新入社員教育 日報の活用術TOP

新人教育係が持つべき3つの心構え

2018年1月9日

採用難の中、お金と時間をかけてようやく獲得した新入社員をいかに定着させるか。

企業にとって、とりわけ人事部にとっては大きな課題です。

ようやく獲得した新人を「人財」として業務を遂行してもらえるかどうかは、新人教育の方法次第。

新人教育係が持つべき心構えとは何でしょうか。

新人の画像

新人教育係が持つべき3つの心構え

① 自分も共に成長する機会だと捉える

ルーティンワークは「今までこうしてきたから」という理由だけで、そのやり方が次の社員に受け継がれます。

しかし、新人に説明することで、効率的な進め方に気づくきっかけになります。

また、新人からの提案を積極的に取り入れることで、チームの一員としての自覚を持ってもらう機会にもなります。

 

② 新人に「考えさせる」指導をする

プレイヤーとしても、成果を出すことが求められている教育係。心がけるべきは、新人に「考えさせる」指導をすることです。

自分に求められていることは何か?次に何をすればいいか?を自問し、指示されたこと以上のことを考えさせることが、教育係の仕事を減らします。

新人指導を心がける画像

③ 社内人脈を作る手伝いをする

新人の悩みの大半は、職場の人間関係によるものです。社内人脈を構築する手伝いをしてあげましょう。

この時期に培った人脈が、今後の仕事をスムーズにするカギ。自分の持っている社内の人脈を紹介してあげましょう。

将来、大きな問題に直面した時に、この人脈が解決の糸口を作ってくれます。

さまざまな先輩社員の仕事を見せることで視野を広げ、幅広い仕事ができる社員に育てましょう。

日報アプリを使って新人教育をしよう

日報は新入社員と上司、および他のチームメンバーをつなげる大切なコミュニケーションツールです。上手に活用し、新人を育成しましょう。

今回は人気の日報アプリgamba!をご紹介。gamba!はSNS形式の日報です。

毎日の学びや気づきを投稿し、同期、教育係、上司などと全員で共有することで、新人教育の見える化を実現します。

1_営業部_-_gamba_

 

①学んだことを振り返り、行動を修正できる

日報の書き方がバラバラだと、内容に個人差が出ます。項目をあらかじめ設定することで、報連相漏れをなくします。

gamba!は、毎日の振り返りを促すテンプレートを搭載。何を書こうか悩んだり、日報作成に時間を費やすことはありません。新入社員でも、すぐに日報を書くことができます。

テンプレート

②情報の横展開ができる

同期の日報を読むことは、「あいつ頑張ってるな、オレも負けてられるか!」と切磋琢磨するようになります。

また、ファインプレーをマネることで、全員のスキル向上にも繋がります。

「褒める⇒モチベーションが上がる⇒さらに頑張る!」の繰り返しで、新入社員の行動量は増えるのです。

新入社員研修チーム_-_gamba_

 

③競争心に火がつく

日報と一緒に実績報告をして、達成率の推移をグラフ化できます。

実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

バーなし

 

④チャットもできる!

「成績が思わしくない」「最近覇気がない」と感じる新人には、チャットで個別に連絡を取ることも可能です。

早い段階でのフォローが、新人の早期離職を防ぐのです。

ちゃっと_-_gamba_

 

⑤Googleカレンダーからスケジュールを同期できる

gamba!ならクリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピー!週報の作成もラクラク。

新入社員の予定の把握もカンタンにできます。

カレンダー
 

gamba!で新人教育をしよう

日報アプリgamba!であれば、これまでの新人教育の課題を解消します。

いまなら15日間無料のトライアルを実施中!

日報もアプリでスマートに管理する時代。まずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

全員画像_png

日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!