リーダーシップ 目標達成するチームTOP

注意散漫だと叱る前に!ミスの多い新入社員3つのタイプ別指導法

2017年2月21日

「新入社員のミスが多くて…。」とお悩みの方はいませんか?ミスは、ただ叱るだけではなかなか無くすことはできません。ミスが発生するには何らかの原因があるのです。ミスの原因を探り、原因ごとに対策を変えることで、ミスを減らすことが可能です。

では、ミスをする原因にはどのようなことが考えられ、どのような対策をとるとよいのでしょうか。

注意散漫だと叱る前に!ミスの多い新入社員3つのタイプ別指導法

ミスの多い新入社員のタイプ別指導法① すぐに忘れるタイプは「メモの常備」

ミスの原因としてまず考えられるのが、「すぐに忘れてしまう」ということです。このタイプのミスは、誰もが一度は経験しているのではないでしょうか。「自分は忘れないだろう」という思い込みから、メモを取ることをせず、結果忘れてしまいミスにつながるのです。

仕事をしていると、次々に新しい情報が入ってきます。新入社員であればなおさらです。そのため「覚えた」と思っていた情報も、新しい情報が入ってくると、新しい情報に押し出され抜けてしまうことがあります。新入社員を指導する際は、忘れることを前提に大切なことはメモを取る習慣をつけさせましょう。

新入社員のうちからメモを取る習慣をつけておくと、今だけではなく今後も仕事でミスをすることが少なくなります。何か大切なことを説明するときは、「メモを取るように」と一言伝え、習慣化させるようにしてください。

ミスの多い新入社員のタイプ別指導法① すぐに忘れるタイプは「メモの常備」

ミスの多い新入社員のタイプ別指導法② 見落としてしまうタイプは「客観的に物事を見ることを心がける」

しっかりと確認をしているのに、なぜか見落としてしまうということもあります。これは、先入観や思い込みによるものです。学生時代テストの際、何度見直しをしてもミスをしてしまうということはありませんでしたか?

例えば数学のテストの際、「計算ミスをしているかもしれない」と、見直しの際にもう一度計算をすべてし直す。計算ミスを見つけ、すべて修正し「これで完璧」と思っていたのに、単位をつけ忘れていた。などということはよく起こることです。

これは「間違っているとしたら計算ミスに違いない」という思い込みによるものです。そのため、計算ミス以外のミスを見つけることができなかったのです。仕事の見直しの際も、これと同様のことが起こることがあります。

見直しをするときは、思い込みや先入観は捨てて客観的に見ることが大切なのです。このタイプの新入社員を指導する場合は、何度も見直しをするよう促すだけではなく、どのような点を重視して見直すと良いのかを伝えましょう。

ミスの多い新入社員のタイプ別指導法② 見落としてしまうタイプは「客観的に物事を見ることを心がける」

ミスの多い新入社員のタイプ別指導法③ 判断ミスをしがちなタイプは「評価基準」の認識を同じにする

判断ミスが多い新入社員の場合、上司の評価基準と、自分の評価基準にずれが生じているにもかかわらず、それに気づかずに判断を下すことが原因です。判断ミスを犯すときは、大抵直観的に判断を下しています。

経験を積んだ社員であれば直観でも良い判断ができることが多くなりますが、経験のない新入社員は、経験も知識もそれほど豊富ではありません。そのため直観に頼ると、ほとんどの場合間違った判断を下してしまいます。

新入社員の判断ミスを減らすためには、判断を下す前に「本当にその判断で大丈夫か」一呼吸おいて考える癖をつけさせましょう。また日ごろからコミュニケーションをしっかりと取り、新入社員と評価基準を共有しておくことが大切です。そのうえで、判断に迷ったときはいつでも相談するようにと伝えましょう。

原因ごとのミス対策で新入社員のミスを減らそう

新入社員にミスはつきものです。ミスを頭ごなしに責めるのではなく、ミスをする原因を探り、原因に応じた対策を繰り返し指導していくことが大切です。そのために、新入社員の様子をしっかりと見守りましょう。

新入社員とのコミュニケーションをおろそかにせず、新入社員のタイプを早くつかみ指導に役立てることが、ミスを減らすだけではなく、成長を促すことにもつながります。新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメです。上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

原因ごとのミス対策で新入社員のミスを減らそう

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!