日報の活用術 日報の活用術TOP

部下から将来感謝される「叱り方」5つのポイント

2018年1月21日

部下を叱る際、頭ごなしに叱りつけてしまったりしていませんか?そのような叱り方では相手に受け入れられず改善が見られないどころか、信頼関係まで崩れることにもなりかねません。

「あの時、部長に叱っていただいたから、今の自分があるんです。」そんな、部下の成長を促し、将来、部下に感謝されるような「叱り方」をするためには、どのようなポイントに注意をするとよいのでしょうか。

部下から将来感謝される画像

部下から感謝される叱り方① 認識にズレがないか?事実確認をする

部下を叱る際、いきなり叱るのではなくまずは事実確認をすることが大切です。人は見えている事実のみで「こうに違いない」と決めつけることがあります。しかし、もしかしたらあなたに見えていない事実があるのかもしれません。

たとえば部下が仕上げた仕事の内容が、自分の指示と違っていたとき、「どうして指示通りやらないんだ!」と叱りたくなりますよね。でも、部下が指示通りにおこなわなかった理由が、他の上司に「こっちのやり方でやれ」と指示されたからだったとしたらどうでしょう。

部下は「俺が悪いわけじゃないのに」と、心を閉ざしてしまいます。あなたから見て、「どう見てもこうに違いない」と思うことでも、叱る前に念のため、事実確認をしておくことが大切です。

事実確認をする画像

部下から感謝される叱り方② 相手の言い分を聞く

事実確認をした結果、やはり部下が悪かったとしても、頭ごなしに𠮟りつけるのは効果的ではありません。相手から反発されることがあるためです。

叱られた内容を相手が受け入れ改善をしなければ、叱った意味がありません。相手が叱られた内容を受け入れやすくするためには、相手の言い分を聞いたうえで叱ることが大切です。

たとえば、部下が連絡なしに遅刻をしてきたとします。連絡もなしに遅刻をすることは、社会人として好ましくない行為です。どんな理由があったとしても叱らなければなりません。しかし、やむを得ない状況だったということも考えられます。

叱る前に部下の言い分を聞き、状況を把握したうえで、とるべきだった行動を伝えましょう。部下は言い分を聞いてもらえることで、叱られた内容を受け入れやすくなります。

相手の言い分を聞く画像

部下から感謝される叱り方③ 例え話を交え「叱る理由」を明確にする

たとえ自分が「当たり前だ」と思っていることでも、若い部下にとっては理解しがたいということはたびたびあります。あなたが叱った内容について部下が理解をしていなければ、部下は叱られた理由がわからず、あなたに対し不信感を抱いてしまいます。

部下を叱るときは、必ず何が悪いのか、理由を明確に示しましょう。伝わりにくい内容の時は、相手がわかりやすいようなたとえ話をはさみながら説明すると、よりわかりやすく、受け入れられやすくなります。

部下から感謝される叱り方④ 改善策を自ら考えさせる

部下を叱るとき、つい「こうしろ」と上から指示をしてしまいがちです。しかしこれでは部下は自分で考えることをしなくなります。

また、「叱られたからとりあえず従った」ということになりがちで、改善するもののその場限りになってしまうこともあります。

しかし自ら改善策を考えるように促すことで、「自分で選択して決める」ことになり、改善策を「責任をもって実行しよう」というモチベーションが高まります。

改善策を自ら考えさせる画像

リーダーシップを習慣化する日報アプリはこちら

部下から感謝される叱り方⑤ 期待していることを伝える

部下を叱るとき、期待をしているからこそ叱ることがあります。しかし、部下にその事実が伝わらなければ、「どうして自分ばかり叱られるんだ」とかえってモチベーションが下がってしまいます。

部下に期待をしているのなら、その気持ちをしっかりと言葉にして伝えましょう。叱った後に「期待しているぞ」と一言付け加えるだけで、部下のモチベーションはアップします。

正しい叱り方で部下の成長を促そう

部下を叱るときは、相手に伝わるように叱らなければ意味がありません。叱った内容がその場限りにならないよう、相手に受け入れられやすい叱り方を工夫し、部下の成長を促しましょう。

働き方改革が叫ばれる昨今、コミュニケーションを活性化し、情報共有をよりスムーズにしたいと考える企業が増え、日報アプリを活用する企業が急速に増えています。

日報をアプリで管理することでどんな効用があるのでしょうか。今回は、人気の日報アプリgamba!(ガンバ)をご紹介します。

全体

①行動を振り返り、修正できる

うまくいったことは、そのやり方を繰り返せば更に大きな成果が生まれます。日報でその日の仕事を振り返ることは、大きな意味があります。

書き方がバラバラだと、内容に個人差が出たり、報告すべき内容が漏れます。

gamba!にはフォーマットが用意されているので、何を書こうか悩んで日報作成に時間を費やしたり、報告漏れを防ぎます。

テンプレート

 

②情報の横展開ができる

メールだと1:1のやり取りになりがちです。日報は共有することに意味があります。

また、仕事がデキる社員の動きを学べば、全社員のスキルの底上げに繋がります。

上司のコメントから同僚のアドバイスまで共有できる

みんなからコメントがもらい、問題解決ができます。

また、いいところを褒めると、部下のモチベーションは上がります。

「褒める⇒モチベーションが上がる⇒さらに頑張る!」この繰り返しで、部下の行動量は増えるのです。

チームワークが良くなる

各事業部が今どんな取り組みをしているかはもちろん、誰がどんな事を考えていて、今どんな進捗状況なのかわかります。

そうすると、周囲も積極的にフォローができ、連携がよくなります。

 

③競争心に火がつく

日報と一緒に売上報告するだけで、達成率の推移をグラフ化できます。

メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。

実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

バーなし

 

④どこでも日報を書ける、読める、チャットもできる!

スマートフォンアプリがあるので、通勤途中に目を通したり、会社に戻らず直帰するとき、出先から日報を提出できて便利です。

さらに、LINEのようなチャット機能も搭載。LINEを業務利用すると、個人情報の流出の恐れなどセキュリティー面で危険が伴います。

仕事では、セキュリティー機能のある業務専用チャットを使うのがベター。

チャット

 

⑤Googleカレンダーからスケジュールを同期できる

日報を書くのは仕事終わり。疲れがピークに達し、早く書き終えて帰りたいもの。

そんななか、「今日何したんだっけ?」と思い出しながら書くのは時間がかかり、日報を面倒臭いと思わせる要因。

でもgamba!ならクリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピー!複数の予定をカンタンに貼り付け、週報もラクラク作成できます。

カレンダー

いますぐ日報アプリを導入しよう

外出先や移動中に日報を書いたり、部下にコメントを手早く返すことができれば、仕事の能率がグッとあがります。

日報のために、わざわざ会社に戻る必要はありません。便利な機能で、これまであなたのチームを煩わせていた作業を一掃できます。

いまなら15日間無料のトライアルを実施中 

日報もアプリでスマートに管理する時代。新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

会社様に応じた効果的な使い方を相談できる「オンライン無料相談」を開催しています。

日報アプリを見る画像_png


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!