日報の活用術 日報の活用術TOP

KPI設定3つのポイント!定性的課題解決のためのKPI設定とは

2017年1月11日

数値化することが難しい「定性的」な課題解決の目標を設定しなくてはならない場合、どのようなKPIを設定すればよいのか悩むことはありませんか?「コミュニケーションをよくしたい」「モチベーションを高めたい」「顧客満足度を高めたい」といった課題を解決するKPIはどのように設定すれば、目標を明確にできるのでしょうか。

具体的な数値目標を設定することは、目標設定のカギです。定性的な課題解決のためのKPIの設定について考えます。

考える画像

KPI設定① 課題解決の結果に着目する

1つ目の方法は、解決の結果に着目するというもの。課題を解決した結果、どのような成果をもたらすかを逆算して設定します。例えば「営業のプレゼン提案力を高める」という課題であれば、「プレゼン提案力が高まったら最終的にどうなるか?」という結果に着目するのです。

プレゼンの提案力が高まれば、結果として起こることは成約件数が高まることになります。だとしたら、この場合の適切なKPIは「商談成約率を◯%にする」「契約件数を◯件アップする」ということになります。

接客力を上げる課題なら、KPIを指名予約件数に設定するというのも1つ。「自分の接客力が向上すれば、自分を指名して予約してくれるはず」という考え方をするのです。このように、結果に着目して考えると、具体的な目標としてKPIを考える事が出来ます。

課題解決の画像

KPI設定② 課題解決に必要な行動に着目する

2つめは、課題解決に必要な行動に着目するというもの。課題を解決する為にはさまざまなプロセスが必要です。そのプロセスを実行するための行動一つ一つに目標を設定するのです。「コミュニケーションをよくしたい」という課題なら、上司はその日1日に何回部下に声がけしたか、部下なら一日に何回報告・連絡・相談したかをKPIに設定します。

英語力を高めるのであれば、英語学習の時間や、研修を行った回数や出席者数をKPIとして設定するのが具体例の一つ。このように数値化することで、曖昧だった定性的な課題が、ぐっと身近な目標へと変わってきます。具体的な数字や期限を決めることで、さらに評価しやすく、達成に対する意欲も高まり、目標を達成しやすくなります。

課題解決の結果に着目する画像

KPI設定③ 第三者のアンケートを活用する

行動や結果でも測りにくい課題、というのもビジネスの現場には存在します。そのような場合、自分で目標を設定したり評価するのが難しいもの。このような場合、第三者によるアンケートを使うのも手です。「顧客満足度をアップしたい」という漠然とした課題設定ならば、店内にお客様満足度アンケートを設置して、回答を毎月集計します。

そうすることで他者からの評価を数値化して、KPIを設定し判断し評価することが出来ます。自分では難しいと感じたら、他社から評価してもらうシステムを考えてみてください。

応用として社員の課題解決に対するモチベーションをアンケートで計測し、KPIとして設定することもできます。どんな課題も定量的に計測しKPIに設定することで、必ず具体的な解決策は見つかります。

アンケートを活用する画像

定性的な課題解決のためのKPI設定のまとめ

定性的な課題に対してのKPIも、一つ一つの目標について掘り下げていくことで、具体的で定量的な設定に繋がります。具体的に数値化し身近な目標に落とし込むことでKPIの達成率も上がってきます。

定性的な課題は漠然としていて、つい努力目標として評価を怠ってしまいがちです。ぜひこの3つのポイントを踏まえた上で、定性的な課題に対してもKPIを設定して、課題達成のための足がかりにしてください。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、KPI管理機能が標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でKPIを管理することをを習慣化できる機能が満載です。

KPI設定のまとめ画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!