働き方の変化 目標達成するチームTOP

働き方改革はコミュニケーション改善から!社内SNSが盛り上がるポイント

2017年3月22日

働き方改革を進める中で、社内コミュニケーションを活性化させたいと考え、社内SNSを検討する企業が増えています。

社内コミュニケーションを活性化させるためにはどのようなポイントをおさえればよいのでしょうか?社内SNSを利用したコミュニケーション活性化のポイントを説明します。

働き方改革はコミュニケーション改善から!社内SNSが盛り上がるポイント

社内SNSで働き方改革①社員やアルバイトなどのユーザーに、導入目的を伝える

まずは社内SNSを利用して何をするのか、目的を明確にすることが大切です。人間は基本的には変化を嫌うものです。特に組織の中では、新しい取り組みに抵抗する人が多いので、どうしてこのシステムを使う必要があるのか、なぜ使わなければならないのかという視点から企画を明確にしていく必要があります。

例えば、店舗からのコミュニケーションはすべて社内SNSで統一するようにします。すると、店舗で働いているアルバイトが、本部に対して自分の意見や考えを伝えたいとき、社内SNSで自分の意見や考えを投稿することができます。必要性が理解できれば、ユーザーは自然と利用するようになります。

利用が促進されると、社内SNSの価値がわかり、利用者が増え、企業にとっても有益な情報がたくさん上がってきます。コミュニケーションを活性化させるためにはこのようなよい循環を作ることが大切です。

社内SNSで働き方改革①社員やアルバイトなどのユーザーに、導入目的を伝える

社内SNSで働き方改革②使うべき機能は最低限にする

社内SNSを取り入れるときに、コミュニケーションを取りたいがためについつい色々な機能を搭載したいと思いがちです。しかしそれでは、何ができるのかわからない⇒面倒くさい⇒社内SNSを利用しない、といった悪循環に陥りかねません。

重要なのは、ログインしたときにぱっと画面を見て何が出来るか理解できるような設計にし、出来ることをあえて減らすことです。そうすることで社内SNSでは何が出来てどんなメリットがあるか直感的に理解できるようになり、使ってみようという気持ちになってもらいやすいのです。社内SNSを使ってコミュニケーションを活性化したいと思ったら、機能を減らしてわかりやすくすることが大事です。


 

 

社内SNSで働き方改革②使うべき機能は最低限にする

社内SNSで働き方改革③オフ情報も掲載できるようにする

いきなり、全員で社内SNSを始めるのではなく、ある程度の人数で情報が頻繁に交換し、盛り上がってきたところで、少しずつユーザーを増やしていくという流れをとることをおすすめします。そのためにはネット上でコミュニケーションをとることに慣れている若手社員に協力してもらうことが不可欠です。

また、「この社内SNSは便利だよ」と教えるためには、オフの情報をたくさん掲載しておくのもよい。例えば「会社近くの安くておいしいランチのお店」「会社内でのサークルの活動紹介」など、オフの情報を掲載してよい運用ルールを作り、何でも投稿してもいいんだという雰囲気を作ることで利用頻度が上がり、コミュニケーションが活性化します。

社内SNSで働き方改革④新入社員コンテンツは早期離職を防ぐ

新入社員は、最初は研修を一緒に受けた同期の仲間でも、何ヶ月もすれば配属で全国バラバラになってしまいます。その同僚といつでもコミュニケーションできる場所を社内SNSで用意すると、悩みや成功体験の共有ができます。

ある大手メーカーでは社内SNSの年度別新入社員コミュニティをクローズドにすることで、新入社員同士だけで安心してコミュニケーションできるように設計している。そのため新入社員の満足度が非常に高くなり、離職率も下がったということです。

特に最近の若年層はFacebookなどのソーシャルメディアの利用が当たり前になっているので、ネット上でのコミュニケーションに違和感を覚えることなく利用してくれます。

社内SNSを活用して社内コミュニケーションを活性化しよう

社内SNSを活用してコミュニケーションを活性化するポイントをご紹介しました。社内SNSは仕事上の情報共有だけでなく、社員同士のコミュニケーションを図る大切なツールの1つとなっています。ぜひ社内SNSを活用して働き方改革へとつなげてみてください。

働き方改革で1番大切なことは、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を日々回し「習慣化」することです。習慣化させるオススメの手法は「日報」です。毎日のことなので、できる限り手早く報告するのがベストです。かといって、事務的に書くだけのためのものではなく、簡潔に伝えつつ、今日一日の仕事の中から得た気づきや学びを振り返ることで、より仕事のレベルを高めるツールです。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、「日報のテンプレート機能」や、「Googleカレンダーとの連携(コピペ)機能」など、毎日たった5分で素早く的確な日報を作成するための機能があります。 「毎日のたった5分」で仕事のレベルが確実に高まります。また、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されている他、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日々の業務の中でPDCAサイクルを回し、目標達成を行うための機能が満載です。

gamba

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!の
詳しい資料を
いますぐ無料で入手!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!