新入社員教育 目標達成するチームTOP

褒めて欲しい!認めて欲しい!という新入社員をどう育てるか?

2017年2月8日

最近の若い世代は、「褒めてほしい!認めてほしい!」という承認欲求が強い傾向にあります。しかし同じ承認欲求でも、それぞれの育ってきた環境などにより、その意味は変化します。

新入社員それぞれの特性を上手につかみ指導に生かすことで、新入社員の育成がスムーズになります。今回は、承認欲求の強い新入社員を3つのケースに分けて、それぞれにおける効果的な育て方を紹介します。

新入社員の画像

新人教育① 根拠のない自信や自己評価が高い場合

承認欲求が強くなる理由の一つに、「根拠のない自信があったり自己評価が高かったりする」ことが挙げられます。これは、つねに周囲から褒められたリ認められたりすることで、「自分はできる」と勘違いしているため。

このような部下は、自分を実態以上に高く評価しているため、小さな仕事やつまらない仕事をやりたがらないことがあります。この場合は、小さな仕事が大きな仕事につながることを説明し、仕事の意義を理解させたうえで仕事に取り組ませるようにしましょう。

「君ならできると思って」などプライドをくすぐるのも効果的。それでも効果がない場合は、思い切って実力以上の仕事を任せて挫折を味わせるのも一つの手。挫折を味わうことで自分の実力を思い知り、大きな仕事をしたがることも無くなります。ただし、致命的な失敗にならないよう、見守りながら取り組ませることが大切。

自己評価が高い画像

新人教育② 自分への自信がなく卑下する場合

承認欲求の強い新入社員の中には、先ほどとは逆にあまり褒められたリ認められたりしたことがなく、自信がないという人もいます。この場合はさきほどとは逆に、小さな仕事を確実にこなすことで成功体験を積み、自信をつけさせる方法が有効です。

仕事を終えるごとに、「よく頑張ったね」と承認する言葉がけをしましょう。そうすることで次の仕事へのモチベーションが高まります。また小さな仕事を少しずつこなすことで、仕事のやり方を覚えることができます。これを繰り返すことで自信を持って仕事に取り組むことができるようになります。

このタイプの新入社員は、真面目で几帳面なことが多いです。その長所を生かした仕事を任せるようにしましょう。そして繰り返し褒めることで自信をつけましょう。プレッシャーをかけることをせず、じっくり焦らずに育てることが大切です。

自信がなく卑下する画像

新人教育③ 能天気で空気が読めない場合

「もっと褒めて!」と無邪気にいう新入社員の中には、特に何も考えておらず能天気で空気が読めていないという人も。仕事というものをまだわかっておらず、学生気分が抜けていないことが原因です。この場合、将来の目標やビジョンを明確にし、「成長しよう」というモチベーションを引き出すと効果的。

そのために有効な手段の一つに「キャリアプラン」があります。キャリアプランを作成することで、自分のスキルやレベルを客観的に判断し、将来の目標を明確にすることができます。またロールモデルを置くことも効果的。

目標とする姿がわかりやすく、「あんなふうになりたい」という気持ちを引き出すことができます。自分の目標が明確になると、「成長しよう」というモチベーションにつながります。それにより今までは何も考えずに仕事をしていたのが、どうすれば成長できるのか考えながら仕事に取り組むことができるようになります。

空気が読めない画像

新入社員に合わせた育て方で大きく成長させよう

「褒められたい!」という欲求の裏には、新入社員それぞれの思いが隠されています。これを読み違えてしまうと、新入社員の指導がうまくいかなくなってしまいます。褒められたい!という欲求をポジティブにとらえ、育成にどうつなげていくことができるか、こそが上司の腕の見せ所。

彼らの思いをうまくくみ取り、指導に生かすことで、新入社員を成長させることができます。それぞれの新入社員に合わせた育て方を心がけ、新入社員のポテンシャルを引き出しより大きく成長させましょう。新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメ。

上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

gambaの画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!