日報の活用術 日報の活用術TOP

部下から将来感謝される「叱り方」5つのポイント

2017年3月21日

部下を叱る際、頭ごなしに叱りつけてしまったりしていませんか?そのような叱り方では相手に受け入れられず改善が見られないどころか、信頼関係まで崩れることにもなりかねません。

「あの時、部長に叱っていただいたから、今の自分があるんです。」そんな、部下の成長を促し、将来、部下に感謝されるような「叱り方」をするためには、どのようなポイントに注意をするとよいのでしょうか。

部下から将来感謝される画像

部下から感謝される叱り方① 認識にズレがないか?事実確認をする

部下を叱る際、いきなり叱るのではなくまずは事実確認をすることが大切です。人は見えている事実のみで「こうに違いない」と決めつけることがあります。しかし、もしかしたらあなたに見えていない事実があるのかもしれません。

たとえば部下が仕上げた仕事の内容が、自分の指示と違っていたとき、「どうして指示通りやらないんだ!」と叱りたくなりますよね。でも、部下が指示通りにおこなわなかった理由が、他の上司に「こっちのやり方でやれ」と指示されたからだったとしたらどうでしょう。

部下は「俺が悪いわけじゃないのに」と、心を閉ざしてしまいます。あなたから見て、「どう見てもこうに違いない」と思うことでも、叱る前に念のため、事実確認をしておくことが大切です。

事実確認をする画像

部下から感謝される叱り方② 相手の言い分を聞く

事実確認をした結果、やはり部下が悪かったとしても、頭ごなしに𠮟りつけるのは効果的ではありません。相手から反発されることがあるためです。叱られた内容を相手が受け入れ改善をしなければ、叱った意味がありません。相手が叱られた内容を受け入れやすくするためには、相手の言い分を聞いたうえで叱ることが大切です。

たとえば、部下が連絡なしに遅刻をしてきたとします。連絡もなしに遅刻をすることは、社会人として好ましくない行為です。どんな理由があったとしても叱らなければなりません。しかし、やむを得ない状況だったということも考えられます。

叱る前に部下の言い分を聞き、状況を把握したうえで、とるべきだった行動を伝えましょう。部下は言い分を聞いてもらえることで、叱られた内容を受け入れやすくなります。

相手の言い分を聞く画像

部下から感謝される叱り方③ 例え話を交え「叱る理由」を明確にする

たとえ自分が「当たり前だ」と思っていることでも、若い部下にとっては理解しがたいということはたびたびあります。あなたが叱った内容について部下が理解をしていなければ、部下は叱られた理由がわからず、あなたに対し不信感を抱いてしまいます。

部下を叱るときは、必ず何が悪いのか、理由を明確に示しましょう。伝わりにくい内容の時は、相手がわかりやすいようなたとえ話をはさみながら説明すると、よりわかりやすく、受け入れられやすくなります。

部下から感謝される叱り方④ 改善策を自ら考えさせる

部下を叱るとき、つい「こうしろ」と上から指示をしてしまいがちです。しかしこれでは部下は自分で考えることをしなくなります。また、「叱られたからとりあえず従った」ということになりがちで、改善するもののその場限りになってしまうこともあります。

しかし自ら改善策を考えるように促すことで、「自分で選択して決める」ことになり、改善策を「責任をもって実行しよう」というモチベーションが高まります。

改善策を自ら考えさせる画像

部下から感謝される叱り方⑤ 期待していることを伝える

部下を叱るとき、期待をしているからこそ叱ることがあります。しかし、部下にその事実が伝わらなければ、「どうして自分ばかり叱られるんだ」とかえってモチベーションが下がってしまいます。

部下に期待をしているのなら、その気持ちをしっかりと言葉にして伝えましょう。叱った後に「期待しているぞ」と一言付け加えるだけで、部下のモチベーションはアップします。

正しい叱り方で部下の成長を促そう

部下を叱るときは、相手に伝わるように叱らなければ意味がありません。叱った内容がその場限りにならないよう、相手に受け入れられやすい叱り方を工夫し、部下の成長を促しましょう。部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回す支援をすることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準設定されているだけでなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や上司のための支援機能が満載です。

部下の成長を促す画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!