有名企業に学ぶ!優秀な人材を流出させない「働き方改革」とは?

2017年3月7日

企業が「働き方改革」に動き出した背景には、急速に進む人手不足があります。働く環境が悪いと、より条件の良いライバル企業に転職してしまう人が増えてきました。どの業界も人手不足の近年、穴埋めの人材を探すのは難しく、退職者の業務が残った社員に重く負担がのしかかることになります。

新卒で優秀な人材を確保しても、入社数年で会社を辞める人が急増し、「社風が合わない」「働く環境が入社前に言われていたのと違う」といった理由で会社を去っていきます。このような背景の元、優秀な人材を社内に留めつつ、社外から招き入れる企業の働き方改革が加速しています。ここでは、著名な企業が実際に取り組んでいる具体的な働き方改革の事例を紹介します。

優秀な人材を流出させない画像

働き方改革事例① テレワークの上限日数を撤廃したカルビー

ポテトチップスなどで有名な菓子メーカー、カルビーは近年重点的に社員の働き方改革に取り組んでいます。特に重視しているのが、時間や場所にとらわれない働き方をする「テレワーク」の上限時間を撤廃するだけでなく、自宅以外での勤務もできるようにすることでした。

こうした働き方が増えれば、週5日8時間という拘束時間がなくても、好きな曜日好きな時間の勤務で目標が達成できてしまうケースもあります。従来だと優秀な社員には別の仕事を与え、とことん仕事をしてもらっていました。しかし、この働き方改革によって、空いた隙間時間に企業が副業を認めれば、優秀な人の能力を複数の会社に役立てることが可能になります。

テレワークの画像

働き方改革事例② 新卒一括採用の廃止のヤフー

欧州では「8割・4割」といった働き方があります。つまり、週5日のうち4日働くのが8割、2日働くのが4割という意味です。こうした短時間勤務の人も社員として処遇され、社会保険料もその比率に応じて納めることができます。日本でも同一労働同一賃金が実施され、非正規の差別的な待遇が禁止されることになれば、フルタイムでない正社員の仕組みが必要になってきます。

ヤフーは業務の効率化で、給与を下げずに週休3日制を実現できないかを検討していくという働き方改革を行っています。また新卒一括採用の廃止を決め、入社時に18歳以上で応募時に30歳以下であれば、新卒・既卒を問わず応募できる「ポテンシャル採用」を始めました。この働き方改革の結果、前の年の数倍のペースで採用募集に応募が集まっています。

働き方改革事例③ 20時以降の残業を認めないパナソニック

パナソニックは午後8時以降の残業を認めないとしました。残業についても月80時間以下に抑えるようにしています。大企業が自ら上限を決める意味はとても大きいのです。

パナソニックは、旧・松下電器産業時代に他の大企業に先駆けて週休2日制を実施するなど、働き方改革に常に先進的に取り組んできた、という自負があり、現代においても働き方改革の先駆けとして業界を動かしています。1つの企業が取り入れれば、こうした動きは今後、他の大企業にも広がっていきます。

 20時以降の残業を認めない画像

働き方改革事例④ 消費者も賛同する外食サービス業の時間短縮

外食産業は、現在他の業界に比べて圧倒的な人手不足に苦しんでいます。ロイヤルホストの24時間営業の廃止に続き、ガストやジョナサンも24時間営業を大幅に減らしている実態があり、深夜営業の約8割を深夜2時閉店、朝7時開店へと変えています。働き方改革で深夜勤務を減らすことで、従業員のシフトを組みやすくし、人手不足を解消させることができます。

労働環境が劣悪な職場に人が集まりません。三越伊勢丹ホールディングスは、正月三が日の休業を現在検討しています。共働き世帯の増加で、消費者である一方、自らも働き手である人が増えたことにより、店舗の休みを増やすことに賛成の声が多いのです。こうした働き方改革に対する従業員、そして消費者の期待は大きいのです。

外食サービス業の画像

働き方改革で優秀な人材の確保を

終身雇用制度は終わり、若年層は「この企業にいてもメリットがない」「成長が見込めない」と感じたらすぐに転職をしてしまいます。優秀な人材を確保し、社内にとどめるためには働き方改革が急務。他の企業も取り入れているこうした働き方改革は、社員のためだけでなく業界やひいては消費者へのメリットにもつながります。

働き方改革で1番大切なことは、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を日々回し「習慣化」することです。習慣化させるオススメの手法は「日報」。毎日のことなので、できる限り手早く報告するのがベストです。かといって、事務的に書くだけのためのものでもありません。簡潔に伝えつつ、今日一日の仕事の中から得た気づきや学びを振り返ることで、より仕事のレベルを高めるツールです。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、「日報のテンプレート機能」や、「googleカレンダーとの連携(コピペ)機能」など、毎日たった5分で素早く的確な日報を作成するための機能があります。 「毎日のたった5分」で仕事のレベルが確実に高まります。また、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されている他、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、目標達成を行うための機能が満載です。

優秀な人材の画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!