新入社員教育 日報の活用術TOP

女性社員に多い!?新人教育でやってしまいがちな3つの間違い

2018年1月8日

女性と男性では、人間関係の築き方に違いがあります。新人教育においても男性と女性では違いがみられます。

「新人教育がうまくいかない」と嘆く女性上司は、女性特有の間違いを犯しているのかもしれません。そこで今回は、新人教育で女性がやってしまいがちな3つの間違いを紹介します。

女性社員の画像

新人教育でやりがちな間違い①理想を描きすぎる

ドラマを見ていると、ステキな女性上司が後輩社員と良好な関係を築く場面がよく出てきます。「私も新入社員とあんな関係になりたい!」と理想を抱く方も多いのではないでしょうか。

しかしそれはドラマの中での出来事。現実はそんなにうまくはいきません。理想を描き過ぎると、理想に近づけようとあなた自身が無理をし過ぎてしまったり、新入社員に無理をさせてしまったりしてお互いに疲れてしまいます。

二人の関係を理想の姿に当てはめるのではなく、新入社員のキャラクターをしっかりと把握し、どのような関係づくりをするとうまくいくのかを冷静に判断しましょう。新入社員のキャラクターに合わせた指導をすることで、新入社員の成長を促すことができます。

理想を描きすぎる画像

新人教育でやりがちな間違い②母子のような密な関係を築こうとする

男性の場合、新入社員と師弟関係を築く傾向にありますが、女性の場合は母子のような濃密な関係を築こうとする傾向にあります。母性本能は子育てに限らず、部下の育成にも大いに力を発揮します。しかしその本能が強すぎるあまり、本人のあらゆることをすべてを知りたがったりしていませんか。

子どもが自分の思うとおりにならないとがっかりしたり、自分を責めたりすることがあります。私の周囲にも、息子に彼女ができたと知ってショックを受け、息子が出かけると「彼女と会っているのではないか」と気になってしまうと言っていた方がいました。

これと同じような感情を、自分が指導する新入社員にも抱いてしまうという場合があります。指導する新入社員が他の上司に頼っているのを見てショックを受けたり、仕事のことだけではなく私生活にまで口を挟んだり。新入社員はあなたのことを「うざい」と感じ、信頼関係を築くどころか避けられるようになってしまいます。

新入社員と信頼関係を築きたいばっかりにやり過ぎてはいないか、時折冷静に振り返ってみてください。もし新入社員に嫉妬のような感情を抱いたり、「すべてを把握しなければ気が済まない」と感じたりすることがあれば、新入社員との関係を見直すようにしましょう。

母子のような密な関係を築こうとする画像

新人教育でやりがちな間違い③一部始終管理する「世話焼きばばあ」

「自分は仕事ができる」と思っている女性や、せっかちな女性に多いのが、「すべてを管理しないと気が済まない」タイプです。何から何まですべてを管理され口を出されると、新入社員は「うるさいな」と感じますし、「信頼されていないのかも」と思い仕事へのモチベーションが下がってしまうこともあります。

私のいた会社にも、同じようなタイプの上司がいました。自分が仕事ができるからか、後輩にも自分と同じやり方を強要し、細かいところにまで「こうやって」と口を出すのです。部下が良かれと思い自分から気がついて仕事をしても、「このやり方は違う」といわれてしまいます。

このようなことが続き、この上司の部下たちは自分から仕事をしなくなってしまいました。新入社員を一人前にしたい!と意気込むあまり、すべてにおいて管理してしまうのは逆効果です。ある程度仕事を教えたら、あとは新入社員に任せてみましょう。そして困っているときだけ手を差し伸べるようにしてみてください。

仕事を任されることで、新入社員は「信頼されている」と感じ仕事へのモチベーションが上がりますし、必要な時にフォローをしてくれることで、「頼りがいがある」とあなたへの信頼が高まります。

一部始終管理する画像

新入社員と信頼関係を築き成長に導こう

新人教育で大切なことは、新入社員を会社の戦力として育てること。そのためには、新入社員のキャラクターを冷静に判断し、適切な指導を行いましょう。信頼関係を築くことは大切ですが、むやみに仲良くなったり慕われたりする必要はありませんし、厳しくし過ぎる必要もありません。

新入社員の成長のために、程よい距離を保ちつつ信頼関係を築き、指導に当たってください。新入社員が早く職場に馴染み、即戦力となるよう育成するには、日報の導入がオススメ。上司は新入社員の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを回せるよう支援し続けることが大切です。

日報共有アプリ「gamba!(ガンバ)」には、PDCAが回しやすいテンプレートが標準で設定されているだけではなく、部門や、役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させる機能や、新人教育の支援機能が満載です。

日報アプリを使って新人教育をしよう

日報は新入社員と上司、および他のチームメンバーをつなげる大切なコミュニケーションツールです。上手に活用し、新人を育成しましょう。

今回は人気の日報アプリgamba!をご紹介。gamba!はSNS形式の日報です。

毎日の学びや気づきを投稿し、全員で共有することで、新人教育の見える化を実現します。

1_営業部_-_gamba_

 

①学んだことを振り返り、行動を修正できる

日報の書き方がバラバラだと、内容に個人差が出ます。項目をあらかじめ設定することで、報連相漏れをなくします。

gamba!は、毎日の振り返りを促すテンプレートを搭載。何を書こうか悩んだり、日報作成に時間を費やすことはありません。新入社員でも、すぐに日報を書くことができます。

テンプレート

②情報の横展開ができる

同期の日報を読むことは、「あいつ頑張ってるな、オレも負けてられるか!」と切磋琢磨するようになります。

また、ファインプレーをマネることで、全員のスキル向上にも繋がります。

「褒める⇒モチベーションが上がる⇒さらに頑張る!」の繰り返しで、新入社員の行動量は増えるのです。

新入社員研修チーム_-_gamba_

 

③競争心に火がつく

日報と一緒に実績報告をして、達成率の推移をグラフ化できます。

実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

バーなし

 

④チャットもできる!

「成績が思わしくない」「最近覇気がない」と感じる新人には、チャットで個別に連絡を取ることも可能です。

早い段階でのフォローが、新人の早期離職を防ぐのです。

ちゃっと_-_gamba_

 

⑤Googleカレンダーからスケジュールを同期できる

gamba!ならクリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピー!週報の作成もラクラク。

新入社員の予定の把握もカンタンにできます。

カレンダー
 

gamba!で新人教育をしよう

日報アプリgamba!であれば、これまでの新人教育の課題を解消します。

いまなら15日間無料のトライアルを実施中!

日報もアプリでスマートに管理する時代。まずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

全員画像_png

ただいま15日間無料トライアル実施中!また、トライアルをお申し込みいただいたお客様には、日報を具体的にどのように使えば自社の業績が拡大するのかなど、日報コンサルタントが「オンライン無料相談」を行っております。ぜひ、この機会にご利用ください。


日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!