リーダーシップ 目標達成するチームTOP

チームワークを高めるリーダーシップ 3つのポイント

2017年2月3日

チームをぐいぐい引っ張ることが「リーダーシップ」だと思っていませんか?実はチームをぐいぐい引っ張るだけのリーダーシップでは、逆にチームワークを低下させ、チームとしての生産性を下げることがあります。

ではチームワークを高め、チームとしての生産性を上げるためにはどのようにリーダーシップを発揮すると良いのでしょうか。

チームワークの画像

チームワークを機能させるリーダーシップ① 「自分が頑張る」から「チームで頑張る」

リーダーをまかされると、「自分が誰よりも頑張って成果を出さなければ」と気負ってしまう方が多いのではないでしょうか。しかしリーダー1人が仕事を抱えてしまうと効率が悪くなり、チーム全体の仕事が遅れてしまいます。

私が以前働いていた会社の上司は、ぐいぐい引っ張っていくタイプではありませんでした。しかし他の社員がそれぞれの役割を果たし仕事を進めていたので、かえって仕事が滞ることなく効率よく進んでいました。

だからといってその上司は何も仕事としていなかったわけではありません。部下が仕事をしやすいよう、陰で支える役割に徹していたのです。部下が何か失敗をしたときや困っているときは、必ずフォローをしてくれました。

上司の支えがあったからこそ部下たちは安心して力を発揮できたのです。このように、リーダーシップに大切なことは「自分が頑張る」ことではなく、「チームが頑張れる」よう導くことです。そのためには、自分が引っ張るのではなく、チームの土台となって支えることが大切なのです。

「チームで頑張る」画像

チームワークを機能させるリーダーシップ② 管理するのではなく個性を生かす

生産性を上げようとするあまり、リーダーがメンバーの仕事を管理し、自分の指示にすべて従わせようとすることが多くあります。そのほうが効率よく見えるためです。確かに短期的には効果があらわれることがあります。しかし長い目で見ると、メンバーの個性や強みが生かされなくなりかえって生産性が下がってしまいます。

例えば学校の進学率を上げたいとき、とにかく学習の量をこなさせるという方法をとることがあります。量をこなすことで一時的に成果を上げることができるかもしれません。しかし、「量をこなす」だけでは限界があります。必要な課題や覚えやすい方法は、人によって異なります。

それぞれに合った学習方法や課題を取り入れることで、一人一人の成績を効率よく伸ばすことができ、より良い成果が期待できます。仕事も同様。メンバーの個性や強みが生かされることで、仕事に取り組みやすくなり、個々の成果が上がります。

また、自由に動けることで新しいアイデアが生まれ、より良い結果につながることもあります。個々の成果が上がると、当然チームとしての成果も上がります。チームとして成果を上げるためには、リーダーは自分の意見を押し付けて管理をするのではなく、メンバーの個性を生かすことが長い目で見ると大切なのです。

個性を生かす画像

チームワークを機能させるリーダーシップ③ 意見を出しやすい「雰囲気」を作る

「チームからなかなか新しい意見が出なくて困る」と感じていませんか?もしかしたら、あなたが意見を言いにくい雰囲気を作っているからかもしれません。私が以前働いていた職場に、自分の価値観と違った意見を受け入れない上司がいました。

部下の意見には耳を貸さず、自分の思い通りに事を進めるのです。いくら意見を出しても聞き入れてもらえなければ、意見を言うことが嫌になってしまいます。その上司のチームでは部下が意見を出さなくなり、新しいアイデアが生み出されることもなくなりました。その結果大きな成果をあげることがなくなってしまいました。

このようにチーム内での意見交換が出来なくなると、新しい成果も生み出せなくなってしまいます。チームとして成果を上げ続けるためには、部下の柔軟な意見を引き出すことが大切です。そのために、部下が意見を言いやすい雰囲気づくりをすることが、リーダーシップに大切なことなのです。

意見を出しやすい「雰囲気」を作る画像

リーダーシップを発揮しメンバー全員が力を出せるチームを作ろう

リーダーシップと聞くと、「頂点に立ちチームを動かすこと」ととらえがち。しかしチームとして成果を上げるためには、「メンバーが十分力を発揮できるよう支えること」が、リーダーとして重要な役割なのです。

リーダーシップを発揮し、メンバー全員が力を出せるチームを作るよう努めましょう。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。

リーダーシップを発揮する画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、弊社日報コンサルタントが個別のオンラインコンサルティングを行っております。ぜひ、この機会にお試しください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!