新入社員教育 日報の活用術TOP

新人の失敗は上司の責任!ミスをさせない4つの新人教育とは

2017年10月23日

新人のころは、誰しもが仕事でミスや失敗をしてしまうもの。しかし、新人のせいだけにしてしまっていいのでしょうか。

上司やリーダーの指導方法や、運営の仕方に問題はないのでしょうか。新人がミスをしないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

ミスを事前に防ぐために、上司が身に着けたい新人教育を紹介します。

ミスをさせない画像

ミスをさせない新人教育①ミスをした原因を探る

新人はまだまだ会社のことは知らないことばかりで、仕事のミスをしてしまうのはある意味当然のこと。ただし、それを新人のせいだけにしてはいけません。

上司の伝え方に問題はなかったか、新人への仕事の配分に偏りはなかったか、しっかりと新人が理解できるよう教育したうえで、教育する側の目線でも振り返ってみてみましょう。

しっかりとミスをした原因を探り、リカバーするという指導方法が大切。新人のミスは当然のことであり、それは必ずしも新人が悪いというわけではありません。

言い換えれば、上司の教育方法に問題がある場合もあるということを念頭にいれておきましょう。

原因を探る画像

ミスをさせない新人教育②適度に休憩を与える

人間の集中力を持続させる最高時間は1時間といわれています。つまり、それ以上継続して仕事をさせてしまうと、逆にミスが起こりやすいといえます。

新人のころは特になかなか上手に休憩をとれなかったりしがち。モーレツに机やパソコンに向かって仕事するだけが、業務ではありません。しっかりと仕事ができる体力、態勢を整えて初めて成果を出せるものです。

まずは、上司自信が休憩に誘ってあげたり、声掛けをしてあげるなどといった教育を心がけましょう。それによって新人も、適度な休憩をとることの大切さを知ることができ、集中力の低下を抑える効果も得られます。

休憩を与える画像

ミスをさせない新人教育③あいまいな言動や反応を正す

新人の中には仕事に夢や希望を抱いている方もいるでしょう。そういった人たちは周囲に認めてもらおうと、上司から伝えられた情報や知識を、しっかりと自分の中で整理する前に行動をしてしまいがち。

今何をするべきか、これから何をしていくのかをまず聞いてみましょう。そこでもし、新人からあいまいな答えが返ってきたら、一度立ち止まらせて、もう一度考え見るように促すことも、新人教育として大切なこと。

一つの目標に向かって進むとき、あいまいで漠然としたタスクを抱え、具体化せずに突っ走る癖をつけてしまってはこの先が不安でなりません。そういった部分は、新人教育のうちに正しておくようにしましょう。

反応を正す画像

ミスをさせない新人教育④故意にプレッシャーをかけすぎない

新人教育に限らず、人間はプレッシャーを与えられると、普段では簡単にできていることすら失敗してしまうことがあります。特に、上司からの評価が気になる新人には、このプレッシャーに注意をしましょう。

上司からは背中を押す程度のプレッシャーにとどめ、過度に相手を追い込むのはミスの元になり、全くいい方向には進みません。過度に相手を追い込んでしまっては、上司自らが新人にミスをさせているのと同じようなもの。

思い切って仕事をする勇気を与える、というような背中を押す程度のプレッシャーにとどめ、新人のミスを頻発させない教育が、よい会社を作っていくのです。

新社員指導方法①ミスをした原因を探る

日報アプリを使って新人教育をしよう

日報は新入社員と上司、および他のチームメンバーをつなげる大切なコミュニケーションツールです。日報を上手に活用し、新人を育成しましょう。

今回は人気の日報アプリgamba!を参考に、日報が新人教育に欠かせない理由をご紹介します。

 

①日報で振り返り、成功体験を積み上げる

うまくいったことは、そのやり方を繰り返せばさらに大きな成果が生まれます。日報に記録することで、確実な成果につなげられます。

gamba!はテンプレートを搭載。書くべき項目をあらかじめ設定することで、報連相漏れをなくします。もちろん、カスタマイズも可能!すぐに日報を書くことができます。

テンプレート

 

②情報の横展開ができる

メールだと1:1のやり取りになりがちです。日報は共有することに意味があります。

また、仕事がデキる社員の動きを学べば、全社員のスキルの底上げに繋がります。

上司のコメントから同僚のアドバイスまで共有できる

みんなからコメントがもらえるので、問題の解決ができます。

また、いいところを褒めると、部下のモチベーションは上がります。

「褒める⇒モチベーションが上がる⇒さらに頑張る!」の繰り返しで、部下の行動量は増えるのです。

チームワークが良くなる

各部署が今どんな取り組みをしているか、誰がどんな事を考えていて、今どんな進捗状況なのかわかります。

周囲も積極的にフォローができるので、連携がよくなります。

pixta_31456841_M

 

③競争心に火がつく

日報と一緒に実績報告をして、達成率の推移をグラフ化できます。メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。

実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。

バーなし

 

④どこでも日報を書ける、読める、チャットもできる!

スマートフォンアプリがあるので、通勤途中や外出先から日報を提出できて便利です。日報のためだけに会社に戻る必要はなくなります。

さらに、チャット機能も搭載。LINEを業務利用は、個人情報の流出の恐れなどセキュリティー面で危険が伴います。

仕事では、セキュリティー機能のある業務専用チャットを使いましょう。

チャット

⑤Googleカレンダーからスケジュールを同期できる

日報を書くのは仕事終わり。疲れがピークに達したなか、「今日何したんだっけ?」と思い出しながら書くのは、日報を面倒臭いと思わせる要因。

でもgamba!ならクリック一発でGoogleカレンダーの予定をコピー!週報の作成もラクラク。部下の予定の把握もカンタンです。

カレンダー

日報共有アプリ「gamba!」を使って新人教育をしよう

日報アプリgamba!であれば、これまでの新人教育の課題を解消します。 

外出先や移動中に日報を書いたり、部下にコメントを手早く返すことができれば、仕事の能率がグッとあがります。

日報のために、わざわざ会社に戻る必要はありません。便利な機能で、これまであなたのチームを煩わせていた作業を一掃できます。

いまなら15日間無料のトライアルを実施中 

日報もアプリでスマートに管理する時代。新しい日報の形をまずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

 
全員画像_png

日報アプリgamba!
詳細はココをクリック!
すでに10,000社以上
実感した効果を無料体験!

いまなら15日間無料!