情報共有とは?目的と重要性について解説!

最終更新日:2023年9月14日

情報を持っているだけでは十分ではありません。それを適切に共有し、活用することが組織の成長と効率化の鍵となります。しかし、情報共有の重要性を知っていても、どのように行えば良いのか、またなぜそれが重要なのかを正確に理解している人は少ないのが現状です。

この記事では、情報共有の本質、目的、そしてその重要性に焦点を当てて解説していきます。業務の効率化やチームワークの向上を目指す皆さんにとって、参考になる内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください

情報共有とは?

情報共有の定義について紹介

情報共有とは、個人や組織が持っている情報や知識を他の個人や組織と共有する行為を指します。これは、口頭でのコミュニケーション、書面での報告、デジタルツールを使用した共有など、さまざまな方法で行われます。情報共有の目的は、業務の効率化、意思決定の支援、知識の拡散など、多岐にわたります。

歴史的背景

情報の共有は、人類の歴史とともに存在してきました。古代の洞窟の壁画や伝承は、情報を後世に伝えるための手段として使用されました。また、書物や文書は中世を通じて情報の保存と共有の重要な手段として使われました。

産業革命の時代に入ると、情報の共有はビジネスの成功にとってますます重要になりました。電話、ファックス、コンピュータネットワークなどの技術的進化により、情報は迅速に、そして広範囲に共有されるようになりました。

21世紀に入ると、インターネットの普及と共に、情報の共有はさらなる進化を遂げました。SNS、クラウドストレージ、コラボレーションツールなどの登場により、情報は即座に全世界と共有される時代となりました。このような背景から、情報共有の方法や価値観は時代とともに変化してきましたが、その重要性は常に変わらず、今日のビジネスや日常生活においても中心的な役割を果たしています。

情報共有の主な3つの目的

ここでは、情報共有の主な3つの目的について紹介します。

効率的な業務遂行

情報共有は、業務遂行の際の混乱やミスを減少させる効果があります。例えば、プロジェクトの進捗状況やタスクの変更点を定期的にチーム内で共有することで、重複した作業の実施や誤解に基づく誤った業務の進行を避けることができます。

また、必要な情報が手元にすぐにあることで、判断を迅速に下すことが可能となり、全体の業務速度を向上させることが期待できます。

チームの結束を高める

情報を共有することで、チーム内のメンバーが同じ認識を持つことができます。これにより、目標やビジョンに対する共通の理解が生まれ、チームの一体感が強まります。

また、情報の共有はオープンなコミュニケーションを促進し、メンバー間の信頼関係の構築にも寄与します。信頼される環境では、意見や提案が積極的に交わされ、より質の高いアイディアや解決策が生まれやすくなります。

情報共有をすることができる

新しい情報や技術の導入は、組織の競争力を向上させる重要な要素です。情報を迅速に共有することで、その新技術や情報の恩恵を組織全体で享受することが可能となります。

例えば、新しいソフトウェアツールの導入や業界の最新トレンドについての情報を共有することで、組織全体がこれらの情報を基に行動を取ることができるようになります。

情報共有の3つの重要性

情報共有が組織で重要な点について、3つ紹介をいたします。

業務効率化をUPする

情報の共有は、業務の質と速度の両方を向上させる鍵です。具体的には、チームメンバー間での認識のずれを防ぎ、業務のミスや誤解を減少させることができます。

これにより、再作業の必要性が低下し、生産性が向上します。また、情報が即座にアクセス可能であることで、迅速な意思決定が可能となり、業務の効率をさらに高めることができます。

組織の成長を促進する

組織内での知識や経験の共有は、新しいメンバーや他の部門との連携をスムーズにするだけでなく、組織全体のスキルの向上にも寄与します。

例えば、一部のチームが独自に得た知識や解決策を全体に共有することで、似たような問題や課題に直面した際に迅速かつ効果的に対応することができます。

信頼の構築を強化する

情報の公開と共有は、組織内の透明性を高める要因となります。この透明性は、メンバー間の信頼を築く土台となります。

情報を隠蔽することなく共有する文化が根付くことで、組織内のオープンなコミュニケーションが促進され、より健全な組織文化の形成が期待できます。

情報共有の具体的な方法

ミーティングや会議を活用する方法

ミーティングや会議は、情報共有の最も一般的な方法の一つです。直接的なコミュニケーションにより、情報の誤解を最小限に抑えることが可能です。以下はミーティングや会議を効果的に活用するためのヒントです:

  • アジェンダを事前に共有し、目的を明確にする。
  • 参加者が持っている情報や意見を十分に共有できるよう、十分な時間を確保する。
  • ミーティングの結果や議論の要点をまとめた議事録を作成し、後で参照できるようにする。

ITツールを使った情報共有の実践例

近年、多くのITツールが情報共有をサポートしています。以下は代表的なツールとその活用方法です:

  • SlackやMicrosoft Teams: チャットベースのコミュニケーションツールで、リアルタイムの情報共有や議論が可能。
  • Google DriveやDropbox: ファイル共有ツールで、文書やデータをチームメンバーと簡単に共有できる。
  • TrelloやAsana: タスク管理ツールで、プロジェクトの進捗やタスクの状況を共有する。

情報共有の障壁とその解決方法

ここでは、情報共有で起こりやすい障壁とその解決方法についてお伝えいたします。

コミュニケーションの誤解やミス

  • 障壁: コミュニケーションの過程で生じる誤解やミスは、情報共有の大きな障壁となり得ます。言葉のニュアンスやコンテキストの違いが原因となり、間違った情報が共有される可能性があります。
  • 克服方法: 伝える情報の明確化、共有後のフィードバックの取得、そして情報共有の際のコンテキストの明示が必要です。また、情報の受け手からの質問や確認を奨励することで、誤解を未然に防ぐことができます。

情報の過多が起きてしまい本当に重要な情報が埋もれてしまう

  • 障壁: 情報過多は、必要な情報が埋もれてしまうリスクをもたらします。これにより、意思決定の遅延や誤った判断をする可能性が高まります。
  • 克服方法: 情報の取捨選択は非常に重要です。情報をカテゴリや重要度に分類し、必要な情報のみをターゲットとする受け手に伝達することが求められます。また、情報の整理やフィルタリングをサポートするITツールの活用も効果的です。

克服のためのステップや実践的な方法

  1. 情報共有の目的を明確にする: 何のために情報を共有するのか、その目的を明確にすることで、必要な情報のみを効果的に共有することができます。
  2. 双方向のコミュニケーションを奨励する: 情報の提供者だけでなく、受け手からもフィードバックや質問を受け取ることで、情報共有の質を向上させることができます。
  3. 定期的なレビューを行う: 情報共有の方法やツールを定期的に見直し、最新の状況やニーズに合わせて最適化を図ることが重要です。

まとめ

情報共有は、組織の効率性や生産性を向上させるための不可欠な要素ですが、その過程で多くの障壁に直面することがあります。コミュニケーションの誤解や情報の過多は、情報共有の効果を低下させる主な要因となります。

しかし、これらの障壁を克服するための明確なステップや方法を実践することで、情報共有の質を大きく向上させることができます。最終的に、効果的な情報共有は、組織の競争力を高め、チームの一体感を強化する鍵となるのです

企業での情報共有には「日報アプリgamba!」がおすすめ!

情報共有を効果的に行うためのツールとして、日報アプリ「gamba!」が非常におすすめです。gamba!は、日々の業務の進捗や感じたこと、学んだことを簡単に記録し、チームや組織全体で共有することができるツールです。

gamba!の特長:

  1. 直感的な操作性: 誰でも簡単に日報を作成・共有することができます。
  2. リアルタイムの情報共有: チームメンバーとの情報の共有がリアルタイムで行え、迅速なフィードバックや対応が可能です。
  3. 履歴の閲覧機能: 過去の日報を時系列で確認することができ、情報のトレーサビリティを保つことができます。

情報共有の障壁を低減し、業務の効率化を図るために、gamba!の活用をぜひご検討ください!

お役立ちブログの関連記事

出面表とは?|建設業での書き方や具体例について解説

【具体例あり】警備日報とは?活用方法と実際のテンプレートを紹介

第1回gamba!ユーザー交流会開催レポート 〜 gamba!をもっと楽しもう〜

第1回gamba!ユーザー交流会開催レポート 〜 gamba!をもっと楽しもう〜

長時間労働と決別しよう!今こそ働き方改革が必要な理由

長時間労働と決別しよう!今こそ働き方改革が必要な理由

みんなが働きやすくなる!会社がよくなる改善提案のポイント

みんなが働きやすくなる!会社がよくなる改善提案のポイント

お気軽にご相談ください

新着情報

報連相とは?基本から気をつけることまで徹底解説

報連相とは?基本から気をつけることまで徹底解説

アパレル日報の書き方|日報を書くメリットから必要な項目まで紹介【テンプレートあり】

アパレル日報の書き方|日報を書くメリットから必要な項目まで紹介【テンプレートあり】

報告書とは?書き方のポイントや記載項目を解説【テンプレートあり】

報告書とは?書き方のポイントや記載項目を解説【テンプレートあり】

新機能「AIによる日報レビュー機能(β版)」のご紹介

新機能「AIによる日報レビュー機能(β版)」のご紹介

【新機能のお知らせ】グループの階層化がリリースされました

15日間無料トライアル実施中
無料トライアルはこちら

1分で登録完了!