リーダーシップ 目標達成するチームTOP

これぞリーダーシップ!部下の話を「聞く」テクニックとは?

2017年2月2日

リーダーとして部下からの信頼を得るためには、「話を聞くこと」が大変重要です。しかし、「ただ聞けばいい」というわけではありません。聞き方によって部下のモチベーションを大きく左右したり、リーダーへの信頼度に影響を与えたりすることがあります。

では、部下から信頼されるようにリーダーシップをとるためには、どのような点に注意をして話を聞くと良いのでしょうか。私が以前いた会社の上司を例に、3つのポイントに絞ってご紹介します。

部下の話を「聞く」画像

リーダーのための聞くテクニック① 相手の話を遮らずに最後まで聞く

私が以前勤めていた会社の上司は、大変仕事ができる優秀な方で人柄も悪くはなかったのですが、部下からの信頼を得られていませんでした。これはひとえに「話の聞き方が良くなかった」ため。この上司、大変せっかちな性格で、部下の話を最後まで聞かず話の腰を折ることがしばしば。

話の内容を早合点し「こういうことでしょ」と勝手にまとめてしまったり、まだ話の途中なのに「それは違う」と否定をしたりすることが多くありました。最後まで話を聞いてもらえないことが続くと、部下はもやもやした感情が残り、話をすること自体が嫌になってしまうことも。これではリーダーとして信頼されないのも当然です。

リーダーとして部下に信頼されるためには、「部下の話を遮らず最後までしっかりと聞く」ことが大切。話を最後まで聞いてもらえたことで、部下は「受け入れてもらえた」という気持ちになり、リーダーへの信頼度がアップします。

相手の話を遮らずに最後まで聞く画像

リーダーのための聞くテクニック② 先入観を持って聞かない

私の以前の上司はせっかちな性格のためか、部下の発言に対し先入観をもって聞くことも。話のさわりを聞いただけで、「こういう話なんでしょ」と思い込んだり、「あなたはこういう人だから」と決めつけて、話の内容を判断していました。

最初は「いえ、そうではなくて」と理解してもらおうとしていた部下たちも、だんだん面倒になり、相談や意見することをやめてしまいました。その結果、物事が思っていたのとは違う方向に進んでしまうこともしばしば。話を聞く際、先入観を持ってしまっては内容を正確に理解し、正しい判断を下すことはできません。

話の内容を理解しないまま判断を下してしまうと、部下の不満や怒りにつながり、仕事へのモチベーションも下がります。しかも上司の判断が誤っていた場合、会社の業績に響くことにもなりかねません。リーダーとして信頼されるためには、部下の話を正確に聞き取ったうえで判断を下すことが大切です。

先入観を持って聞かない画像

リーダーのための聴くテクニック③ 相手の価値観を受け入れる

以前の上司は、話を聞いた後に「いや」「でも」ということが多く、「そうだね」と受け入れてくれることはありませんでした。自分の価値観と違った意見は受け入れられなかったのです。確かに上司は仕事ができましたし、意見が正しいことも多かったです。

しかし自分の意見が受け入れられないことが続くと、話をすることが嫌になり、不満も募ります。以前の会社では、上司の意見を尊重するふりをして、陰ではみな上司の不満をこぼしていました。このように、いくら「自分の意見が正しい」と思っていても、部下の価値観をないがしろにすることは部下との信頼関係を壊す原因となります。

もし部下の意見に賛同できないと思っても、否定はせず、「そういう意見もあるね」と相手の価値観を受け入れるようにしましょう。部下は自分の価値観に共感してもらえることで、リーダーに対する信頼が増しますし、仕事に対するモチベーションも上がります。

相手の価値観を受け入れる画像

信頼されるリーダーは会社のパフォーマンスをアップさせる

働きやすい職場にするために、「信頼できるリーダー」は欠かせません。リーダーシップを発揮し部下に信頼されるためには、「部下の話をしっかりと聞き、受け入れる」ことが大切です。リーダーが部下の話を受け入れることで、部下はリーダーに相談を持ち掛けやすくなります。

また「受け入れてもらえる」という安心感から積極的に動きやすくなります。リーダーへの信頼度が増し働きやすい環境になることで、一人一人のモチベーションがアップします。その結果チーム全体のパフォーマンスが上がり、成果につなげることができるのです。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。

会社のパフォーマンスをアップさせる画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!