新入社員 目標達成するチームTOP

新入社員を指導するリーダーが持つべき3つの心構え

2015年2月27日

新入社員の育成・指導は、指導する側にとって大きな負担になります。そもそも「人を指導する」こと自体、エネルギーの要ることである上に、指導しながら自分の本来の仕事を抱えることもあり、その分ストレスも増えるものです。その際に心に留めておきたい心構えとは何でしょうか。

新入社員への指導

心構え1.新入社員指導は自分も共に成長する機会だと捉える

教えることは学ぶことだと言います。新入社員を指導することで自分の業務内容や方法、その意義について再認識できる機会、改めて自分の方法を見直せるチャンスだと捉えます。実際に仕事のやり方などを説明しているうちに、その重要さを再確認できたり、新たに効率的な方法を思いついたりすることもあります。新入社員とともに、自分自身もさらに成長するができるのです。

(新入社員の)受け入れ側にとって重要な心構えは「自分自身の成長につながる機会だと認識し続ける」こと

出典:新入社員を受け入れる

正しいやり方を示してみせるのは効果的な指導法ですが、なぜそのやり方が正しいのかを説明できなければ効果が半減してしまいます。いちいち説明するのは面倒に思えますが、この方法は指導される側だけでなく、指導する側にとっても効果があります。理由を説明することで正しさを証明すると同時に、自身の指導方法を見直して行くきっかけにもなるので、より効果的な指導をすることができるようになるでしょう。

出典:新入社員教育における指導のポイントとコツ

新入社員への指導は、先輩からの一方的な押し付けになりがち。指導を通じて新入社員を育成するだけでなく、先輩・指導者側が指導方法を見直すことで管理術やコミュニケーション方法を見直すきっかけにもなります。

出典:新入社員教育における指導のポイントとコツ

心構え2.新入社員に具体的な指導を行う

仕事に対する態度などの抽象論は時代遅れだと考えましょう。即戦力のあるメンバーに育てるには、具体的に「説明+やって見せる」方法が効率的です。抽象的な信念や心構えなどは、具体的な業務を身につけたあとに、自然と体得出来ていたりするものです。

最初は手取り足取り、きめ細かく指導します。これが第一段階。仕事の内容や段取りのマニュアルを作成するとレクチャーしやすいでしょう。ひととおりのレクチャーが終わったら、マニュアルとメモをもとに、新人に仕事の内容などを復唱させるのです。そうすれば、どこが理解できていないのかわかります。

出典:女性ビジネスパーソンのための、新人指導のコツ

最もうまくいかないのは、「仕事は見て覚えろ」といった受け入れ側の姿勢です。過保護になるのも考え物ですが、丁寧に教育する姿勢をもっていなければ、戦力になる前に辞めてしまう新入社員が続出するでしょう。

出典:新入社員を迎える翔育担当の心構え

心構え3.新入社員指導で重要なのはコミュニケーション

良いチームをつくるために最も大切なことは、コミュニケーションです。同様に、新入社員にコミュニケーションの大切さを教えることを最重要項目と考えます。コミュニケーションを増やすために、日報を利用することはとても有効な方法です。

そのカギとなるのが、新入社員にとって一番身近な指導員となる先輩・上司との”信頼関係”です。きめ細やかなコミュニケーションを通じて新入社員の心に寄り添い、支援することで、新入社員は「見守られていること」を実感しながら安心して仕事に取り組むことができます。

出典:新入社員に業務日報を書かせる目的とは?

業務日報(日報)を書かせることにより、さまざまな効用が期待されますが、重要なことは先輩・上司と新入社員のコミュニケーションのツールとして活用し、適切な支援をしていくということです。

出典:新入社員に業務日報を書かせる目的とは?

新入社員は、「もっとコミュニケーションをとってほしい」「どうしてそう考えたのか聞いてほしい」等、上司が求めている以上にコミュニケーションを求めていることがわかります。

出典:新人の不満・上司の不満

上司として部下に威厳を見せるために仕事以外の話をしない、という姿勢も部下とのコミュニケーションが十分に摂れているとは言いにくく、信頼関係は築けていません。信頼できない人から、あれこれ指示されても部下は素直に受け入れてはくれないでしょう。

出典:【教えたつもりになっているだけ…】残念な上司に起こりがちなダメダメすぎる指導方法

新人のモチベーションを下げない教え方をするのが、上手な指導のコツです。モチベーションをアップさせるために、「小さなこと、ささいなことでもできるだけ褒める」というのも、コツの一つと言っていいでしょう。

出典:女性ビジネスパーソンのための、新人指導のコツ

新入社員の指導をするリーダーのための心構えまとめ

新入社員指導というのは、指導する側にもなかなか難しくストレスになるものです。しかし、多くはコミュニケーションが解決のカギになります。最終的には、リーダー個人としての魅力で新入社員の信頼を集められれば、何事もやりやすくなります。日報などのコミュニケーションツールを利用して、マメにコミュニケーションを取ることが新入社員指導における最大の秘訣です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、新入社員を指導するリーダーのために日報を素早く手軽にチェックするするための機能が満載です。 スマートフォンなどで外出先からも簡単にチェック、いいね!やスタンプ、コメントを素早く返信し、新入社員の指導のお役に立ちます。

  1. 日報テンプレートで新入社員でも簡単に日報を作成できる
  2. スマートフォンアプリで日報を手軽にチェック、いいね!やスタンプでコミュニケーションがとれる
  3. 売上などの目標達成率が一目で見えるKPI管理機能

android-sales

ただいま、15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお役様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。

ぜひ今日から、gamba!で日報を実践してみてください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!

すでに7,000社以上
実感した効果を無料体験!

いますぐ使える。15日間無料!

  • App Store
  • Android