【無料あり】おすすめ12個の1on1ツール紹介|メリット・デメリット徹底解説

最終更新日:2023年9月20日

近年、効率的なコミュニケーションと業務進行が求められる中、1on1ツールがビジネスシーンでの注目を浴びています。この記事では、特におすすめの12の1on1ツールを紹介し、それぞれのツールが持つメリットやデメリットを詳しく解説していきます。

これから初めて、1on1ツールを導入を考えている方や、ツール選びで迷っている方にとって、参考になる情報を提供したいと思います

1on1ツールとは?

1on1ツールは、従業員同士、または上司と部下の間でのコミュニケーションをサポートするツールのことを指します。

これらのツールは、主にマネジメントやチームビルディングの一環として使用され、個人の成果や進捗、さらにはキャリアの目標や懸念など、さまざまなトピックに関するフィードバックや対話を効果的に行うことを目的としています。

なぜ1on1ツールがビジネスで重要なのか?

近年、企業内のコミュニケーションの質や効率を向上させることは、組織の生産性や従業員の満足度に大きく影響するとの認識が強まっています。1on1ツールは、以下のようなメリットを持っているため、多くの組織での導入が進められています。

  1. 定期的なフィードバック: 従業員のパフォーマンスや懸念をリアルタイムで共有し、即座に対応することが可能です。
  2. 個別のニーズに対応: チーム全体のミーティングとは異なり、1on1のセッションでは個人のニーズや問題点に焦点を当てることができます。
  3. 効果的なコミュニケーション: 直接的なコミュニケーションを促進し、誤解やコミュニケーションの障壁を減少させます。

このように、1on1ツールは組織内のコミュニケーションを強化し、より効果的なフィードバックやサポートを提供するための強力なツールとしての役割を果たしています。組織のサイズやニーズに応じて、最適なツールを選択し活用することで、業務の効率化や従業員のモチベーション向上に繋がるでしょう。

1on1ツールおすすめ12選を紹介!

日報アプリgamba!

1on1のミーティングは、上司と部下、またはチームメンバー同士のコミュニケーションを深化させるための重要な時間です。gamba!は、この1on1をよりスムーズに、そして効果的に進めるための機能を持っています。

  • 直感的なインターフェース: 初めての方でもすぐに使いこなせるシンプルなデザイン。
  • 日報の履歴参照: 過去の日報を簡単に振り返り、1on1の議題を設定する際の参考に。
  • 目標設定機能: 1on1での話し合いをもとに、具体的な目標を設定し、進捗を共有。
  • フィードバック機能: 直接的なフィードバックを送ることで、コミュニケーションを円滑に。

料金

  • 1ユーザーあたり月額980円

おすすめしたいユーザー

  • 1on1を定期的に実施している組織のリーダー: 効果的な1on1を実施したいマネージャーやリーダーに。
  • コミュニケーションの質を上げたい組織: メンバー間のコミュニケーションをより深化させたい組織に。
  • 新しいツールを導入して業務効率化を図りたい企業: 最新のITツールを活用して、業務の効率化を目指す企業に。

カオナビ

引用元サイト→カオナビ公式サイト

カオナビは、1on1を効果的にサポートする多彩な機能を持っています。

カオナビの特徴

  • 人材情報の一元化・見える化: 常に変化する人材情報を柔軟に設計されたデータベースで一元化。
  • 人事業務の効率化: 現場からの情報集約を効率的に行い、人事業務のアウトプットも簡単に。
  • 経営の意思決定支援: 優秀な人材の抜擢など、経営の意思決定に人材データを直接活用。
  • 評価運用の効率化: 紙やエクセルからの脱却を実現し、評価業務の運用をクラウド化。

料金について

カオナビは、シンプルな料金体系を採用しています。具体的な料金は、ご利用人数や選択する機能の組み合わせによって異なります。詳しい料金情報やお見積もりについては、公式サイトをご参照ください。

おすすめのユーザー

  • 1on1を重視する組織のリーダー: 1on1の質を向上させたいマネージャーやリーダーに。
  • 人事データを活用した経営を目指す組織: 経営の意思決定に人材データを活用したい組織に。
  • 人事業務の効率化を図りたい企業: 人事業務のアウトプットを簡単にし、業務の効率化を目指す企業に。

HRBrain

引用サイト→HRBrain公式サイト

HRBrainは、多くの企業が人事・労務業務の課題を解決するための強力なツールとして利用しています。特に、初めての導入でも使いやすさを追求している点や、多様なサービスの提供が魅力的です。これからの人事業務の効率化を考えている企業には、ぜひとも検討していただきたいサービスです

特徴

  1. 誰でも簡単操作: 初めての方でも安心して使える使いやすさを重視したシステム設計がされています。
  2. 組み合わせ自由: 既存システムとの連携も可能で、組織毎の課題に合わせたチョイスができます。
  3. サポート充実: 顧客満足度No.1のサポート体制を持っており、初期設定から運用支援までサポートが受けられます。
  4. 多様なサービス: HRBrainシリーズは、人事・労務業務の効率化と人材データの管理・分析をサポートする一元化されたシステムです。全6つのプロダクトを提供しており、貴社の課題に合わせて選択することができます。

料金

HRBrinは、シンプルな料金体系を採用しています。具体的な料金は、ご利用人数や選択する機能の組み合わせによって異なります。詳しい料金情報やお見積もりについては、公式サイトをご参照ください。

おすすめしたいユーザー

  • 人事・労務業務の効率化や人材データの管理・分析を求める企業。
  • 初めてタレントマネジメントシステムを導入する企業や、使いやすさを重視する企業。
  • 既存のシステムとの連携を考えている企業。顧客満足度の高いサポートを求める企業。

タレントパレット

引用元サイト→タレントパレット公式サイト

タレントパレットは、科学的な人事戦略を実現するためのタレントマネジメントシステムとして、多くの企業に導入されています。特に、人材データの一元化・分析や、組織の力を最大化するための機能が充実しています。これからの人事戦略を考えている企業には、ぜひとも検討していただきたいサービスです

特徴

  1. 科学的人事戦略: 人材データを一元化・分析し、組織の力を最大化させるタレントマネジメントシステム。経営・人事戦略の意思決定の高度化、次世代人材の育成、最適配置、離職防止、採用強化などの科学的人事戦略を実現します。
  2. 人材の見える化: 人材データを社員に紐づけて一元管理し、横断的にデータを蓄積。抜擢・育成に活用します。
  3. エンゲージメント向上: 社員のモチベーションやエンゲージメントを把握し、変化を察知して迅速にフォローを実現します。
  4. 人事評価の効率化: MBO、OKR、360度評価、コピテンシー評価など多彩な評価制度に対応。甘辛調整や承認フローもワンストップで実現します。
  5. 離職防止/予兆の検知: 離職者の特徴を分析し、現職社員の予兆を検知。独自のテキストマイニング技術で離職危険スコアを算出します。

料金

タレントパレットは、シンプルな料金体系を採用しています。具体的な料金は、ご利用人数や選択する機能の組み合わせによって異なります。詳しい料金情報やお見積もりについては、公式サイトをご参照ください。

おすすめしたいユーザー

  • 人材データを一元化・分析し、組織の力を最大化させたい企業。
  • 人事業務を効率化するだけでなく、人材データを分析・活用して経営・人事戦略の意思決定を高度化したい企業。
  • 離職防止や採用強化などの科学的人事戦略を実現したい企業。

emochan

引用サイト→emochan公式サイト

emochanは、1on1の質を高めるための支援ツールとして、多くの組織やマネジャーに利用されています。特に、面談の内容や進行が属人化してしまっている組織には、このツールの導入をおすすめします。質の高いコミュニケーションを通じて、組織の成果を向上させるための一助として、ぜひemochanを検討してみてください

emochanの特徴

  1. 1on1支援: emochanは、現場マネジャーによって属人化しがちな面談内容や進行をサポートするツールです。
  2. 質の高い1on1実現: 5つの機能を通じて、質の高い1on1を実現します。これにより、マネジャーと部下のコミュニケーションが深まり、より効果的な面談が可能となります。

料金

  • 具体的な料金情報については、公式サイトやお問い合わせからご確認ください。

おすすめしたいユーザー

  • 1on1の質を向上させたい現場マネジャーや人事担当者。
  • 面談内容や進行が属人化していると感じている組織。
  • コミュニケーションの質を高め、部下のモチベーションや成果を向上させたいマネジャー。

シナジーHR 面談

引用元サイト→シナジーHR

シナジーHRは、1on1や定期面談の内容を効果的に記録・共有するためのツールとして、多くの組織に導入されています。特に、社員間のコミュニケーションを活性化させる機能や、組織内の声を収集・活用する機能が充実しています。これからの人事戦略や組織運営を考えている企業には、ぜひともシナジーHRの導入を検討していただきたいです

シナジーHRの特徴

  1. 面談内容の共有・見える化: 1on1や定期面談などの面談内容を記録し、関係者で共有。面談記録をまとめてみることで、社員の想いやコンディションの変化への気付きを促し、育成やフォローに活用することができます。
  2. コミュニケーションの活性化: サンクスカード、アンケート、1on1ミーティングなどを通してコミュニケーションのきっかけを増やし、相互理解や信頼関係の構築をサポートします。
  3. 現場の声を事業に活かす: アンケート・掲示板などを通じて、メンバーの意見やアイデアを収集し、組織力向上の取り組みに反映させることができます。
  4. 個性を活かす組織作り: プロフィールの公開やサンクスカードの贈り合いを通じて、メンバー間の理解を深め、1人1人の強みを活かした組織を構築します。

料金

  • 初期費用: 0円
  • 無料お試し: 14日間
  • 課金体系: 1ユーザー単位での課金。人数レンジでの料金体系のように利用しないユーザーについての無駄な利用料は発生しない。

おすすめしたいユーザー

  • 1on1や定期面談の内容を効果的に記録・共有したい組織。
  • 社員間のコミュニケーションを活性化させたい組織。
  • 組織内の声や意見を事業運営や組織改善に活かしたい企業。

1on1支援ツール Kakeai

引用元サイト→Kakeai(カケアイ)公式ホームページ

Kakeai(カケアイ)は、1on1の価値を最大化するための支援ツールとして、多くの組織やマネジャーに利用されています。特に、1on1の質の向上や、組織全体での1on1の定着を目指す企業には、このツールの導入をおすすめします。1on1の課題を解決し、より質の高いコミュニケーションを実現するための一助として、ぜひKakeaiを検討してみてください

  1. 1on1の価値を最大化: Kakeaiは、1on1の価値を最大化するための仕組み、特許、テクノロジーを提供します。
  2. 本音のコミュニケーション: 本音を引き出し、1on1の属人化を防ぎ、組織に定着させることを目指しています。
  3. 解決できる課題: 本音が話せない、上司が部下の話を忘れる、1on1の質がばらばら、上司自身が改善点を知らないなど、多くの1on1に関する課題を解決します。
  4. 多岐にわたる実績: 営業職、研究職、技術職、工場、動物園など、様々な業種・職種・規模での実績があります。
  5. 1on1を改善する特許: 複数の特許を持ち、これにより最適な1on1を実現します。
  6. 多言語対応: 英語にも対応しており、海外の上司と部下の間の1on1でも利用されています。
  7. 多様なツールとの連携: Google、Outlook、Teams、Slack、メールなど、多くの既存システムとの連携が可能です。

料金

  • 具体的な料金情報については、公式サイトやお問い合わせからご確認ください。

おすすめしたいユーザー

  • 1on1の質を向上させたい組織やマネジャー。
  • 1on1の属人化を防ぎ、組織全体での1on1の定着を目指す企業。
  • 1on1に関する様々な課題を解決したい組織。

あしたのチーム

引用元サイト→あしたのチーム公式サイト

「あしたのチーム」は、1on1や人事評価の制度構築から運用までをサポートするツールとして、多くの組織に導入されています。特に、社員のモチベーションや納得感を向上させるための人事評価制度の構築や見直しを検討している組織には、このツールの導入をおすすめします。人事評価の課題を解決し、より質の高いコミュニケーションを実現するための一助として、ぜひ「あしたのチーム」を検討してみてください。

あしたのチームの特徴

  1. 人事制度のワンストップサポート: 「あしたのチーム」は「人事制度構築・見直し」から「クラウドの導入・運用」までをワンストップで提供します。
  2. 人事評価制度のブラッシュアップ: 会社の業績や売上、規模の変化に合わせて人事評価制度をブラッシュアップすることで、社員の不満やモチベーションの悪化を防ぎます。
  3. 人事評価制度支援の3STEP: 1) 人事制度の構築 2) 評価業務のクラウド化 3) 人事評価の運用支援。
  4. 導入企業の事例: 4,000社以上の導入事例があり、評価が難しい技術部門や間接部門の行動目標・数値目標の事例も豊富に提供されています。

料金

  • 具体的な料金情報については、公式サイトやお問い合わせからご確認ください。

おすすめしたいユーザー

  • 人事評価制度の構築や見直しを検討している組織。
  • 1on1や人事評価の運用を効率的に行いたい企業。
  • 社員のモチベーションや納得感を向上させたい組織。

TeamUp

引用元サイト→TeamUP公式サイト

TeamUpの特徴

  1. 対話とフィードバックの文化構築: TeamUpは、対話とフィードバックを組織の文化として定着させるためのクラウド1on1ツールです。
  2. 1on1の効率化: 実施フローの効率化やデータの有効活用を通じて、1on1の定着を支援します。
  3. 社内の1on1を見える化: 社員一人ひとりの状態をタイムリーに認識し、人事、経営者、部門長も含めて社員のフォロー・育成が可能です。
  4. 事前提出機能: 1on1の「トピックの事前提出」機能を使うと、部下が考えていることが上司に事前に共有され、質の高い対話が可能となります。
  5. 外部ツールとの連携: Slack、Google カレンダー、Outlookなどとの連携が可能で、スマホからもアクセスできます。

料金

  • トライアル: 15日間の無料トライアルが利用可能。トライアル期間中は全機能を利用できます。
  • 具体的な料金情報については、公式サイトやお問い合わせからご確認ください。

おすすめしたいユーザー

  • 1on1の効率化や定着を目指す組織。
  • 社員との対話やフィードバックの文化を構築したい企業。
  • 社員の状態やニーズをタイムリーに把握し、適切なフォローや育成を行いたい組織。

Asana

引用元サイト→Asana公式サイト

Asanaは、1on1の前後のタスク管理やプロジェクトの進捗確認に役立つツールとして、多くの組織やマネジャーに利用されています。1on1での議論を具体的なアクションに移すためのサポートとして、ぜひAsanaの導入を検討してみてください。

Asanaの特徴

  1. タスク管理: 1on1で話し合ったアクションアイテムやタスクを明確に管理し、進捗を確認することができます。
  2. プロジェクトの進捗確認: 1on1での目標設定やプロジェクトの進捗を一元的に確認し、次回の1on1での議論の材料とすることができます。
  3. コラボレーション: 他のチームメンバーや関係者との連携をスムーズに行い、1on1での議論を実際のタスクやプロジェクトに反映させることができます。
  4. リマインダー機能: 1on1で設定したタスクやアクションアイテムの期限を忘れずに実行するためのリマインダーを設定することができます。

料金

  • Basic:0円
  • Premium:1ユーザーあたり1200円
  • Business:1ユーザーあたり2700円

おすすめしたいユーザー

  • 1on1での議論やアクションアイテムを具体的なタスクとして管理したいマネジャーや部下。
  • チーム全体のタスクやプロジェクトの進捗を1on1での議論に取り入れたい組織。
  • 1on1でのコミットメントを明確にし、実行に移すためのサポートツールを求めているユーザー。

Co:TEAM

引用元サイト→Co:TEAM公式サイト

Co:TEAMは、1on1やフィードバック面談を中心としたパフォーマンス・マネジメントのツールとして、多くの組織に導入されています。特に、1on1の質を向上させ、組織全体のエンゲージメントや定着率を改善するためのサポートとして、このツールの導入をおすすめします。1on1やフィードバックをより効果的に行うための一助として、ぜひCo:TEAMを検討してみてください。

Co:TEAMの特徴

  1. パフォーマンス・マネジメント: Co:TEAMは、1on1やフィードバック面談、目標管理、人事評価を繋ぎ、メンバー定着率とエンゲージメントを改善するツールです。
  2. 1on1ミーティングの強化: 目標管理やフィードバック機能と連携し、アジェンダを自動レコメンド。1on1の実施状況を可視化し、マネジメントの課題を特定します。
  3. フィードバックの活用: 部署横断でのフィードバック送信やリクエストが可能。フィードバックは評価や1on1でも活用できます。
  4. 称賛機能: チャットツールと連携し、企業理念を体現する行動や目標達成者を称賛できます。
  5. 目標管理・人事評価: 全社・チーム・個人の業績や成長/キャリア開発目標を共有・可視化し、常時計測が可能。

料金

  • 具体的な料金情報については、公式サイトやお問い合わせからご確認ください。

おすすめしたいユーザー

  • 1on1やフィードバック面談をより効果的に行いたい組織。
  • 目標管理や人事評価を1on1と連携させて効率的に運用したい企業。
  • メンバーのエンゲージメントや定着率を向上させたい組織。

HRMOSタレントマネジメント

引用元サイト→HRMOSタレントマネジメント

HRMOSタレントマネジメントは、1on1や評価面談を中心とした人材データの活用を強化するツールとして、多くの組織に導入されています。特に、1on1の質を向上させ、組織全体の人材データを活用するためのサポートとして、このツールの導入をおすすめします。1on1や評価をより効果的に行うための一助として、ぜひHRMOSタレントマネジメントを検討してみてください。

HRMOSタレントマネジメントの特徴

  1. 人材データの活用: 従業員のスキルや活躍を「見える化」し、組織の課題を特定。最適配置、育成、採用、離職防止を支援します。
  2. 1on1レポート/支援: 1on1の実施記録を蓄積し、メンバーの設定した目標を閲覧しながらの対話で目標達成支援が行えます。また、1on1の実施率や頻度などの運用状況も把握可能です。
  3. 従業員データベース: 従業員情報を一元化し、紙やExcelに散らばっていた情報を集約。最新情報を「見える化」します。
  4. 組織シミュレーション: 最新の人事情報を元に、配下メンバーの分布確認から配置検討が行えます。
  5. ダッシュボード: 人的資本を可視化・分析し、経営と人事をデータでつなぐ機能が提供されます。
  6. 評価管理: 評価業務を効率化し、従業員データベースとの連動で評価シートの配布が簡単になります。
  7. 360°フィードバック: 客観的な多面評価をクイックに実施でき、納得感のある評価と効果的な育成支援が可能です。

料金

  • 具体的な料金情報については、公式サイトやお問い合わせからご確認ください。

おすすめしたいユーザー

  • 1on1や評価面談を効果的に行い、組織全体の人材データを活用したい組織。
  • 人材の最適配置や離職防止、育成をデータベースで行いたい企業。
  • データを活用して戦略人事を実現したい組織。

1on1ツールを導入するメリット

1on1ツールは、マネージャーやリーダーと部下とのコミュニケーションを効果的にサポートするツールとして、多くの組織で導入が進められています。その理由として、以下のメリットが挙げられます。

1. 定期的なフィードバックが効果的に行える

  • マネージャーやリーダーは、部下の業務の進捗や課題をリアルタイムで把握することができます。
  • 従業員は、自分の成果や課題を可視化し、上司と共有することが容易になります。

2. コミュニケーションの質が向上

  • 1on1のミーティングのアジェンダやトピックを事前に共有し、準備を整えることができます。
  • お互いの期待値や認識のずれを早期にキャッチし、解消することができます。

3. 従業員のモチベーション向上

  • 定期的なフィードバックや支援が受けられることで、業務へのモチベーションや自己評価が向上します。
  • 成果を可視化し、認められることで、成就感や自己効力感が高まります。

4. 組織の目標に対するアラインメントが強化

  • 1on1のミーティングを通じて、組織全体のビジョンや目標を共有し、一致させることができます。
  • 個々の従業員の目標と組織の目標との関連性を明確にし、一致させることができます。

1on1ツールを導入するデメリット

1on1ツールは多くのメリットを持ちつつ、その導入や利用にあたってはいくつかの注意点やデメリットも考慮する必要があります。以下に、主なデメリットを挙げてみました。

1. 過度な依存によるコミュニケーションの劣化

  • ツールに頼りすぎることで、直接の人間同士のコミュニケーションが希薄になる可能性があります。
  • ツールを通じてのフィードバックがメインとなり、直接的なコミュニケーションの機会が減少することが考えられます。

2. 導入コストや維持コスト

  • ツールの導入には初期費用や月額費用が発生します。
  • 継続的なアップデートや保守が必要となる場合もあり、それに伴うコストがかかることがあります。

3. 学習コストや適応期間の必要性

  • 新しいツールを導入すると、従業員がそれを使いこなすまでに時間がかかる場合があります。
  • ツールの操作や機能に慣れるまでの適応期間が必要となり、その間の生産性の低下が懸念されます。

4. プライバシーの懸念

  • 個人の業務進捗やフィードバック内容など、センシティブな情報がツール内で管理されることになります。
  • 適切なセキュリティ対策がとられていない場合、情報漏洩のリスクが存在します

まとめ

1on1ツールは、効果的なコミュニケーションと業務の効率化に寄与する重要なツールとなっています。今回紹介した12のツールは、それぞれ独自の特徴と利点を持ち、ビジネスのさまざまなニーズに応えることができます。ツールの選び方一つで、日常の業務の質やコミュニケーションが大きく変わることも。

自分のチームや組織に合った1on1ツールを見つけ、業務効率化とスキルアップの一助として活用してみてください。最適なツールを活用することで、より円滑なコミュニケーションと成果を実現できることを心より願っています。

お気軽にご相談ください

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!