新入社員教育 日報の活用術TOP

実は会社の救世主だった?ゆとり世代の新入社員が意外と使える3つの理由

2017年2月21日

ことあるごとに、「ゆとり世代は使えない」と、新入社員に対してレッテルをはることが多いようです。しかしゆとり世代の新入社員には、メリットもあります。このメリットを上手に生かすことで、会社の業績をアップさせる救世主になってくれる可能性があります。どのようなメリットがあり、どのように生かすとよいのでしょうか。

ゆとり世代の画像

ゆとり世代の新入社員が意外と使える理由① SNSのノウハウがある

ゆとり世代の彼らにとって、インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどのSNSは身近な存在。そのためSNSの効果的な活用の仕方を心得ています。ゆとり世代以前の方たちは一つのアカウントを運用するのに精一杯ですが、ゆとり世代の若者は、アカウントを用途ごとに使い分けるなど、より便利な使い方を常に模索しています。

そのため、多くのSNS活用のアイディアを持っています。例えば、最近多くの企業で取り入れているのが、SNSへの投稿による自社製品の宣伝。SNSを上手に使うと、宣伝費をかけることなく宣伝効果を得ることができます。社外へのアピールだけではなく、社内でのコミュニケーションツールとして社内SNSを取り入れている企業もあります。

社内SNSは、上手に利用するとミーティングを減らすなど、業務の効率化に役立ちます。このようなSNSの利用アイディアを、新入社員から広く募ってみてはいかがでしょうか。ゆとり世代ならではの斬新なアイディアが飛び出し、そのアイディアによって会社の業績がアップすることも。

 SNSの画像

ゆとり世代の新入社員が意外と使える理由② プライドにとらわれず素直に聞ける

ゆとり世代の若者は競争をすることが少なかったせいか、素直な性格の人が多いといわれています。プライドもそれほど高くないことが多く、自分の非や能力の限界を素直に認めます。そのため野心が少なく成長の度合いがのんびりしています。それが「つかえない」といわれる要因になることも。

しかし、この「素直さ」こそがゆとり世代のメリットなのです。ゆとり世代以前の方たちは、日々競争にさらされてきました。そのためつい人に対して疑いの目を向けてしまいます。しかし競争の経験が少ないゆとり世代の若者たちは人を疑うことが少ないため、すぐに周囲の人に溶け込むことができます。

素直なため、疑問があればすぐに周りの方に聞くことができます。アドバイスも素直に受け入れることが多く、与えられた仕事は真面目にキッチリとこなします。ゆとり世代の社員を指導するときは、多少成長が遅くても目をつぶり、ゆとり世代特有の「素直さ」を生かしましょう。

プライドにとらわれず素直に聞ける画像

ゆとり世代の新入社員が意外と使える理由③ 自分に関心のある仕事に素直に打ち込める

ゆとり世代の若者はプライドがそれほど高くないため、仕事の重要度や給与などにはこだわりがありません。ゆとり世代以前の社員の場合、「コピーなどの事務仕事は自分のやるべき仕事ではない」と考えたり、「昇進につながるような仕事がしたい」などと考えがち。

ゆとり世代にとって重要なのは、「その仕事が自分のやりたい仕事かどうか」。会社を選択する際も、ゆとり世代の若者は、給与面よりも仕事の内容を重視して選びます。

そのため、たとえ事務仕事だとしても、それが自分のやりたいことにつながる仕事だとわかれば、こだわることなく素直に取り組みます。ゆとり世代の新入社員を教育するときは、この性質をうまく利用すると、着実に仕事をこなす「できる部下」に成長させることができます。

仕事に素直に打ち込める画像

ゆとり世代のメリットを生かして「できる部下」に成長させよう

ゆとり世代の新入社員は、自分たちが新入社員のころとは随分様子が違うため、最初は戸惑うかもしれません。しかしいつの時代も若者は、「最近の若者は」といわれ続けていました。「新人類」という言葉を聞いて思い当たる方もいるのではないでしょうか。

新入社員を「使えない」と感じるのは、ゆとり世代に限ったことではありません。「ゆとり世代だから」とレッテルをはるのではなく、ゆとり世代だからこそのメリットを生かして指導し、「できる部下」へと成長させましょう。新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメ。

上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

「できる部下」に成長させる画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!