新入社員教育 日報の活用術TOP

悩める上司必見!やる気のない新入社員を奮い立たせる3つ方法

2017年3月29日

新入社員のやる気がないのは、「上司とのコミュニケーション不足」が原因かもしれません。新入社員のやる気がアップするかダウンするかのカギは、上司とのコミュニケーションにあるといっても過言ではありません。今回は、新入社員がやる気をアップさせるコミュニケーションについて、3つのポイントを紹介します。

やる気のない新入社員を奮い立たせる画像

やる気のない新入社員を奮い立たせる方法①話しかけやすい雰囲気を作る

新入社員の教育は、非常に大きな労力を必要とする。最近は管理職の方自身がプレイヤーとして期待されることも増えており、管理職業務以外にも、たくさんのことをやらなければいけない状況にあり、新入社員とのコミュニケーションに十分な時間を裂くことができないのが現状。

新入社員は初めての会社勤めに多くの不安を抱えています。「やる気がない」ように見えるのは、不安が大きくどのようにふるまえばよいのかわからないだけかもしれません。仕事の不安は、上司に相談することで解消できることも多いはず。

新入社員にとって、上司は恐れ多い存在。ただでさえ話しかけるのを躊躇してしまうのに、いつも忙しそうな姿をみると、なおさら話しかけにくくなってしまいます。新入社員が不安を解消しリラックスして仕事に臨めるよう、上司は新入社員が話しかけやすい環境づくりをすることが大切です。

どんなに忙しくても、新入社員とのコミュニケーションは欠かさないようにしましょう。少しの時間でも、新入社員に自分から声をかけるように心がけてみてください。そうすることで、新入社員は上司との信頼関係を築きやすくなり、自分から相談がしやすくなります。

話しかけやすい雰囲気を作る画像

やる気のない新入社員を奮い立たせる方法②「対話」を意識する

上司と新入社員のコミュニケーションといえば、仕事に関する話題に終始しがちです。先ほども少し触れましたが、最近の管理職の方は仕事が忙しく時間に余裕がありません。そのため新入社員に対して仕事の指導以外の話をじっくりとする時間がないのです。仕事の指導はもちろん大切ですが、もっと大切なのが、「対話」を意識することです。

仕事の指導に終始すると、上司からの一方的な指示になりがち。これでは新入社員のやる気はしぼんでしまいます。同じ仕事の話をするにしても、「きみはどう思う?」 と相手の意見を引き出したり、仕事とは関係のない話題をふったりするなど、新入社員がフランクに話ができるよう配慮することが大切。

そうすることで、新入社員は上司に対し親近感を持ち、意見も言いやすくなります。新入社員からも意見を出すことができ、上司もその意見に耳を傾けるといった関係づくりをすることで、新入社員のやる気がアップします。

「対話」を意識する画像

やる気のない新入社員を奮い立たせる方法③仕事の意味や目的を共有する

新入社員の多くが、入社してきた当初はやる気に満ち溢れています。そのやる気が奪われる理由の多くは「仕事をする意味を見失う」こと。いきなり大きな仕事を任されることははく、最初は地味で簡単な仕事の繰り返し。やる気が大きければ大きいほど、「こんな仕事をするためにこの会社に入社したわけではない」と考えてしまうのです。

上司は新入社員とコミュニケーションを密に取り、今取り組んでいる仕事が、将来の大きな仕事につながるのだということを新入社員に十分理解させるようにしましょう。新入社員は、今自分が取り組んでいる仕事の意味や目的が明確になることで、やる気を奮い立たせることができます。

仕事の意味や目的を共有する画像

円滑なコミュニケーションで新入社員のやる気をアップ!

新入社員のやる気不足は、上司とのコミュニケーション次第で解消されることがほとんど。忙しい毎日の中で、新入社員とのコミュニケーションは後回しになりがちですが、新入社員とのコミュニケーションを大切にすることで、新入社員のやる気はアップします。

新入社員が成長することで、業務も円滑に進むように。忙しさに流されず、新入社員とのコミュニケーションに時間を割くことは、先の業務を円滑に進めるための重要なポイントです。

新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメ。上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新入社員育成の支援機能が満載です。

新入社員のやる気をアップする画像

  • 日報フォーマットをあらかじめ登録できるテンプレート機能

  • Googleカレンダーから簡単にその日の予定を日報にコピーできるカレンダー機能

  • 売上などの目標達成率を簡単に報告できるKPI管理機能

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに8,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!