1on1とは? 頻度・メリット・デメリットを徹底解説

最終更新日:2023年9月20日

近年、企業や組織の中で「1on1」という言葉を頻繁に耳にすることが増えてきました。従業員同士、特に上司と部下の間での定期的なコミュニケーションを指すこの言葉は、良好な人間関係の築き方や組織の風土作りにおいて鍵となる要素として注目されています。

しかし、実際には「1on1の効果を十分に発揮するためにはどうすればいいのか?」や「適切な頻度は?」など、多くの疑問が浮かび上がることも少なくありません。

この記事では、1on1の基本的な概念から、その頻度、メリット・デメリットまでを徹底的に解説します。コミュニケーションをより効果的に行うためのヒントや、1on1を通じてどのような成果を上げることができるのかについても触れていきます。

これから1on1を導入しようと考えている方や、すでに実践しているもののより良い方法を模索している方に、少しでも参考になる内容となっておりますので、ぜひ最後までお読みください

1on1の基本的な定義

1on1(ワンオンワン)は、文字通り一対一の会話を指します。ビジネスのコンテキストにおいては、特に上司と部下の間で行われる定期的なフィードバックやコミュニケーションのセッションを指すことが多いです。これは、日常の業務の中での忙しさや多くの人が関わるミーティングでは取り上げにくい個別の問題や課題、キャリアの進展、モチベーションなどをオープンに話し合うための時間として確保されます。

1on1は、ただのチェックミーティングや業務の進捗確認とは異なり、部下の成長や気持ちを理解し、サポートするための大切な時間となります。これによって、上司は部下の現在の状態や将来に対する考えを深く理解することができ、部下も自身の考えや感じていることを直接上司に伝える機会を得ることができます。

1on1の頻度について

1on1の頻度は、組織の文化や目的に応じて異なる場合がありますが、一般的には以下のような頻度で実施されることが多いです。

週次の1on1

週に一度の1on1は、特に変化が激しい環境や新しいプロジェクトがスタートした際に効果的です。週次の頻度で行うことで、タイムリーにフィードバックを受け取ることができ、小さな課題や悩みを迅速に解消することができます。

月次の1on1

月に一度の1on1は、日常的な業務の進捗や成果、それに伴うフィードバックをまとめて確認するのに適しています。また、中長期的な目標に対する進行状況やキャリアの相談など、より戦略的な内容にフォーカスすることができます。

四半期ごとの1on1

3ヶ月に一度の1on1は、四半期の業績や目標達成度に基づく評価や、次の四半期の方針・目標設定に関する議論を行うのに最適です。

半年ごと・年次

半年や年に一度の1on1は、長期的なキャリアの方向性や、組織全体の方針・ビジョンに関する深い議論をするのに適しています。

1on1のメリット

1on1の実施には、多くのメリットがあります。以下に、その主な点を挙げていきます。

  1. 深い理解と信頼関係の構築: 1on1は、上司と部下がお互いの意見や感じていることをオープンに共有する場です。これにより、双方の理解が深まり、信頼関係が強化されます。
  2. 迅速な問題解決: 定期的なコミュニケーションを通じて、問題や悩みを早期にキャッチし、それに対する対応を迅速に行うことができます。
  3. 成長のサポート: 1on1は、部下のキャリアの進展やスキルアップのための具体的なアドバイスやフィードバックを提供する絶好の機会となります。
  4. 業務の効率向上: クリアなコミュニケーションを通じて、ミスのリスクを減少させたり、業務の効率化の方向性を模索することができます。
  5. モチベーションの向上: 部下が直接自身の考えや感じていることを上司に伝えることで、自らの意見や価値が認知されることから、モチベーションが向上します。
  6. 組織の風土作り: 1on1を定期的に実施することで、オープンで対話を重視する組織の風土が育まれ、全体の組織風土も向上します。

1on1のデメリット

1on1は多くのメリットを持つ一方で、実施の方法や頻度によってはいくつかのデメリットも存在します。以下に、その主な点を挙げていきます。

  1. 時間の消費: 1on1を定期的に実施すると、上司と部下双方の時間が多く取られることがあり、特に大きな組織ではその時間が積み重なる可能性があります。
  2. 過度な依存: 部下が上司の意見やアドバイスに過度に依存することで、自分自身の判断力や意思決定能力が鈍る恐れがあります。
  3. 不適切な内容の取り扱い: 1on1の中で非公式な情報や噂話が共有されると、誤解や不安を招く可能性があります。
  4. 不十分なフォローアップ: 1on1の中で話し合った内容に対する適切なフォローアップが行われないと、部下は1on1の意義を疑問視するようになるかもしれません。
  5. 継続性の欠如: 1on1を定期的に行うことが難しく、継続性が欠如すると、1on1の効果は半減してしまいます。
  6. 適切なトレーニングの欠如: 上司が1on1の進行方法や聞き手としてのスキルを持っていない場合、1on1の質が低下し、逆効果となる可能性があります。

1on1を成功させるためのポイント

1on1は、上司と部下の関係を強化し、組織全体のパフォーマンスを向上させるための重要なツールです。そのため、効果的な1on1を実施するためのポイントを以下にまとめました。

オープンマインドでのリスニング

  • 話をする部下の意見や感じていることを真摯に受け止めることが大切です。
  • 自分の意見や判断を先入観として持ち込むのではなく、まずは相手の話をじっくりと聞く姿勢を心掛けましょう。

具体的かつ建設的なフィードバック

  • あいまいなフィードバックでは、部下は何を改善すべきかの方向性が掴めません。
  • 具体的な例を挙げ、どのように行動を変えれば良いのかをアドバイスして、部下の成長をサポートします。

定期的な評価と改善提案

  • 1on1を通じて得られた情報やフィードバックをもとに、部下のパフォーマンスを定期的に評価しましょう。
  • さらに、改善のための具体的な提案や支援を行い、部下の成長を後押しします。

日報を活用する

ツールを活用した1on1の実施

1on1をより効果的に実施するためには、適切なツールの活用が欠かせません。特に、現代の働き方ではリモートワークが一般的になりつつあり、オンライン上での1on1も増えてきています。以下に、ツールを活用する際のポイントを挙げていきます。

ビデオ通話ツールの活用

  • Zoom, Microsoft Teams, Google Meetなど、安定した接続が可能なツールを用いることで、顔を見ながらのコミュニケーションが可能になります。
  • 目の動きや表情からも情報を読み取れるため、より深い理解が期待できます。

共有ノート(ドキュメント)の活用

  • Notion, Google Docs, Evernoteなどのツールを使用して、1on1のアジェンダやフィードバックをリアルタイムで共有することができます。
  • これにより、後から内容を振り返る際の参照資料としても役立ちます。

タスク管理ツールの活用:

  • Trello, Asana, Monday.comなどのタスク管理ツールを使用して、1on1での取り組み方針やアクションアイテムを管理しましょう。
  • これにより、次回の1on1までの進捗や達成状況を明確に把握することができます。

フィードバックツールの利用:

  • 定期的なフィードバックを収集するためのツールを導入することで、匿名での意見共有や気軽な質問が可能になります。
  • これをもとに、1on1の質を向上させるための反省点や改善点を見つけることができます。

    上記を含めた形で、おすすめの1on1ツール12選をまとめました。
    ぜひ、興味がある方は読んでみてください。
    【無料あり】おすすめ12個の1on1ツール紹介|メリット・デメリット徹底解説

    まとめ

    1on1は、上司と部下間のコミュニケーションを強化し、組織内の信頼関係を深めるための効果的な手段として認知されています。その実施頻度や方法には個々の組織や状況に応じた柔軟性が求められますが、正しく行えば多くのメリットを享受することが可能です。一方で、適切な準備や実施を怠ると、予期しないデメリットも生じる可能性があります。

    1on1を導入・実施する際には、その目的や期待する効果を明確にし、関与するすべての人々との連携を密に取りながら進めることが重要です。そして、絶えずその効果や手法を見直し、改善を図る姿勢が求められます。

    この記事を通じて、1on1の真の価値や実施のポイントについての理解が深まったことを願います。今後の組織運営において、より良いコミュニケーションの場として1on1を活用して、組織全体の成長を促進してください

    お役立ちブログの関連記事

    新入社員が心がけたい会議の参加意識3つのポイント

    新入社員が心がけたい会議の参加意識3つのポイント

    【オンデマンドセミナー】意味の無い日報を意味のある日報に変化させるコツ

    チーム全員で達成を目指す目標管理とは?

    チーム全員で達成を目指す目標管理とは?

    仕事を選り好みする部下に伝えたい3つの対処法

    仕事を選り好みする部下に伝えたい3つの対処法

    社内SNS「TUNAG」とは?料金、日報の利用方法など解説

    お気軽にご相談ください

    新着情報

    社内報とは?目的から作り方、使えるネタまで紹介

    社内報とは?目的から作り方、使えるネタまで紹介

    アルバイトに日報を書いてもらうべき理由とそのメリットとは?ポイントまで解説

    アルバイトに日報を書いてもらうべき理由とそのメリットとは?ポイントまで解説

    運転日報アプリおすすめ11選(無料あり)!メリットや機能、選び方まで解説

    運転日報アプリおすすめ11選(無料あり)!メリットや機能、選び方まで解説

    報連相とは?基本から気をつけることまで徹底解説

    報連相とは?基本から気をつけることまで徹底解説

    アパレル日報の書き方|日報を書くメリットから必要な項目まで紹介【テンプレートあり】

    アパレル日報の書き方|日報を書くメリットから必要な項目まで紹介【テンプレートあり】

    15日間無料トライアル実施中
    無料トライアルはこちら

    1分で登録完了!