リーダーシップ 日報の活用術TOP

ストレスチェック制度を無駄にしない!制度施行2年目の使い方とは

2017年3月7日

ストレスチェック制度が導入され、はや2年目を迎えようとしています。そろそろ第2回目の実施を考えなければいけない時期がやってきました。ですが、ストレスチェック制度の実施が、形式上で終わってしまっている企業も少なくないのが実情です。ストレスチェック制度が単なる「うつ病予備軍のあぶり出し」で終わってしまっては真の問題解決にはなりません。

国の大方針である「働き方改革」は長時間労働の是正にベクトルが向き始めているが、職場のストレス軽減は「働きやすい職場つくり」によって解決するべきなのです。より働きやすい職場をつくるという意味でも、「働き方改革」というのは、マネジメントの努力が必要不可欠となります。

ストレスチェック制度施行1年目の実績をふまえて、2年目以降は運用を工夫し、さらに職場への結果フィードバックをどのように果たすかが問われることになります。では、具体的にどのようなことに着目して今年度のストレスチェックを実施すればいいのでしょうか。具体的なポイントを紹介させていただきます。

ストレスチェック制度の画像

ストレスチェック制度の使い方① 去年と比較しメンタルの変化を知ろう

そもそも、ストレスチェックの目的は、個人が自身のメンタルの状態を知ることと、組織のストレス状態を知ることの二つです。一つ目の「自身のメンタルの現状を知る」という点では、経年変化に関心を払う必要があるということを覚えておきましょう。

職場の状況や、仕事の状況に応じて、個人にかかるストレスは毎日、毎年変化をしていきますので、去年に比べて今年はどうか、自分の中での比較が大切です。運営する側もそれを促すように心がけましょう。特に2年目の結果は、1年目のスコアとの違いに注意を払ってみるようにしましょう。

厚生労働省が推奨する57項目の職業性ストレス簡易調査票では、他者との比較ではなく、去年の自分がどのように答えていたかという過去の自分との比較が重要だといわれています。また、高ストレス者の面談指導の申し出促進も課題となっています。

制度上、なかなか面接指導に手を挙げにくいといった問題点はあるものの、やはり高ストレスな状況が放置されることは健全ではありません。かといって、ストレスチェック制度が終わった後に「高ストレス者への面談」とあからさまに呼びつけるようなことをしてしまっていけません。

余計にストレスを感じさせることになり、それではただのつるし上げのような状態になりかねません。ストレスチェック制度をうまく活用できるかどうかは、会社側の面接指導を受けやすくするための雰囲気作り、制度作りも必要となるのです。

メンタルの変化を知る画像

ストレスチェック制度の使い方② 自社のESを知ろう

組織のストレス状態を知るという観点からは、集団分析を活用するのが望ましいです。しかし、実際には多くの事業所で、集団分析の実施自体や、集団分析を実施したとしてもその結果活用に対する意識は薄いというのが現状です。

働きやすい職場をつくるという意味では、ES(従業員満足度)調査とストレスチェックは、かなり結果がリンクしていますから、ストレスチェックをやれば自社のESをある程度知ることができるといっても過言ではありません。

単に会社の義務としてストレスチェックをするのではなく、その結果から会社は何を得るのか、というところが一番重要なのです。このように、ストレスチェック制度活用のためには、まず会社の姿勢が問われることになるのです。

自社のESを知る画像

ストレスチェック制度をいかに活用できるかは会社の姿勢次第

ストレスチェック制度を単なる義務としてとらえ、「単純に従業員にやらせ、集計を取って終わり」としてしまうと、得られるものも得られません。しっかりと個人の目線、会社の目線ではかり、分析することによって得られる効果やとるべき対策というものが見えてくる制度となっているのです。

ストレスチェック制度2年目を迎え、ここでどのような対応をするかが会社の姿勢を問われるといっても過言ではありません。働き方改革で1番大切なことは、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を日々回し「習慣化」することです。習慣化させるオススメの手法は「日報」。

毎日のことなので、できる限り手早く報告するのがベストです。かといって、事務的に書くだけのためのものでもありません。簡潔に伝えつつ、今日一日の仕事の中から得た気づきや学びを振り返ることで、より仕事のレベルを高めるツールです。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、「日報のテンプレート機能」や、「Googleカレンダーとの連携(コピペ)機能」など、毎日たった5分で素早く的確な日報を作成するための機能があります。 「毎日のたった5分」で仕事のレベルが確実に高まります。また、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されている他、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、目標達成を行うための機能が満載です。

ストレスチェック制度の画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!