【実例解説!】ペーパーレスとは?メリット・デメリット

最終更新日:2023年9月25日

最近、あちこちのオフィスや学校で「ペーパーレス」の言葉を耳にすることが増えてきました。でも、ペーパーレスとは具体的にどういうことなのでしょうか?そして、本当にペーパーレス化することで、どのようなメリットがあるのか、デメリットはあるのか、気になりませんか?

この記事では、ペーパーレスの本質を4つのポイントで詳しく解説します。また、会社でのペーパーレスの具体例もご紹介。これからペーパーレスを考えている方、すでに導入しているがさらに深めたい方に、是非とも読んでいただきたい内容となっています。一緒に、ペーパーレスの世界を探求してみましょう!

ペーパーレスとは?

「ペーパーレス」とは、文字通り「紙を使わない」という意味を持つ言葉です。しかし、この言葉の背後には、単に紙を使わないこと以上の深い意味が込められています。ペーパーレスは、情報をデジタル化し、紙の代わりに電子データとして扱う取り組みを指します。オフィスでの書類や契約、学校での教材や試験、さらには日常生活でのレシートや通知など、あらゆる情報がデジタルフォーマットで保存・共有・管理される時代へと移行しています。

このペーパーレス化の動きは、環境問題への取り組みや効率的な情報管理、リアルタイムでの情報共有など、さまざまな背景により加速されています。特に企業活動においては、ペーパーレス化によるコスト削減や業務の効率アップが期待されています。

しかし、ペーパーレスの導入にはメリットだけでなく、デメリットや注意点も存在します。これからのページで、その詳細について深掘りしていきましょう。

ペーパーレスが注目される4つの背景とは?

ペーパーレスの取り組みは、近年の社会の変化とテクノロジーの進化が大きく関与しています。以下は、ペーパーレスが注目される背景として挙げられる要因です。

  1. 環境への配慮: 森林の減少や環境破壊は地球規模での問題となっており、紙の生産・消費を減少させることは、環境保護の一環として非常に重要です。ペーパーレスは、持続可能な社会を目指す動きとして注目を集めています。
  2. 情報の即時性: デジタル化された情報は、リアルタイムでの共有や更新が可能です。これにより、業務の迅速化や効率アップが図れるため、多くの企業や組織がデジタル化を推進しています。
  3. コスト削減: 紙や印刷にかかるコスト、保管スペースの問題、物理的な配送に伴う時間とコストなど、従来の紙ベースの情報管理は多くのコストを伴います。ペーパーレス化により、これらのコストを大きく削減することができます。
  4. データのセキュリティ: デジタルデータは、適切なセキュリティ対策を講じることで、物理的な紙の書類よりも安全に管理することができます。災害時のリスク軽減や、情報の漏洩防止の観点からも、デジタル化のメリットは大きいです。

このように、ペーパーレスはただのトレンドや流行ではなく、現代社会の多くの課題への解決策として期待されています。

ペーパーレスをするメリット

ペーパーレス化が進む中、その背後には多くのメリットが存在しています。以下は、ペーパーレスの主な利点を挙げたものです。

  1. 環境保護: 紙の使用を減少させることで、森林破壊のリスクを減少させることができます。これにより、環境負荷を軽減する効果が期待できます。
  2. 効率的な情報管理: デジタル化された情報は、検索や整理が簡単で、アクセスも迅速です。これにより、業務の効率化が図れます。
  3. コスト削減: 紙や印刷コスト、保管スペース、配送コストなどの節約により、経費を大きく削減することができます。
  4. リアルタイムの情報共有: デジタルデータは、即座に共有や編集が可能です。これにより、チームの連携やクライアントとのコミュニケーションがスムーズになります。
  5. 災害リスクの軽減: データのバックアップが容易になるため、火事や水害などの自然災害から情報を保護することができます。
  6. セキュリティの向上: 適切な暗号化やアクセス制限を施したデジタルデータは、物理的な紙の書類よりもセキュリティが高まります。

ペーパーレスをするデメリット

ペーパーレスは多くの利点がある一方、いくつかのデメリットや課題も存在しています。以下は、ペーパーレスの主なデメリットを挙げたものです。

  1. 技術的障壁: すべての人がデジタル技術に精通しているわけではありません。新しいシステムの導入や利用には、一定の習熟時間や教育が必要です。
  2. 初期コスト: ペーパーレス化のためのツールやシステムの導入には、初期投資が必要となる場合があります。
  3. データの紛失リスク: ハードウェアの故障やソフトウェアのバグ、サイバー攻撃など、デジタルデータは様々なリスクにさらされています。
  4. 電源の依存: 電気が供給されていない場所や停電時には、デジタルデータへのアクセスが制限される可能性があります。
  5. 情報の過多: デジタル化により情報が増加し、情報の管理や整理が難しくなることがあります。

ペーパーレスをする実際の事例を紹介

ペーパーレスをするため新しいツールやシステムを導入する際、その背景や目的を明確にスタッフ全員に伝えることで、理解と協力を得やすくなります。株式会社ランドハウスでは、日報の提出率向上のためにgamba!を導入しました。

使いやすさを重視: 特にテクノロジーに慣れていない方がいる場合、使いやすさが重要です。gamba!のような直感的なアプリの選択は、導入の成功につながります。

直接のサポート: システムの使い方に不慣れなスタッフには、一人ずつ直接説明することで、理解を深め、実際の使用をスムーズに進めることができます。

効果のフィードバック: システム導入後の効果や変化を定期的にフィードバックし、そのメリットを共有することで、スタッフのモチベーションを維持しやすくなります。例えば、株式会社ランドハウスでは、タイムリーな情報共有や日報作成の時間短縮などの実際の効果を共有しています。

まとめ

ペーパーレスは、紙の文書を電子データとして管理する近代的な取り組みです。環境の保護や業務の効率化に貢献しながら、多くのメリットを生み出します。しかし、セキュリティや初期投資の課題も存在します。

株式会社ランドハウスの成功事例は、導入の際の参考として非常に有益です。その鍵は、適切な計画と持続的なコミュニケーションにあります。この取り組みを進める際、全体的なビジョンと実用的なアドバイスをバランスよく取り入れることが重要です。

ペーパーレス化をするなら「日報アプリgamba!」

株式会社ランドハウスのように、現場作業の日報をリアルタイムで共有することが可能。この迅速な情報共有は、次の工程の準備をスムーズに進める助けとなります。

下記に4つのポイントをまとめます。

1. 利用者のニーズに応える使いやすさ: 年齢やデジタル慣れに関係なく、誰もが使いやすいと感じるアプリの構成。直感的な操作で、初めての方もすぐに利用を開始できます。

2. コストと時間の削減: 伝統的な紙ベースの日報作成・回覧にかかる時間やコストを大幅に削減。ペーパーレス化による経済的なメリットを具体的に実感することができます。

3. 持続的なサポート: gamba導入後も、疑問や不明点が生じた際のサポート体制が整っています。これにより、導入初期のトラブルや疑問を迅速に解決し、円滑な業務運用をサポートします。

4. 環境保護への取り組み: 紙の使用を減らすことで、企業の環境負荷を低減。持続可能なビジネスを目指す企業には、gambaのようなペーパーレス化ツールが最適です。

お役立ちブログの関連記事

【オンデマンドセミナー】日報のプロが教える分かりやすい文章の書き方① 〜PREP法〜

【お勧めツール紹介】仕事のミスを減らすチェックシートの活用術

アイデアを引き出すためにリーダーがすべきこと④アイデアや意見が出やすいチームの作り方

【簡単解説!】「OKR」とは?具体例を解説

gamba!開発チームは日報をどう振り返りに活用しているのか?

お気軽にご相談ください

新着情報

視座とは?視座が高い人の特徴やメリット・高める方法について紹介

視座とは?視座が高い人の特徴やメリット・高める方法について紹介

ラポールとは?ビジネスでの重要性やラポール形成を成功させる手法を解説

ラポールとは?ビジネスでの重要性やラポール形成を成功させる手法を解説

レジリエンスとは?ビジネスにおけるメリットや高める方法を解説

レジリエンスとは?ビジネスにおけるメリットや高める方法を解説

内省とは?意味やビジネスでの効果的なアプローチや実践方法を紹介

内省とは?意味やビジネスでの効果的なアプローチや実践方法を紹介

ファシリテーションとは?効率的な会議にするために抑えておくポイントやスキルを紹介

ファシリテーションとは?効率的な会議にするために抑えておくポイントやスキルを紹介

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!