プロジェクト管理の基本!PDCAサイクルとは

2016年12月29日

PDCAサイクルという言葉は、社会人になるとほとんどの方が耳にする言葉ではないでしょうか。仕事の基本ともいわれるPDCAサイクルですが、その意味を正しく理解できていますか?

よくPDCAサイクルを間違った意味で理解していたり、実践出来ていない方を見かけます。PDCAサイクルについてもう一度確認してみましょう。

PDCAサイクルの画像

プロジェクト管理の基本!PDCAサイクルとは何か

PDCAとは【Plan-Do-Check-Action】の略で、日本語に変換すると【計画ー実行ー評価ー改善】となります。これは生産管理・品質管理などの管理業務の手法の一つとして言われている言葉ですが、幅広い業種でこの考え方は活用されています。

生産業や販売業だけの話ではありません。成果を出すためには、計画が重要。その計画を実行し、実行した計画を評価します。その評価向上してくために改善を図り、さらに改善策を踏まえた計画を作成。このように一つの業務管理をセクション分けし回していくことを、PDCAサイクルと呼びます。

PDCAサイクルの画像

PDCAサイクルとは品質管理に欠かせない

PDCAサイクルを行う目的の一つとして品質管理があげられます。品質管理とは、顧客に提供する商品やサービスの品質を維持・向上させるための行動。サービスの向上の為には、改善が必要となるでしょう。

改善点を洗い出すためには、何が必要か?それは「サービスに対しての評価」。評価を出すためには何が必要か?それは「計画」。そして、計画は実行されなければ評価ができません。

このように考えていくとPDCAサイクルがなぜ必要なのかわかります。計画もなくただ実行しているとなんの評価もできません。評価ができなければ改善点は見えず、それではサービスの品質を向上させることはできないでしょう。品質管理の画像

PDCAサイクルとはプロジェクトの生産性向上に欠かせない

PDCAサイクルを行う目的として、サービス自体の向上以外にプロジェクトの生産性向上を目的とする場合も。品質管理とは似て非なる考えになりますが、ある意味同じです。プロジェクトには必ず目標があります。その目標を達成するために計画をたてます。あとは前段でのPDCAサイクルと同じ流れになります。

ただしプロジェクトの場合は、そのプロジェクトが一時的なものであったりプロジェクトリーダーが変わる事もあるかもしれません。その場合においてはPDCAサイクルの活用は難しくなります。

ただし、もう一つ視点を大きくすると会社の生産活動の一部であったり、あるいは次のプロジェクトに発展する内容に見えてくるはず。プロジェクトの生産性向上のためのPDCAサイクルの基本的な考え方は、実践し次のプロジェクトのために記録しておくことです。

生産性向上に欠かせない画像

プロジェクト管理の基本!PDCAサイクルとは まとめ

PDCAサイクルの内容について、多少なりとも理解を深める事は出来たでしょうか。PDCAサイクルを上手く活用できていない方の多くは、計画と実行を繰り返すパターンが多いようです。

多くの業務に追われる事でしょう。それでもPDCAをやらなければいけません。なぜならば自分自身の成長にもつながるから。PDCAサイクルは自分自身の目標達成、成長のためにも効果的です。

PDCAを回す上で一番大切なことは、日々地道にサイクルを回し続け「習慣化」すること。習慣化させるためのおすすめの手法は、「日報」です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、業務の改善を行うための機能が満載です。

プロジェクト管理の基本の画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能


ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!