【無料あり!】備忘録アプリおすすめ10選|メリット・デメリットとは?

最終更新日:2023年10月12日

現代のビジネス環境では、情報が錯綜しており、その管理は日々複雑化しています。特に社内での情報共有やタスク管理は、業績に大きな影響を与える可能性があります。そこで登場するのが備忘録アプリです。しかし、数多くの備忘録アプリが市場に出ているため、どれを選ぶべきか迷ってしまうことも多いでしょう。

この記事では、おすすめの備忘録アプリを10選紹介し、それぞれの特長や機能を比較します。さらに、社内でこれらのアプリを導入する際のメリットとデメリットもしっかりと解説します。情報の一元管理からコラボレーションの強化、そして潜在的なリスクまで、全方位的に考慮した内容となっています。

それでは、効率的な業務運営とスキルアップを目指す皆様、ぜひ最後までお読みください。

備忘録を取る7つのコツとは?

短く簡潔に

備忘録はその名の通り、忘れないようにするための「記録」です。短く簡潔に要点をまとめることで、後で確認した際にすぐに理解できます。具体的には、長々とした文章よりも箇条書きやダッシュリストを用いると、視覚的にも分かりやすくなります。

タグ付け・カテゴリ分け

後で簡単に探せるように、情報ごとにタグやカテゴリで整理すると良いです。例えば「プロジェクトA」と「プロジェクトB」でメモを分けたり、「緊急」「重要」などのタグを使って優先度を示すことができます。

定期的な見直し

週末や月末など、定期的に備忘録を見直す時間を設けましょう。その際、古くなった情報の削除や更新、未完のタスクの確認を行うと良いです。

テンプレート活用

同じような内容のメモを頻繁に取る場合、テンプレートを作ると時短になります。例えば、会議の議事録や進行状況の報告などがそれに該当します。

速やかな記録

アイデアや重要な情報は、頭に思い浮かんだらすぐにメモを取りましょう。スマホのメモアプリや付箋など、手軽に記録できるツールを活用すると便利です。

画像やリンクの挿入

言葉だけでなく、関連する画像やウェブリンクも一緒に記録することで、より具体的な情報を保存できます。これは特にプロジェクトのリソースやリファレンスを追跡する際に役立ちます。

共有とフィードバック

備忘録は個人的なものであることが多いですが、チームで作業している場合は共有することで新たな視点やフィードバックを得られます。これにより、問題点や改善策を共有し、全体の効率を向上させることが可能です。

備忘録アプリを入れるポイント

使いやすさ

操作が直感的であることが重要です。複雑すぎるとスタッフが使いこなせず、効率が落ちてしまいます。

機能性

ノートのタグ付けやカテゴリ分け、リマインダー機能など、業務に必要な機能が揃っているか確認しましょう。

価格

予算に合わせて最適なアプリを選ぶことも重要です。無料版で足りる場合もありますが、ビジネス用途であれば有料プランの検討も。

コラボレーション

複数人で情報を共有する場合、共有機能やコメント機能が充実しているかをチェックしてください。

セキュリティ

機密情報も扱う場合があるため、パスワード保護や二段階認証など、セキュリティ対策が整っているか確認が必要です。

プラットフォーム対応

使用するデバイス(スマートフォン、タブレット、PCなど)に対応しているかも確認しましょう。

カスタマーサポート

何か問題が生じたときに、しっかりとサポートが受けられるかも大切なポイントです。

以上のような要素を考慮し、自社のニーズに最も合った備忘録アプリを選ぶことが、成功の鍵となります。これからアプリ選びに取り組む方は、ぜひこれらのポイントを参考にしてください。

おすすめ備忘録アプリ10選

日報アプリgamba!

gamba!は、日報作成をシンプルかつ効率的に行えるアプリとして、多くのプロフェッショナルに支持されています。しかし、gamba!は日報アプリであるだけでなく、備忘録アプリとしても非常に優れた機能を提供しています。

備忘録としてのgamba!を利用するメリット

  1. シンプルな操作性: gamba!は、直感的なインターフェースを提供するため、備忘録としての利用も非常にシンプルです。新しいタスクやメモを迅速に追加し、それらをカテゴリーや優先度に応じて整理することが可能です。
  2. リアルタイム同期: gamba!は、リアルタイムでデータを同期することができるため、スマートフォンやタブレット、PC間での情報共有がスムーズに行えます。これにより、外出先でもオフィスでも、重要な情報をいつでも確認できます。
  3. チームとの共有: gamba!の強力な共有機能により、チームメンバーと簡単に情報を共有することができます。備忘録を共有することで、プロジェクトの進捗状況やタスクの割り当てを効率的に管理することが可能となります。
  4. カスタマイズ可能なテンプレート: gamba!では、日報のテンプレートをカスタマイズすることが可能です。これにより、備忘録としても自分にとって最も使いやすい形にカスタマイズすることができます。

Simplenote

Simplenoteは、そのシンプルさと効率的な機能により、日々のタスクやアイデア、情報を整理し、管理するのに非常に適した備忘録アプリです。また、クロスプラットフォーム対応といった利便性も手伝って、多くのユーザーに愛用されています。

備忘録としてのSimplenoteを利用するメリット

  1. 洗練されたシンプルなインターフェース: Simplenoteは、そのシンプルかつ洗練されたインターフェースで知られており、どんなユーザーでも簡単に使い始めることができます。余計な機能やボタンは一切なく、メモを取ることに集中できます。
  2. クロスプラットフォーム対応: Simplenoteは、iOS、Android、Mac、Windows、Linux、そしてWebで利用可能で、デバイス間でのシームレスな同期が可能です。これにより、どこからでも自分のメモにアクセスし、管理することができます。
  3. タグとピン留め機能: 重要なメモをピン留めしたり、関連するメモにタグを付けることで、情報を効率的に整理し、後で簡単に見つけることができます。
  4. バージョン履歴と共有機能: Simplenoteでは、メモのバージョン履歴を確認することができ、以前のバージョンに戻すことも可能です。また、メモを他の人と共有し、コラボレーションを行うことも簡単です。
  5. Markdown対応: Markdownを利用してメモを整形することができます。これにより、視覚的にも整理され、読みやすいメモを作成することができます。

Evernote

多機能で使いやすいEvernoteは、日常のタスク管理や情報の整理に優れた備忘録アプリです。豊富なメモ作成ツールと強力な検索機能、そして共有・コラボレーション機能を利用することで、個人でもチームでも、効率的な情報管理とコミュニケーションを実現できます。

備忘録としてのEvernoteを利用するメリット

  1. 豊富なメモ作成ツール: Evernoteは、テキストメモだけでなく、画像やPDF、音声メモなど多岐にわたるメディアをサポートしています。これにより、さまざまな形式の情報を一元管理することが可能となります。
  2. 強力な検索機能: Evernoteの検索機能は非常に強力で、テキストだけでなく画像内のテキストや手書きのメモからもキーワードを検索することができます。
  3. ノートブックとタグによる整理: ノートブックとタグを利用してメモをカテゴリ別に整理することができます。これにより、情報を効率的に管理し、必要な時にすぐにアクセスできます。
  4. 共有とコラボレーション: Evernoteは、メモやノートブックを他のユーザーと共有し、リアルタイムでコラボレーションすることも可能です。これにより、チームでのプロジェクト管理や情報共有が効率化されます。
  5. テンプレート機能: さまざまなテンプレートを利用して、日常のタスクリストや会議の議事録などを簡単に作成できます。また、自分自身でテンプレートを作成し、繰り返し利用することもできます。
  6. クロスプラットフォーム対応: Evernoteは、ほとんどのデバイスとOSで利用可能であり、データはクラウドで同期されるため、どこからでもアクセスできます。

Notion

Notionは備忘録アプリとしての基本機能を備えながらも、その多機能性と拡張性により個人の情報管理からチームでのプロジェクト管理まで幅広いシーンで利用できます。情報を効率的に整理し、共有することで、日常のタスク管理をスムーズに行い、生産性を向上させることが可能です。

備忘録としてのNotionを利用するメリット

  1. 多様なコンテンツタイプ: Notionではテキスト、画像、リンクだけでなく、表やデータベース、カンバンボードなど多くのコンテンツタイプをサポートしています。これにより、多様な情報を一つのプラットフォームで効率的に管理できます。
  2. 階層構造とページ内ページ: Notionではページ内にサブページを作成し、階層構造を作ることができます。この機能により、プロジェクトやタスクを階層的に整理し、情報を簡単にナビゲートできます。
  3. タグとカテゴリーによる整理: タグとカテゴリーを使用して、メモやタスクを効率的に整理できます。これにより、関連する情報を瞬時に検索し、アクセスすることができます。
  4. 共有とコラボレーション: Notionは共有とコラボレーションに強く、チームメンバーとリアルタイムで情報を共有し、協力して作業を進めることができます。
  5. テンプレート機能: さまざまなテンプレートを利用し、日常のタスクリストやプロジェクトの計画、会議の議事録などを簡単に作成できます。
  6. クロスプラットフォーム対応: Notionは、Web、iOS、Android、Mac、Windowsで利用可能であり、どこからでもアクセスし、情報を管理することができます。

LINE Keep

LINE Keepは、その手軽さとシンプルなデザインにより、日常の情報管理をスムーズに支援する備忘録アプリです。LINEアプリ内に組み込まれたこの機能は、忙しい日常の中で重要な情報を素早くキャプチャし、整理するのに非常に便利です。さらに、友人との情報共有も簡単で、日常のコミュニケーションをさらに効果的にすることができます。

備忘録としてのLINE Keepを利用するメリット

  1. 簡単なアクセスと使いやすさ: LINE Keepは、LINEアプリ内に組み込まれているため、特別なアプリをダウンロードすることなくすぐに利用開始できます。シンプルなインターフェースは、直感的に操作でき、情報を素早く保存することができます。
  2. テキスト、画像、動画の保存: メモだけでなく、画像や動画も簡単に保存できます。これにより、さまざまなタイプの情報を一元管理することが可能です。
  3. タグ付け機能: 重要なメモにタグを付けることで、後で簡単に検索し、整理することができます。
  4. 友人との共有: LINEと連携しているため、保存したメモを簡単に友人と共有できます。これにより、重要な情報をすぐに共有し、コミュニケーションを効果的に行えます。
  5. クロスデバイス対応: LINEアカウントを通じて、異なるデバイスからも保存した情報にアクセスできます。これにより、PCやスマートフォン、タブレット間で情報をシームレスに管理できます。

ColorNote

ColorNoteは、その多様な機能と使いやすさで、日常生活や仕事における情報管理とタスク管理を劇的に助けることができる備忘録アプリとして非常に有用です。カラーコーディング、リマインダー、カレンダー管理などの機能は、ユーザーが日々のタスクを効率的に管理するのに役立ちます。また、ノートのロックやバックアップ機能は、重要な情報のセキュリティと保存を保証します。

ColorNoteの特徴:

  1. テキストノート & チェックリスト:
    • テキスト情報用のテキストノートと、ToDoリストや買い物リストなどのさまざまなリスト用のチェックリストを作成できます。リストの項目は、完了したらチェックオフできます​。
  2. カラーコーディング:
    • ノートを色でコード化して整理することができます。色グループを名前付けし、その色グループにいくつのノートがあるかを確認できます​​。
  3. スティッキーノート機能:
    • ウィジェットを使ってホーム画面にスティッキーノートを配置できます。これにより、ノートが常に視界に入るため、見逃すことがありません​​。
  4. リマインダー設定:
    • ノートに時刻リマインダーを設定するか、ノートをステータスバーにピン留めすることができます。これにより、タスクを効率的に完了することができます​​。
  5. カレンダーによるスケジュール管理:
    • カレンダー上でノートを取ることでスケジュールを管理できます。指定した日付にノートがリマインドされます​。
  6. ノートのロック:
    • マスターパスワードでノートをロックし、マスターパスワードなしでは誰もアクセスできなくなります​。
  7. ノートの共有:
    • SMS/MMS、メール、メッセンジャー、SNSなどのさまざまなツールを使用して、友人にノートを送信できます​​。
  8. ノートのアーカイブ:
    • アーカイブを使用して、頻繁にアクセスする必要はないが、いつか必要になるかもしれない情報を含むノートを保存できます​​。
  9. ノートのバックアップ:
    • ColorNoteはオンラインバックアップだけでなく、デバイスバックアップも提供しています。これにより、ノートの紛失を防ぐことができます​​。
  10. オートリンク機能:
    • ノートに保存された電話番号を直接呼び出したり、URLに自動的に移動したり、地図上で位置を確認したり、電子メールを送信したり、ノートを別のノートにリンクしたりできます​。

Stock

「Stock」は、そのシンプルなデザインとチームとの情報共有・管理機能により、プロジェクトの進行をスムーズにする強力なツールとなっています。情報の効率的な管理とチームとの連携を向上させたいユーザーにとって、Stockは非常に価値のある選択肢となるでしょう。

備忘録としてのStockの利点:

  1. シンプルで直感的なインターフェース: Stockは、他のツールよりもシンプルで、誰でも簡単に使用を開始できるよう設計されています。このシンプルさは、情報のキャプチャと整理を迅速かつ効率的に行えることを意味しています。
  2. チーム情報の効率的な管理: Stockは、「チーム情報を保存する最もシンプルなツール」と評されており、チームとの情報共有と管理を容易にします。
  3. 安全で効率的なノート管理: Stockは、「最も簡単で安全なノート管理アプリ」として推奨されています。これにより、ユーザーは安心して情報を管理できます。
  4. チームとの情報共有の容易さ: Stockは、チームの情報を簡単に共有し、管理することが可能で、特にチームノートの共有と管理に最適なアプリとされています。

Microsoft OneNote

Microsoft OneNoteは、その高機能性と柔軟なカスタマイズオプションにより、優れた備忘録アプリとなっています。多様なメモ作成ツールと効率的な情報管理機能を利用することで、日常のタスク管理やプロジェクトの進行を大いに助けることができます。また、共有とコラボレーション機能により、チームとのコミュニケーションも向上し、効率的なプロジェクト管理を実現できます。

備忘録としてのMicrosoft OneNoteを利用するメリット

  1. 広範なメモ作成ツール: OneNoteは、テキスト、画像、音声、ビデオ、そして手書きメモを含むさまざまなタイプのメモ作成をサポートしています。これにより、多様な情報を効率的にキャプチャし、整理することが可能です。
  2. 階層的なノート構造: ノートブック、セクション、ページという階層的な構造を利用して、情報を整理し、必要な情報を迅速にアクセスできます。
  3. タグ付けと検索機能: タグ付けと強力な検索機能により、重要な情報をすばやく見つけることができます。さらに、手書きのメモや画像内のテキストも検索対象となります。
  4. 共有とコラボレーション: OneNoteは、メモやノートブックを他のユーザーと共有し、リアルタイムでコラボレーションすることが可能です。これにより、チームとのコミュニケーションとタスク管理が効率化されます。
  5. テンプレート機能: さまざまなテンプレートを利用して、日常のタスクリストや会議の議事録などを簡単に作成できます。また、カスタムテンプレートを作成し、繰り返し利用することも可能です。
  6. クロスプラットフォーム対応: OneNoteは、Windows、Mac、iOS、Androidで利用可能であり、異なるデバイス間で情報をシームレスに同期できます。

Google Keep

Google Keepは、そのシンプルさと多様な機能により、日常のタスクと情報を効率的に管理する強力な備忘録アプリです。カラフルで直感的なデザインは、情報を素早くキャプチャし、日常をスムーズに進めるのに非常に便利です。また、共有とコラボレーション機能を利用することで、チームとのコミュニケーションも向上し、プロジェクトの効率的な管理を実現できます。

備忘録としてのGoogle Keepを利用するメリット

  1. シンプルで直感的なインターフェース: Google Keepのデザインはシンプルで直感的であり、ユーザーはすぐにメモを作成し、タスクを管理することができます。カラフルなメモは視覚的に魅力的で、情報を素早く見つけるのに役立ちます。
  2. 多様なメモ作成オプション: テキストメモの作成、チェックリスト、画像や音声メモの追加など、多様なメモ作成オプションがあります。これにより、さまざまな形式の情報を効率的にキャプチャし、整理することが可能です。
  3. ラベルとカラーでの整理: ラベルとカラーコードを利用してメモを整理することができます。これにより、関連するメモを簡単にグループ化し、必要な情報を素早く見つけることができます。
  4. リマインダー機能: Google Keepには、特定の時間や場所に基づいてリマインダーを設定する機能があります。これにより、重要なタスクやアポイントメントを忘れることなく管理できます。
  5. 共有とコラボレーション: メモを簡単に他の人と共有し、リアルタイムでコラボレーションすることができます。これにより、チームとのコミュニケーションとタスク管理が効率化されます。
  6. クロスプラットフォーム対応: Google Keepは、ウェブ、Android、iOSで利用可能であり、Googleアカウントを通じて情報を同期することができます。これにより、どのデバイスからでも情報にアクセスし、管理することができます。

社内で備忘録アプリを導入するメリット

情報の一元管理

重要なメモやアイデア、タスクリストを一箇所で管理できます。これにより、情報を探す時間が減少し、業務効率が向上します。

コラボレーションの強化

複数人での情報共有が容易になります。アプリによっては、リアルタイムでの編集やコメントが可能なものもあり、チームワークが高まります。

タスク管理と効率化

備忘録アプリにはしばしばタスク管理機能も付属しています。これにより、進行中のプロジェクや個々の業務を効率よく管理できます。

モバイル対応

スマートフォンやタブレットからもアクセスできるアプリが多いため、外出先やリモートワーク時でも手軽に情報にアクセスできます。

データのバックアップ

クラウドストレージを活用しているアプリでは、データのロスリスクが低くなります。万が一のデバイス故障やデータ消失でも安心です。

自動整理・検索機能

タグ付けやカテゴリ分けにより、必要な情報をすぐに見つけ出すことができます。一部のアプリではAIを使った高度な検索も可能です。

社内で備忘録アプリを導入するデメリット

導入コスト

高機能なアプリはしばしば有料であり、多くのメンバーで使用する場合、費用が嵩むことがあります。

学習コスト

新しいツールを導入する際は、スタッフが使い方を覚える時間が必要です。これが業務に一時的な負荷をかけることがあります。

セキュリティリスク

社外に情報を保存する場合、セキュリティの問題が考慮される必要があります。特に機密情報を扱う場合は慎重な選定が求められます。

データの散逸

アプリが多機能すぎると、情報が散逸しやすくなる可能性があります。結局、何がどこに保存されているのかわからなくなることも。

プラットフォーム依存

一部のアプリは特定のプラットフォーム(iOS、Android、Windows等)にしか対応していない場合があり、全員がアクセスできないことも。

サポート・アップデート問題

長期間使い続ける場合、サポートが終了したり、アップデートで使い勝手が変わるリスクもあります。

まとめ

本記事では、業務効率化と情報管理に役立つ備忘録アプリのおすすめ10選をご紹介しました。各アプリはそれぞれにユニークな機能と特長を持っており、用途や環境に応じて最適な選択ができるでしょう。また、社内での導入におけるメリットとデメリットも考察しました。情報の一元管理とコラボレーションが向上する一方で、導入コストやセキュリティ面での慎重な検討が必要です。

この記事が、より効率的な業務運営と情報管理の一助となれば幸いです。何か一つでも参考になる情報があれば、そのアプリを導入して業務効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

今後も、時短・効率化を追求する皆様のために有益な情報を提供していきますので、どうぞお楽しみに。

目標達成の関連記事

日報とは?メリットや書き方、フィードバックする際のポイントや注意点まで解説

いますぐ残業をなくそう!働き方改革をすべき3つの理由とは?

いますぐ残業をなくそう!働き方改革をすべき3つの理由とは?

目標達成に欠かせない3つのこと

目標達成に欠かせない3つのこと

新人教育 3つのポイント!良い接し方&悪い接し方

新人教育 3つのポイント!良い接し方&悪い接し方

チームが成長しモチベーションを上げる!フィードバックの書き方

モチベーションを上げる!日報のフィードバックの書き方

お気軽にご相談ください

新着情報

【新機能追加予定のお知らせ】AIによる日報レビュー機能を5月8日に実装予定です。

【2024/4/19 1:00~3:00】メンテナンスに伴うサービス一時停止のお知らせ

outlookカレンダーの連携ができるようになりました

ダウンロードデータが直接Googleドライブに保存できるようになりました。

「日報アプリgamba!」、ITreview Grid Award 2024 Winterの最高位「Leader」を受賞

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!