サンクスカードアプリおすすめ14選|メリット・デメリットも

最終更新日:2023年10月2日

感謝の気持ちを形にする手段として、サンクスカードは多くの人々に愛用されています。しかし、紙ベースのカードを手作りするのは時間がかかることもあり、また、デジタル化された現代でより効率的な方法を求める声も高まっています。そこで注目されるのが「サンクスカードアプリ」です。でも、多くのアプリが市場に出ている中で、どれを選べばいいのでしょうか?

この記事では、まずサンクスカードとは何か、その歴史や形式について解説します。次に、なぜサンクスカードアプリが必要なのかという疑問に答え、さらにはおすすめの14選をメリット・デメリットと共に詳しくご紹介します。無料で使えるアプリから機能豊富な有料アプリまで、幅広い選択肢を比較しています。最後には、これらのアプリをどのように活用できるのか、具体的な使い方と活用例も織り交ぜて解説します。

感謝を形にする方法は一つではありませんが、この記事を通して最適な手段を見つけ、ビジネスでもプライベートでもより良い人間関係を築く一助となれば幸いです。

サンクスカードとは?

サンクスカードとは、文字通り「感謝のカード」を指します。このカードは、感謝やお礼の気持ちを形にして、相手に伝えるための手段として広く利用されています。伝統的には、紙に手書きでメッセージを記入し、直接渡すか郵送する形が一般的でした。しかし、デジタル化が進む現代では、オンラインで簡単に作成・送信できるサンクスカードアプリも増えています。

サンクスカードの歴史

サンクスカードの起源は明確には追えませんが、その根底には人々が長い歴史を通じて「感謝」を形にしたいという願いがあります。古くは手書きの手紙が一般的で、特別な日や出来事に際して、感謝やお礼の言葉を綴る習慣がありました。このような手紙は、家族や友人、ビジネス関係者など、多くの人々に送られていました。

20世紀に入ると、印刷技術の進化によって、プリントされたカードが一般的になりました。これにより、手軽に感謝の気持ちを伝えることができるようになり、多くの人々に受け入れられました。特に祝日や記念日、ビジネスの場での成功など、様々な場面でサンクスカードが用いられるようになりました。

そして、21世紀に入ってからは、デジタル化が進むにつれて、オンラインでのサンクスカードも登場。スマートフォンやコンピュータを使って、瞬時に全世界どこでも感謝の気持ちを送ることができるようになりました。このように、サンクスカードは時代と共に形を変えながらも、その基本的な目的、すなわち「感謝を形にする」ことは変わっていません。

サンクスカードの形式

サンクスカードにはいくつかの形式があります。紙ベースのものは、デザインやレイアウトが多種多様で、個々のニーズに合わせてカスタマイズが可能です。

一方で、デジタルのサンクスカードは、スマートフォンやコンピュータから瞬時に送れる利便性があります。特にアプリを使用すると、テンプレートやデザインが豊富に用意されているため、手軽に美しいカードを作成できます。

なぜサンクスカードアプリが必要なのか?

感謝の気持ちを伝える手段として、サンクスカードは長い歴史を有しています。しかし、現代社会は忙しく、時間や場所に制約が多いもの。そこで注目されるのが、サンクスカードアプリです。このアプリは、いくつかの明確な理由から必要とされています。

時間と効率性

従来の紙ベースのサンクスカードは、購入や作成、そして送付に時間がかかります。一方で、アプリを使用すると、これらのプロセスが大幅に短縮され、数分で感謝の気持ちを形にすることができます。

アクセシビリティ

スマートフォンやコンピュータがあれば、場所を問わずにサンクスカードを送ることができます。これは、遠くにいる友人やビジネスパートナーにも瞬時に感謝を伝えられる大きなメリットです。

カスタマイズと多機能性

多くのサンクスカードアプリには、テンプレートやデザインが豊富に用意されています。さらに、写真や動画、音楽などを添付することで、よりパーソナライズされたメッセージを送ることが可能です。

環境への配慮

紙ベースのカードは資源を消費し、廃棄する際にも環境負荷がかかります。デジタルのサンクスカードは、そのような環境負荷を軽減する選択肢となります。

おすすめのサンクカードアプリ14選

無料トライアルが出来るサンクスカードアプリ

日報アプリgamba!

特徴

  1. 現場の状況を見える化: gamba!はスマートフォンとPCで使えるクラウド管理の日報アプリです。写真や動画を無制限で添付でき、目標管理機能で進捗を数字で把握できます。
  2. 社内コミュニケーション活性化: 既読の確認ができ、1クリックで日報にリアクションが可能。これにより、チームの連携が高まります。
  3. 業務効率化: テンプレートは自由に設定可能で、選択式の項目も作成できます。これにより、日報作成が簡単になり、勤怠管理も可能です。
  4. 多機能: 社内報、目標管理、チャットなど、多くの機能が搭載されています。
  5. サポート体制: お問い合わせはチャット・電話・メールにて無料で受付。ITが苦手な方も安心して使用できます。

料金

  • 初期費用は0円で、最短1ヶ月からご利用可能。
  • 1ユーザー/月は816円から。

おすすめしたいユーザー

  • 現場の状況をリアルタイムで把握したい企業
  • 社内コミュニケーションを活性化させたいチーム
  • 業務効率化を目指す組織
  • 多機能な日報アプリを求める企業

NSKK

引用元サイト→MSKK公式サイト

特徴

  • 手書きの感触: このアプリは唯一の手書きサンクスカードアプリであり、手書きだからこそ伝わる「思い」や「気持ち」があります。
  • 場所を選ばない: スマートフォンで簡単に手書きできるので、場所を問わず「ありがとう」を伝えられます。
  • コミュニケーションの可視化: アプリ内で送受信の集計が可能で、社内コミュニケーションの状況を一目で把握できます。
  • 簡単操作: 複雑な機能は省かれ、誰でもすぐに使い始められるように設計されています。

料金

  • 無料トライアル: 現在、無料トライアルが実施中です。
  • 有料オプション: サンクスカードの解析やランキング作成など、さまざまな有料オプションがあります。

おすすめしたいユーザー

  • 社内コミュニケーションを活性化したい企業: 手書きの感触で「ありがとう」を伝えることで、社内のコミュニケーションがより温かくなります。
  • リモートワーク中のチーム: 場所を選ばずに感謝の気持ちを伝えられるので、リモートワーク中でもスムーズなコミュニケーションが可能です。
  • ペーパーレスを推進している企業: 紙のサンクスカードに比べ、デジタルで環境にも優しいです。

サイボウズOffice

引用元サイト→サイボウズOffice公式サイト

特徴

  • 使い勝手: サイボウズOfficeは日本のビジネスに合わせた使い勝手を追求しています。スケジュール共有、ワークフローなど、社内の情報共有を円滑にする機能が一つにまとまっています。
  • 多デバイス対応: パソコン、タブレット、スマートフォンなど、多くのデバイスに対応しています。高いセキュリティを確保しながら、社外からも簡単にアクセスできます。
  • 手頃な価格: 1ユーザー月額500円(税別)から利用でき、最低5ユーザーでの利用が可能です。30日間の無料試用もあります。
  • 長い歴史と多くの導入実績: 1997年の発売以降、ユーザーのニーズに合わせて進化を続け、累計導入社数は70,000社を突破しています。

料金

  • 1ユーザー月額500円(税別)から、最低5ユーザーでの利用が可能です。30日間の無料試用もあります。

おすすめしたいユーザー

  • 初めてのグループウェアを導入したい企業: サイボウズOfficeは使い勝手が良く、初めてのグループウェアとしても安心して利用できます。
  • 多機能なグループウェアを求める企業: スケジュール共有からワークフロー、多デバイス対応まで、多くの機能が一つにまとまっています。
  • コストパフォーマンスを重視する企業: 手頃な価格で多くの機能を利用できるため、コストパフォーマンスが高いです。

シナジーHR サンクス

引用元サイト→シナジーHRサンクス公式サイト

特徴

  • シンプルなUI: シナジーHR サンクスは、使いやすいインターフェースで、従業員が感謝の気持ちを簡単に表現できます。
  • リアルタイムフィードバック: アプリ内でリアルタイムに感謝のメッセージを送ることができ、その瞬間の成果や努力を称賛できます。
  • 統計データ: 感謝の回数や内容をデータ化し、組織内のポジティブな文化を形成する手助けをします。
  • 多機能性: ポイント制度やリワードの設定も可能で、より具体的な報酬を設定できます。

料金

  • 基本プラン: 無料で基本的なサンクスカード機能を利用できます。
  • プレミアムプラン: 月額料金が発生しますが、高度な統計やカスタマイズが可能です。

おすすめしたいユーザー

  • 中小企業: 予算が限られているが、従業員のモチベーションを高めたい企業に最適です。
  • リモートワーク環境: 対面でのコミュニケーションが少ない環境でも、このアプリを通じて感謝を伝えることができます。
  • 人事・HR担当者: 従業員のエンゲージメントを高める新しい手法として導入を検討している方におすすめです。

グラッチェコイン

引用元サイト→グラッチェコイン公式サイト

特徴

  1. 社内コミュニケーションの活性化: 従業員同士が「ありがとう」の気持ちを伝え合うことができるクラウドサービスです。
  2. 感謝の「見える化」: グラッチェポイントやコインを通じて、感謝の気持ちが具体的に表現されます。
  3. 離職率低下とモチベーション向上: 社内のコミュニケーションが活性化することで、離職率が低下し、モチベーションも向上します。
  4. 新機能「スーパーグラッチェ」: これは、感謝を送ると、受け取ったユーザーがポイントに加えてコインも得られる仕組みです。
  5. 予算管理と利用状況の見える化: 会社や事業所が持っているコインの収入と支出が明確になり、予算管理が容易になります。

料金

  • 無料お試しプラン: ¥0、ユーザー数は100人まで、ご利用期間は3ヶ月。
  • 導入プラン: 個別にご提案。ユーザー数は10人から、ご利用期間は1年から。

おすすめしたいユーザー

  • 社内コミュニケーションを活性化したい企業
  • 感謝の文化を育むことを重視する組織
  • 離職率を下げ、モチベーションを高めたい企業

無料から使えるサンクスカードアプリ

LineWorks(ラインワークス)

引用元サイト→LineWorks公式サイト

特徴

  • ビジネスチャット機能: LineWorksはLINEのビジネス版であり、LINEと同じような使い勝手があります。これにより、導入したその日から誰でもすぐに使えます。
  • 多機能: チャットだけでなく、メール、カレンダー、ファイル管理など、多くのグループウェア機能が一つのアプリに集約されています。
  • セキュリティ: 24時間365日の体制でセキュリティがモニタリングされており、国際認証も取得しています。
  • 連携ツール: 他社サービスとの連携も可能で、業務プロセスの効率化が図れます。

料金

  • 無料のフリープランあり(100人まで利用が可能)
  • スタンダードプラン450円/月/1ユーザ
  • アドバンストプラン800円/月/1ユーザ

おすすめしたいユーザー

  • 大企業から中小企業まで: 多機能性と高いセキュリティ対策がされているため、企業規模を問わず導入が可能です。
  • LINEユーザー: LINEとの連携が強いため、すでにLINEをプライベートで利用している人には特におすすめです。

Lark

引用元サイト→Lark公式サイト

特徴

  • オールインワン: チャット、ビデオ会議、文書の共同編集、メール、ワークフローなど、多機能が一つのプラットフォームで統合されています。
  • モバイル対応: スマホ1台で業務報告から店舗管理まで可能。QRコードを使った連携もあります。
  • データの見える化: 売上データや品質管理、スタッフの勤務状況など、経営に必要な情報を一覧できます。
  • カスタマイズ可能: 業務に合わせて独自の設定が可能です。
  • 専門のサポート: デジタルコンサルタントが導入からサポートを提供します。

料金

  • STARTERプラン: ユーザー数50人まで、ビデオ会議時間60分/回まで、共有ストレージ100GBまで。
  • ENTERPRISEプラン: ユーザー数無制限、高度なデータ損失防止(DLP)、共有ストレージ10TBまで。

おすすめしたいユーザー

  • 多機能を求める企業: 一つのプラットフォームで多くの業務を効率化したい企業におすすめです。
  • リモートワーク環境の企業: 物理的な距離があっても、Larkでスムーズなコミュニケーションと業務進行が可能です。
  • データ分析に重点を置く企業: 売上や人事評価など、多角的なデータ分析が必要な企業には特に有用です。

Notion

引用元サイト→Notion公式サイト

特徴

  • 多機能性: NotionはWiki、ドキュメント、プロジェクト管理など、多くの機能を一つのプラットフォームで提供しています。
  • シンプルかつパワフル: インターフェースはシンプルで美しいが、多くの高度な機能も備えています。
  • 柔軟性: Notionはユーザーのニーズに適応し、必要に応じてシンプルにも、または高度にも使うことができます。
  • AIの活用: Notion AIという機能もあり、AIの力を内部で利用することができます。

料金

  • プラスプラン 月/10?
  • ビジネスプラン 月/18?
  • エンタープライズプラン 月/25?

おすすめしたいユーザー

  • 多機能なツールを求めるユーザー: Wiki、ドキュメント、プロジェクト管理など、多くの機能を一つで管理したい方には最適です。
  • 柔軟なカスタマイズを望むユーザー: 自分のニーズに合わせてカスタマイズが可能なので、個々の要求に応じた使い方ができます。
  • AIを活用したいユーザー: AIの力を活用して、より効率的な作業をしたいと考えている方にもおすすめです。

機能豊富な有料サンクスカードアプリ

Unipos

引用元サイト→Unipos公式サイト

特徴

  • ポイント制度: 社内での感謝や貢献をポイントで表現できます。
  • リアルタイムフィードバック: 社員同士がリアルタイムでフィードバックを送ることができます。
  • 分析ツール: チームや個人のパフォーマンスを分析するツールが備わっています。
  • 統合可能: SlackやMicrosoft Teamsなど、他のコミュニケーションツールと統合できます。

料金

  • ウェブサイトには料金に関する具体的な情報は掲載されていません。詳細は直接お問い合わせが必要です。

おすすめしたいユーザー

  • リモートワーク中のチーム: 物理的な距離があっても、感謝や貢献をしっかりと表現したい場合。
  • パフォーマンスを高めたい企業: 社員のモチベーションを向上させ、業績を上げたい企業。
  • コミュニケーションを活性化したい組織: 社内コミュニケーションをよりスムーズにし、働きやすい環境を作りたいと考えている組織。

THANKS GIFT(サンクスギフト)

引用元サイト→THANKS GIFT公式サイト

特徴

  • 理念の浸透: THANKS GIFTは企業のミッション、ビジョン、バリューを従業員に浸透させることで、エンゲージメントの向上や企業文化の醸成を促します。
  • サンクスカード: 上司や部下、同僚間で感謝や称賛を伝えることができ、これが可視化されるため、社内のコミュニケーションが活性化します。
  • 福利厚生機能: 社内で「ポイント」や「社内通貨」を貯めることができ、これを企業独自の福利厚生や社内制度に活用できます。

料金

  • ウェブサイトには料金に関する具体的な情報は掲載されていません。詳細は直接お問い合わせが必要です。

おすすめしたいユーザー

  • 組織文化の醸成を目指す企業: 理念やバリューをしっかりと浸透させたい企業には最適です。
  • コミュニケーション活性化を目指す企業: サンクスカード機能を使って、社内コミュニケーションをより健全かつ活発にしたい企業におすすめです。
  • 福利厚生の充実を考える企業: 社内通貨やポイントを活用して、従業員のモチベーションを高めたい企業に適しています。

Tunag(ツナグ)

引用元サイト→Tunag公式サイト

特徴

  • エンゲージメント経営: Tunagはエンゲージメントを高めるための多角的なアプローチを提供します。企業の組織課題に対して、自社の文化に合わせた施策の設計から実行、分析までをワンストップでサポートします。
  • 情報共有: 社内の情報共有ツールを一元化でき、コミュニケーションの活性化が可能です。
  • タレントマネジメント: 組織図やプロフィールを可視化し、タレントマネジメントとしても活用できます。
  • 業務効率化: カレンダーやワークフロー機能も搭載されており、日常的な業務の効率化が可能です。
  • サンクスカード: 社内での称賛の文化を構築するためのサンクスカードの運用や、社内ポイントのやり取り、社内表彰の取り組みが可能です。

料金

  • ウェブサイトには料金に関する具体的な情報は掲載されていません。詳細は直接お問い合わせが必要です。

おすすめしたいユーザー

  • エンゲージメントを高めたい企業: Tunagはエンゲージメント向上に特化したプラットフォームであり、そのために必要な多くの機能が備わっています。
  • 情報共有を効率化したい企業: 一元化された情報共有ツールにより、社内コミュニケーションがスムーズになります。
  • 多機能なプラットフォームを求める企業: タレントマネジメントから業務効率化、社内表彰まで、多くの機能が一つのプラットフォームで利用できます。

RECOG

引用元サイト→RECOG公式サイト

特徴

  • シンプルなUI: RECOGは、使いやすいインターフェースで、誰でも簡単にサンクスカードを作成・送信できます。
  • 多機能性: 画像やGIF、スタンプを使って、感謝のメッセージをパーソナライズできます。
  • チームビルディング: 社内での感謝文化を育むことができ、チームの士気を高めます。
  • データ分析: 送受信したサンクスカードのデータを分析し、社内のコミュニケーションを可視化します。
  • 多言語対応: 英語、日本語、中国語など、多言語に対応しています。

料金

  • ウェブサイトには料金に関する具体的な情報は掲載されていません。詳細は直接お問い合わせが必要です。

おすすめしたいユーザー

  • 中小企業: 予算が限られているが、社内文化を大切にしたい企業には最適です。
  • リモートワークチーム: 物理的な距離がある場合でも、このアプリで簡単に感謝を伝えられます。
  • 多言語のチーム: 複数の言語を話すチームには、多言語対応が大いに役立ちます。

TeamSticker

引用元サイト→TeamSticker公式サイト

特徴

  1. カジュアルなコミュニケーション: TeamStickerは、感謝や称賛の気持ちをサンクスカードでカジュアルに伝え合うことができるツールです。
  2. 気軽な使用感: スマートフォンやPCから簡単にアクセスでき、手軽に感謝のメッセージを送ることができます。
  3. チームビルディング: このようなツールは、チーム内のコミュニケーションを活性化し、良い雰囲気を作る助けとなります。

料金

  • ウェブサイトには料金に関する具体的な情報は掲載されていません。詳細は直接お問い合わせが必要です。

おすすめしたいユーザー

  • 社内コミュニケーションを活性化したい企業
  • リモートワークでのコミュニケーションが必要なチーム
  • 感謝の文化を育むことを重視する組織

GRATICA(グラティカ)

引用元サイト→GRATICA公式サイト

特徴

  1. 感謝の可視化: GRATICAは、感謝の気持ちをカードを通して伝え合うサンクスカードサービスです。誰がどんな内容の感謝を受けているかが質的・量的に可視化(数値化)できます。
  2. モチベーション向上: 普段の行いが感謝されることで、従業員の満足度が向上します。
  3. 多彩なカード: 1000種類以上のサンクスカードから選べます。動物のイラストや季節ごとのイベントなどがあり、楽しみながら感謝を伝えられます。
  4. データの集計: サンクスカードのやり取りのデータはダウンロード(Excel・CSV)が可能です。
  5. LINE連携: LINEトークにグラティカの公式アカウントを追加すると、LINEアプリからもサンクスカードが送れます。

料金

  • ウェブサイトには具体的な料金情報は記載されていませんが、資料ダウンロードで詳細が確認できます。

おすすめしたいユーザー

  • 社内コミュニケーションや従業員のモチベーション向上に課題を感じている企業

サンクスカードアプリおすすめの選び方7つのコツ

サンクスカードアプリは多くの種類があり、どれを選ぶかは一見簡単なようでいて難しいもの。そこで、このセクションでは、おすすめのアプリを選ぶ際の7つのコツを詳しく解説します。

1. ユーザーレビューをチェックする

アプリストアやウェブサイトでのユーザーレビューは、そのアプリが実際にどれほど使いやすいか、または問題があるかどうかを知る貴重な情報源です。特に、多くの高評価があるアプリは信頼性が高い傾向にあります。

レビューチェックにおすすめのサイトはこちら!
BOXIL SaaS(ボクシル サース)- SaaS比較サイト
ITトレンド|利用率No.1の法人向けIT製品の比較・資料請求

2. インターフェースの使いやすさ

使い勝手の良いインターフェースは、アプリをスムーズに操作できるかどうかを大きく左右します。特に初心者にとっては、直感的な操作性は非常に重要です。

3. テンプレートとデザインの豊富さ

多くのテンプレートやデザインオプションがあると、様々な場面や相手に合わせてカードをカスタマイズできます。これが、一枚一枚のカードに心を込める秘訣です。

4. カスタマイズ性

写真やテキスト、さらには動画や音楽を自由に追加できるアプリは、感謝の気持ちをよりパーソナルな形で表現できます。これにより、受け取った人も特別に感じるでしょう。

5. 送信方法の柔軟性

メールはもちろん、SNSやメッセンジャーアプリで簡単に送れるアプリは、多様なコミュニケーション手段に対応しています。これにより、相手のライフスタイルに合わせて最適な送信方法を選べます。

6. 価格とプラン

無料で基本的な機能を提供しているアプリも多いですが、有料プランでさらに多くのオプションが解放される場合もあります。予算に合わせて選ぶことが重要です。

7. サポートとアップデート

頻繁にアップデートが行われるアプリは、新機能が追加されたり、バグが修正されたりする可能性が高いです。また、充実したカスタマーサポートがあると、何か問題が発生した際にも安心です。

サンクスカードの活用例

サンクスカードアプリをうまく活用することで、感謝の気持ちを効果的に伝えることができます。以下に、具体的な使い方と活用例を紹介します。

サンクスカードのオフィスでの活用方法

  • プロジェクト完了後のお礼: プロジェクトが無事完了した際に、チームメンバーや関係者に感謝の気持ちを伝えます。
  • 上司やメンターへの感謝: 年末やプロモーションの際に、指導やサポートをしてくれた上司やメンターに感謝のメッセージを送る。
  • ビジネスパートナーへのフォローアップ: 商談や会議が終わった後に、参加者やビジネスパートナーに感謝の意を示す。

サンクスカードのプライベートでの活用方法

  • 誕生日や記念日: 友達や家族の誕生日、記念日にパーソナライズされたサンクスカードを送る。
  • イベントやパーティー後: イベントやパーティーが終わった後、主催者や参加者に感謝の気持ちを伝える。
  • 日常の小さな感謝: 隣人が荷物を持ってくれた、友達が助言をくれたなど、日常生活での小さな感謝も形にして伝える。

まとめ

この記事では、サンクスカードとそのデジタル化された形、サンクスカードアプリについて詳しく解説しました。サンクスカードは、感謝の気持ちを形にする古くからの手段ですが、現代の忙しい生活においては、その効率性と便利さからアプリが非常に有用であることがわかりました。

特に、時間と効率性、アクセシビリティ、カスタマイズ性、そして環境への配慮といった点で、サンクスカードアプリは多くのメリットを提供しています。そして、おすすめの14選を通じて、それぞれのアプリがどのような特長とメリット・デメリットを持っているのかを比較しました。

お気軽にご相談ください

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!