るリーダーシップ

目標を明確に提示する「ビジョン提示型リーダーシップ」

組織にとって進むべき目標を明確に提示し、一丸となって目標達成へ向かって皆を導いていくのが「ビジョン提示型リーダーシップ」です。この種類のリーダーシップは、具体的な目標設定を武器に部下のやる気や意欲を引き出し、確実な成果を上げる能力に優れています。

ビジネスなら売り上げや利益目標といった数値目標を達成するのが得意なタイプで、組織の運営管理やシステム構築に強みを発揮します。思うような成果が出ないときはスピーディーに組織運営を改善し、適時テコ入れをして目標達成を目指します。

この種類のリーダーシップを有するリーダーは、上の人間からすると確実に目標を達成してくれる素晴らしい人材ですが、部下の立場からすると目標第一主義で、取っ付きにくいリーダーという印象を持たれる可能性もあります。ともすればメンバーとの人間関係も事務的になりがちなので、コミュニケーションを十分に取り、メンバーのやる気を引き出していくことが成功の秘訣です。

目標を明確に提示する「ビジョン提示型リーダーシップ」

マンツーマンの指導で部下を成長させる「コーチ型リーダーシップ」

部下の成長を通じて組織として高いパフォーマンスを達成するのが「コーチ型リーダーシップ」です。コーチ型リーダーシップを身につけたリーダーはコミュニケーション能力に優れ、人材育成に優れた手腕を発揮します。

組織にとって人材育成は大きな課題の一つですが、コーチ型のリーダーは部下の能力を引き出すことに優れているので人材豊富な組織が実現します。部下としても自分を成長させてくれたリーダーには恩義を感じるので、強い絆で結ばれたチームワークの良い組織が実現します。

人材を成長させることに強みを発揮するコーチ型リーダーですが、マンツーマン指導のため組織のリーダーとしての仕事が滞りがちになってしまう傾向が強く、長期的な目標達成に向けた組織運営が不得手なケースがよく見られます。

少々のハンデは人材の優秀さで乗り切ろうとする、ある意味ではメンバーの力量に依存する組織運営に陥りがちなので、長期的視点が持てる右腕や参謀役がいないと、方向性を誤ったり、中長期的に組織を成長させることができない可能性があります。

マンツーマンの指導で部下を成長させる「コーチ型リーダーシップ」

チーム内のコンセンサスを重視する「民主主義型リーダーシップ」

チームメンバーのコンセンサスを重視し、すべての意見を尊重した組織運営をするのが「民主主義型リーダーシップ」です。民主主義型のリーダーは、メンバーをグイグイ引っ張っていくような強権型のリーダー像とは無縁です。

ともすれば組織内では一番腰が低く外部の人間から見るとたよりなく見えてしまいがちなのですが、メンバーからは大いに愛され安定的に組織を運営する優れたリーダーです。リーダーシップの種類における民主主義型の特徴は、能力や実績以外でリーダーとしての信頼を得ていることです。

このタイプのリーダーにはメンバーからの信頼が不可欠であり、人柄や愛嬌といった生まれ持った資質も大きく影響しています。組織運営に民主主義を導入すると動きが鈍くなる可能性がありますが、優れた民主主義型リーダーはメンバーの意思を汲みつつスピードを意識することで、組織として確かな実績を残します。

理想のリーダー像とは?タイプ別に見るリーダーシップ まとめ

リーダーシップと聞くと強力なカリスマでメンバーをグイグイ引っ張っていくというイメージを持たれがちですが、実際にはリーダーシップの種類は一つではなく組織運営の方法もさまざまです。部下から恐れられる種類のリーダーもいれば部下に愛されるリーダーもいます。

組織の進む方向やあり方によっても必要なリーダー像は異なります。例えば、長期的な視野を必要とする組織、瞬時の判断が成否を分ける組織、確実な成果を上げることを求められる組織など組織に求められるミッションによって必要なリーダーシップが変化します。そして、リーダーシップの種類によっても組織のあり方が大きく変わります。よって、望ましい成果を上げるにはどんなリーダーシップが必要なのかを、まず考えることが組織運営の成功につながります。

メンバーの信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。

理想のリーダー像とは?タイプ別に見るリーダーシップ まとめ

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!