新入社員教育 日報の活用術TOP

上司と部下の協力が必須!新入社員教育で実践したい4つのこと

2017年2月14日

期末の追い込みが始まる前に、新入社員の育て方をじっくりと検討しておきましょう。新入社員を効果的に成長させるためには、部下の協力が欠かせません。では、部下とともに新入社員を育てる際、どのような方法をとると良いのでしょうか。

上司と部下の協力で新入社員は育つ画像

新入社員教育で実践したいこと①一緒に育成計画をたてる

新入社員の指導は、行き当たりばったりではうまくいきません。どのように指導を進めるか計画を立て、上司と部下が計画を共有し指導に当たると効果的に指導を進めることができます。指導計画は、新入社員を直接育てる教育担当者に立てさせましょう。

その際、何をどういう手順で教え、どういう仕事を実際にさせるのかという細かいところまで計画に盛り込むようにしてください。上司は計画を確認し、不十分な点があればアドバイスをしましょう。

計画ができたら、教育は部下に任せ、口を挟まないよう心がけましょう。口を挟むと部下のやる気を奪うことになります。部下を信頼して任せることで、新入社員だけではなく教育を担当する部下の成長にもつながります。

一緒に育成計画をたてる画像

新入社員教育で実践したいこと②新人教育係に指導方法を教える

部下が新入社員の指導に当たる前に、効果的な指導方法を確認しておきましょう。せっかく綿密な計画を練っても、指導の仕方を間違えてしまうと新入社員のモチベーションが下がり、成長が望めません。

新入社員に仕事を習得させるためには、実際の業務の中で仕事に必要な知識や技能、態度などを計画に沿って伝えると効果的。新人教育係が仕事を一緒に取り組み、仕事の手順を実際に新入社員に見せます。実際に作業を見ることで、仕事に見通しを持ちやすくなります。

新入社員に実際に仕事をしてもらうときは、新入社員の能力を見極め、無理のない範囲で少しずつ指導を進めましょう。新入社員が作業をしている際は、ミスや失敗を指摘するよりも、上手くいっている点を伝えて安心させるほうが自信をもって仕事に取り組めるようになります。

改善してほしい点は、良い点を伝えてモチベーションがあがったところで伝えるようにしましょう。そうすることで、アドバイスを前向きにとらえ、生かすことができます。以上の指導方法を部下と確認し、指導に当たってもらうようにしましょう。

新人教育係に指導方法を教える画像

新入社員教育で実践したいこと③コーチングを学ばせる

人を育てるには、コーチングの技術が役立ちます。新入社員の指導を担当する部下には、指導に当たる前にコーチングを学ばせておくと効果的。コーチングとは、相手に直接アドバイスをして指導をするのではなく、相手に問いかけることで自分自身で考えさせ、答えを引き出すアプローチです。

「自分は同期に遅れをとっている」と悩む新入社員に「焦らなくても大丈夫だよ」となぐさめたところで気休めにしかなりません。かといって「ここが悪いからこうしろ」と言うと、さらにモチベーションを下げてしまいます。

そんな時、「どうしてそう思うの?」「これからどうしたいの?」などと質問を繰り返すと、自分の行動を振り返り考えるきっかけになります。人から言われるのではなく自分自身で気づくことで、自ら解決に向けて動き出すことができます。

教育担当の部下には、あらかじめコーチングの書籍やセミナーなどを利用して、コーチング理論を学ばせておきましょう。コーチング理論は新入社員の指導だけではなく、今後の仕事にも役立てることができ、部下自身のスキルアップにもつながります。

コーチングを学ばせる画像

上司と部下の協力が必須!実践したいこと④状況に応じて介入する

新入社員の指導が始まったら、上司は状況を確認しつつ見守りましょう。状況の確認に便利なのが、日報です。日報を上手く活用することで日々の業務に追われる忙しい上司でも、無理なく状況を共有することができます。

新入社員と、教育担当の部下、上司の3者で日報を共有します。上司は日報を通して状況を見守り、何か問題が起こったときは、相談に乗るようにしましょう。指導の内容を見て、上手くいっている点はそのつど認めていくと、部下、新入社員ともにモチベーションがアップします。

状況に応じて介入する画像

上司の適切なサポートで部下・新入社員ともに成長させよう

新人教育を部下に任せるときは、指導の仕方を部下と十分に確認しておくことが大切。そして部下が指導しやすいよう、上司は部下のサポート役に徹しましょう。新入社員の指導にあたることは、部下自身の成長にもつながります。

新人教育で身につけた指導法は、部下が上司の立場になったときに役立てることができます。部下の成長のためにも上司のサポートは欠かせません。適切なサポートで、新入社員と部下、ともに成長させましょう。新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメ。

上司は新入社員の日報をよく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAサイクルが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

上司の適切なサポートで部下・新入社員ともに成長させよう

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,500社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!