新入社員教育 日報の活用ガイド

新人教育のための日報の書き方3つのポイント(無料テンプレートあり)

多くの企業で、新人の業務への理解を深めるために日報の提出をさせています。

どんな日報を書かせれば、早く仕事を覚え、職場に馴染めるようになるのでしょうか。

ここでは、新人教育のための日報の書き方をご紹介します。無料でダウンロードできるエクセル日報テンプレートもありますので、ぜひお使いください。

①テンプレートを用意する

自由に書くスタイルでは、書き手によって差が出ます。書くべき項目を決め、テンプレートで設定してあげると良いでしょう。新人も何を書けばよいか迷うことはありませんし、しっかり書かせることができます。

新入社員向けの日報テンプレート

新入社員日報テンプレート

新入社員向け 無料のエクセル日報テンプレート ダウンロードリンク

②新人の所感や意見を記入する

自分なりの考察、調べてみたこと、顧客動向など、気づいた点を書かせましょう。所感を書かせることの効果は、以下があります。

  1. 気軽にアイデアや業務改善の提案を発信できる
  2. 先輩からのアドバイスや突っ込みが得られる
  3. 主体性のある社員を育てることができる

③上司がポジティブなコメントを返す

一昔前ならば、飲みに行ってプライベートの相談などをしながら関係構築をしたものですが、最近はそういったコミュニケーション形成は嫌われるようになりました。そこでオススメなのが、日報を活用したコミュニケーションです。

仕事内容や気づいた点を日報として報告してもらい、さらに、そこに上司がコメントをつけていくというような形にすると、自然なコミュニケーションをとっていくことができます。

業務の報告という文脈の上にコミュニケーションを載せることができれば、自然と情報のやり取りを産むことができるのです。

気になったことやアドバイスがあれば、できるかぎりポジティブなコメントを返しましょう。日報の内容がイキイキとしているかは、上司が適確なコメントをつけて、タイミング良く本人にフィードバックしているかどうかにかかっています。

ミスなど失敗の記述があれば、落ち込んだ気持ちで書いたに違いありません。正直に書いたことに対し、「書いてもらって助かった、嬉しかった」と感謝の気持ちを書いて伝えましょう。

新入社員の日報をリーダーはどう扱うべきかの画像

 

日報を活用したコミュニケーションができるアプリ「gamba!(ガンバ)」

日報アプリをご存知ですか?専用システムを導入するとかなりのコストがかかりますが、アプリなら格安で利用することができます。

ここでは今注目の日報アプリgamba!(ガンバ)をご紹介します。

 

①豊富なテンプレート機能

gamba!は、職種や立場に応じて、日報テンプレートをカスタマイズすることができます。テンプレートに沿って今日1日を振り返れば、自然と正しい行動が身につき、習慣化します。

テンプレートは日報だけでなく、商談記録・議事録・業務連絡なども設定できるので、かんたん&スピーディな報告を実現します。

gamba!の日報テンプレート

gamba!の日報テンプレート

 

②目標管理で数字を意識した動きに変わる

名刺交換の数でも構いません。まずは小さな目標を設定して、できることから始めましょう。新人のうちから数字を意識する習慣をつけておくことが大切です。

目標達成にかかせないKPI(プロセス目標)の管理。KPIを共有することで、メンバーのモチベーションや数字への意識が向上し、結果としてチーム全体のパフォーマンスを上げることができます。

日報アプリの画像

gamba!のKPI機能

 

③「日報×社内SNS」だから心理的ハードルが低い

日報は、メンバーにとっては心理的負担があるのも事実。そこで、gamba!は日報に社内SNSの仕組みを取り入れました。

Facebookのような形で、日報をベースに、業務に関わる情報を共有することで、メンバーの心理的負担をなくし、楽しく日報共有ができます。共有が活性化すれば、メンバーのスキルとモチベーションの向上にも繋がります。

gamba!のコメント機能

 

結果の出る日報になるまで、無料でしっかりサポート!

無料コンサルティング

gamba!の駒崎にお任せください!

社内の状況を丁寧にヒアリングしたうえで、会社に応じた日報テンプレート作成のお手伝いをさせていただきます。

一緒に成果の出る日報の仕組みをつくりましょう。

所要時間は30分です。PCもしくはタブレットでお繋ぎします。お気軽にご相談ください。

⇨無料日報コンサルティング申込はこちら

 

お気軽にご相談ください